FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
18

ロバート・ウィテカー写真展は見応えがあります!

ロバート・ウィテカー写真展は見応えがあります!

ロバート・ウィテカー写真展 チラシ

7月1日・2日の関東支部オフ会にご参加された皆様、お疲れ様でした。管理人でありながら、初参加させて頂いたにも関わらず、大変楽しく過ごさせて頂きました。
さて、今日は、昨晩・深夜に酔っぱらいながら更新したブログの名誉挽回の為に、オフ会の二日目・7月2日のイベントとして行きました「ロバート・ウィテカー写真展」について更新させて頂きます。


さて、会場ですが中野駅から歩いて10数分にある「中野区温暖化対策推進オフィス内」に特設会場を設けているのですが、その会場に辿り着くまでが意外と大変・・・
暑さと体力の無さから遠く感じる…商店街の中を通れば、お店の冷房が効いていますので、ホッとしますが通り抜けてからが遠く感じる…「まだ?」「どうして、こんな所で開催しているの?(失礼)」と言っているとやっと到着。


デッカイ看板でお出迎え!記念写真に良い看板ですが、通行人の方が多いのでご注意を。

ロバート・ウィテカー写真展 看板

入場料500円を払って中に入ると、1Fはグッズ売り場
沢山のグッズ、CDの他、ロバートさんの写真が販売されていました。97,200円もする高価なプリントですが、ポールやジョンがアップになっているプリントは売り切れになっていました(驚き!)。
そして、1963年のビートルズ4人のサインが販売されていました。200~300十数万円!トンデモナイ金額です!
あれこれグッズを見ているだけでも結構楽しいのですが、ゆっくり見ていると予想以上に時間を要します(笑)。


日程の時間の事があるので、グッズ選び・購入を楽しんでいる方々を急がせて、メイン会場の写真展へ!
皆さん、会場入口の「何の変哲もない文字だけの看板の前」で記念写真は如何ですか(笑)?係員の方が居られますので撮影を頼みやすいです。(ありがとうございました。)
因みに、看板の表面はアクリル板、中は発泡スチロール製かな?立派な看板です。(費用掛けましたね。でも必要なの?)
会場の中については・・・スイマセン…撮影禁止ですので、文章だけでイメージして下さい…(画像転用)


目に飛び込んだのは!ジョンが着用したJALの「ハッピ」!

ジョンが着用したJALのハッピ

意外と生地(綿100%・プリント)がしっかりしており分厚いです。両腕の袖口の内側には「水玉プリント」が施されています。
市販されていた復刻ハッピは、かなり薄手の生地でしたので材質に違いを感じます。生地の違いがプリントの顔料付着量の違いにも現れていますので色の濃さが違います。
50年前のハッピにも関わらず、保存状態の良さを感じたのは、大事に保管されていた事と、当時の作りの良さを感じましたね。


そして、数多くのビートルズの武道館公演の画像が飾られているのですが、下記の画像は、以前からよく見かけた写真です。

ビートルズ武道館7月2日

タイトル 「武道館日の丸中段」
BCCの解説では、「7月2日、日本での最後のステージに上る瞬間。日の丸に向かって登場するビートルズという、まさに日本公演を象徴した写真。公式カメラマンならではアングルだ。」


この上記の写真は、ビートルズ来日40周年記念特集号・月刊PLAYBOY6月号の表紙に使用された写真です。

ビートルズ来日40周年記念号・月刊PLAYBOY6月号


と…言うことは、続きの写真と思われる写真展のメイン表紙になっている下記の写真は、7月2日の公演の画像になります。

ロバート・ウィテカー写真展 表紙

と…言うことは!本当に50年後の2016年7月2日に写真展に行くことが出来た事は、偶然とは言え記念すべき日であったと思います!

BCCのHPから…
タイトルは、「武道館日の丸上段」
BCCの解説「7月2日、最後のステージが始まる。ドラム・セットの後方から登場していた様子がわかる。写真左から、ジョン、ポール、リンゴ、ジョージ、そして司会のE・H・エリック。」 


7月2日 ステージに上がるビートルズ


なんて事を記載していますと、お決まりの文字数を超えてしまいましたので、今日はこの辺りで…って…ほとんどロバートさんの写真について記載出来ませんでした。これもクリーニング・洗剤ブログ?の宿命と言うことで笑ってお許し下さい(笑)。

これでは、「ロバート・ウィテカー写真展は見応えがあります♡」と言っても伝わりませんね。
さて、この続きは…?

8

来日50周年にあたってのポールのスペシャル・コメントが到着!

1966年のザ・ビートルズの日本武道館での歴史的初来日公演から50年。当時を振り返ってのコメントがポールより届きました!

「何が起きるか全く予想できなかったから本当に面白かった。僕らは日本の文化などまるで知らずに海外からやってきたから。

例えば、部屋に入ると、椅子に座っていた女の人達がすぐさま飛び上がるように立ち上がって僕たちに席を譲ってくれる…なんてことに驚いた。西洋の女性達では考えられないふるまいだよね。

しかしそれ以上に、公演自体がとても素晴らしかったんだ。日本の観客を見るのはとても楽しかった。日本の観客はとても礼儀正しいだろ。日本人社会はとても礼儀正しくて、僕たちは本当に大好きなんだ。

何がすごく面白かったって、みんな僕たちの演奏を楽しんでくれているんだけど曲が終わるまで静かに待ってくれるんだ。曲が終わったら、みんな非常に礼儀正しく拍手してくれる。

でもこれは時代が経つにつれて変わって、最近ではみんな海外アーティストの公演に慣れてきているからもっとロックにノッてくれるようになっているかな。

でも確かにあのとき僕たちは楽しかったし、観客も同じくらい楽しんでくれていたと思う。とても心が躍る、素晴らしい思い出だよ。」


“It was very interesting because we didn’t know what to expect. We’d come from the west and didn’t really know anything about the Japanese culture. We were very surprised with things like, you’d go into a room and there’d be women sitting there and they’d jump up and give us their chair. And we never saw that in the west - you know, women don’t do that. But the main thing was the show and it was a great show. It was very interesting to see the Japanese audiences, because then they were very polite. You know, Japanese society is a very polite society and we loved that. It was very interesting to see it. You know, they loved what we did but they waited. They waited until we had finished the song then they clapped very politely. It’s changed over the years, because now people are much more used to western shows and they like to rock out a bit more. But I think we enjoyed it, I think the audience enjoyed it just as much. It was very exciting. Great memories.”

universal-music japan~来日50周年にあたってのポールのスペシャル・コメントが到着!

4

6月30日・ビートルズ来日公演初日記念「週刊朝日、買いましたか?」

6月30日・ビートルズ来日公演初日記念「週刊朝日、買いましたか?」

ザ・ビートルズ50周年で皆さん、思い思いで楽しんでいますか?
ビートルズの曲を聞いたり、来日の本を読まれたり、DVDを観たり…中には武道館に行かれている方も居られるのかな?
私も折角ですので、何かないかと思っていた所、「あっ!雑誌を買わねば!」と思い出し、新幹線の売店で買いました。
「週刊朝日」7月8日号
表紙は6月30日・本当に50年前に撮影された写真です。


週刊朝日 ビートルズ


ページをめくると・・・東京ヒルトンホテルでのビートルズ

週刊朝日 ビートルズ 記者会見

こうして見ると、4人共、思い思いの服装ですね。当時としては派手?な服装なんでしょうね。ジョンのスーツだったら、今でも派手かな。それにしても、リラックスした雰囲気です。

そして、次にどんなビートルズの写真があるかと期待をしてページをめくると・・・

週刊朝日 ジョン・レノン

「ジョン・レノンが愛した店」で軽井沢のお店が紹介されています。ん…ビートルズ来日関連でなかったのは残念ですが、これはこれでほのぼのとしたジョンのエピソードが良いです。

記事は…

週刊朝日 ビートルズの記事

内容が一部ネットに記載されていましたので転記させて頂きます。

ザ・ビートルズもシェー! 来日公演で“おそ松さん”の虜に?
1960年代に世界を席巻し、今も世代を超えて愛され続ける英国のロックバンド「ザ・ビートルズ」。ちょうど50年前の日本公演は“歴史的大事件”だった。


7月1日朝。ジョンはホテルを抜け出し、東京の街に出た。立ち寄った先のひとつが、表参道で工芸品や着物など外国人向けの日本製品を扱う「オリエンタルバザー」。同店の笹川喜平は今、こう話す。
「ジョンは銅製の灯籠などを買っていきました。関係者の方々が出入り口でファンが殺到しないよう見ていたようですね。ジョンはじっくりと店内を見て、正面で待ち構えるファンが大騒ぎにならないように、裏口から帰りました」


2日午後1時ごろ、「ミュージック・ライフ」の編集長だった星加ルミ子は、ホテルで単独取材に成功した。
「日本の子どもたちの流行は何だい?」とジョン。とっさに赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」の「シェー!」のポーズを教えたところ、ジョンもポールも一緒に「シェー!」。


3日間で計5公演をこなしたビートルズは7月3日午前10時40分ごろ、日本を去った。本誌は「エレキをかきならしてファンを興奮させただけであるから、ビートルズがいなくなると、当然ファンの姿も、執筆材料も、かき消えた次第である」と書いた。

伝説のステージの目撃者は、彼らに“勇気”をもらったようだ。ザ・タイガースの前身・ファニーズのベーシストだった岸部一徳(当時19)が言う。
「そこに立っているビートルズを見て、『僕らもやれる、日本一になれる』という気がしました。遠い存在なのに、どこか近い、ひと続きのようなものを感じた。若いころにしか持てない自信みたいなものをもらえた。後に同じ武道館のステージに立てたのは、タイガースのさよならコンサート(71年)のときでしたが……」


宇崎竜童(当時20)もこう話す。
「デビューしたとき、ビートルズを超えちゃったらどうしようなんて言っちゃってました(笑)。彼らの新しい曲を聴くたび、『そうきたか!』と驚き、いい意味で裏切られてばかりいました。インド音楽でも管弦楽でも、彼らがやれば全部『ビートルズ』になる。僕もそうやって、期待を裏切っていける存在でありたいと思い続けています」


週刊朝日 2016年7月8日号より抜粋

50年が経っても色褪せないビートルズ来日についての話ですね・・・50年も経っているのに、この話題が尽きない・・・あの瞬間に出会えた方の話を呼んだり、聞いたり出来るのは、本当に「今だけ」かもしれませんね。あと20年、30年経過すると、ビートルズ来日の事は伝説話?それとも日本昔話?いや、クラシック(古典)話になるかもしれませんね。

今日、6月30日から7月2日まではビートルズ来日公演デーです。まだまだ楽しみましょう!

4

ビートルズ来日公演50周年祭&セッションズ公演中止残念会&ポール来日祈願のライトニュース関東支部オフ会のお知らせ

ビートルズ来日公演50周年祭&セッションズ公演中止残念会&ポール来日祈願のライトニュース関東支部オフ会のお知らせ

セッションズ7月1日公演後に「武道館時計台下集合」を予定していた関東支部です。
今回の「中止」は残念ですが、この日予定されていた「ビートルズ来日公演50周年祭」を皆様とお祝いしたいと思います。


それにふさわしく、バーチャルでなく本物の「(六本木の)アビーロード・ツアー!」を企画しました。

六本木 アビーロード

日時:7月1日(金) 午後7時ごろから11時30分ごろまで(途中参加退場OK)
場所:アビーロード六本木店
会費:おおむね6000円~7000円程度


なおご参加の皆様には、後日詳細を、関東支部よりご連絡します。

アビーロードは「時計台下集合」のように予約なしでは参加出来ません。
参加ご希望の方は、6月14日(火)までに、関東支部のメルアドまでご連絡ください。


※予約の為、先着順(人数限定)となっておりますので、お早めに、お申し込み下さい!!

lightnews.kantosibu@gmail.com

参加ご希望の方は、メルアドに下記の項目をご記入下さい。
① お名前(本名)
② ブログのハンドルネーム(ブログにコメントを投稿された方) 
   ※投稿されてない方でも参加は全然OKです。その場合ハンドルネームは記載されなくても結構です。
③ ご連絡先(メールアドレスと電話番号)
④ 同行される方がいらっしゃる場合は、その方の「お名前」をお送りください。


過去に一度でも、関東支部オフ会にご参加された方は、お名前と参加希望の旨をお伝えいただければ大丈夫です。

なお、関東支部の「ホーム」となっている「アビーロード」の出演は、ポールの奥様ナンシー誕生会で演奏された「パロッツ」です!
「セッションズ」より、リアルな本物のバンドです。


パロッツ アビーロード

主催者より
このブログご愛読の方は本当にいい方ばかりです。
今迄いらしたことのない方でも、楽しめること保証済みです。
お一人でいらしても、違和感なく溶け込め、ライトニュースブログが100倍楽しくなります!


ぜひ皆さんで「ビートルズ日本公演50周年」の祝杯をあげましょう。
ご参加お待ちしております。 By 関東支部


P.S  
ビートルズ来日公演50周年の記念すべき7月1日に、このようなイベントを企画して頂いた関東支部に感謝致します。
ご覧の皆様、お早めにお申し込み下さい!

男性の方だけでなく、女性の方のお申し込みも頂いておりますので、ジョシの方、安心して下さい。
オフ会、初参加でも、大丈夫です!
年配の方、若い方、年齢問わず参加出来ます。
ポール、ビートルズが好きな方なら、どなたでもOKです。
最近、ブログを見た方でも、過去ご覧になられていた方でもお申し込み出来ます。


アビーロードで、皆様とお逢いできる事を楽しみにしております
   By 管理人


今朝(9日)、早くもお申し込みを頂きました。誠にありがとうございます!

今回のオフ会へメッセージを、当ブログのコメント欄に、ご記入して頂く事も出来ますので、お気楽にどうぞ!
Secret (管理者にだけ表示を許可する)でも構いませんが、この場合、内容は伏せて、ペンネーム宛でご返信のコメントを記載させて頂きます。

※10日早朝追伸:オフ会のお申し込み、ありがとうございます。
「予約人数枠、あと数名分になりました。」と関東支部よりご連絡を頂きました。
お時間のある方、ご興味のある方、お早めに!!


※10日 ポールのベスト盤、本日、自宅に到着予定!楽しみです!
ビートルズ来日学」も届く予定ですが…ポールのドイツ・ミュンヘン公演も日本時間で明日・超早朝です。
そして、私用のお出掛け、休日出勤もあったりと6月は超多忙ですが、それでもオフ会に備えて、あの事、この話etc…と考えています。

7月1日のアビーロード、お申し込みは、終了致しました。

0

セッションズ開催中止に思う…part3

セッションズ開催中止に思う…part3

ビートルズ来日50周年のメイン・イベントとなるべくザ・セッションズの武道館公演が中止となりました。
でも、何だか静かですね。ネットも報道もニュースも。どうしてかな?
それ程、騒ぎ立てるようなイベントではなかったのか?それとも期待感が薄かったのか?
いや、でも何だが腑に落ちないので、公演中止(EUは延期)になった要因を、ちょっと考えてみました。


「規模が大きくなって資材を運ぶのが日程通りに出来なくなった?」
当初の日程は

6 April – Brighton Centre, Brighton
30 April – Motorpoint Arena, Cardiff
4 May – Capital FM Arena, Nottingham
6 May – Metro Radio Arena, Newcastle
7 May – The SSE Hydro, Glasgow
8 May – Manchester Arena, Manchester
10 May – AECC, Aberdeen
12 May – First Direct Arena, Leeds
13 May – Barclaycard Arena, Birmingham
14 May – The SSE Arena Wembley, London
15 May – The O2, London



確かに凄まじい日程です。少人数の飾らないステージの公演であれば、大丈夫かもしれませんが、50人もの編成の興業とは思えない日程です。でも、この事は当初から分かっている事であり、今更、荷物が重いとか多いので目的地まで辿りつけません・・・なんて変な話です。
で、延期の日程は…



May 20 Ziggo Dome Amsterdam Netherlands
May 24 Motorpoint Arena Nottingham United Kingdom
May 25 Metro Radio Arena Newcastle United Kingdom
May 27 First Direct Arena Leeds United Kingdom
May 28 SSE Hydro Arena Glasgow United Kingdom
May 29 AECC Aberdeen United Kingdom
May 31 O2 Arena London United Kingdom
June 1 Barclaycard Arena Birmingham United Kingdom
June 2 Manchester Arena Manchester United Kingdom
June 3 SSE Arena Wembley London United Kingdom
June 4 Motorpoint Arena Cardiff United Kingdom



これが改善した日程と言えるのかな・・・ちょっと違うような気がします。この日程を見て、これなら大丈夫!なんて言えるのかな?
このツアーが始まった頃は、こんな日程でした。



March 30 Liverpool Echo Arena Liverpool Charity Show United Kingdom
April 1 Royal Albert Hall London WORLD PREMIERE, United Kingdom
3 The SSE Arena Belfast United Kingdom
4 3 Arena Dublin Ireland
6 Brighton Centre Brighton United Kingdom


この日程を来なしているのに、何を言っているのか・・・
それとも規模を小さくした?ん・・・そんな事をお客さんに言ったら、チケット買って貰えませんよね。


「運営会社・プロモーターが倒産した!?」
ここまではチェックしておりませんでしたので、詳しい方、教えて下さい。

「公演実施に向けあらゆる可能性を協議・交渉して参りました」
って…ん…まるで注文したのに、なかなか来ない「出前」の話みたいです(笑)
6月になったら発表なんて、それなら6月早々に発表すべきだと思うのは私だけ?


「日本は大丈夫!なんと言っても、ビートルズ来日50周年ですよ!満員間違いなし!だから、Welcome!!」と日本側が交渉していたのに、英国と同様にチケットの売れ行きが芳しくなかった…でも、「6月に入れば、チケットは売れる!目指せSold out!」と期待して、6月早々まで引き延ばしていたのに、やっぱり6月に入っても、チケット販売が伸びなかったので…と考えるのは意地悪かな…

韓国公演が中止なった時点、THE CAVERN CLUB BEATLESの出演キャンセルが決まった時点で、日本公演が危ない!?と思った方が大勢居られたと思います。契約上の問題かな?と思っていたのですが、この時点で、OUT!だったかもしれません。

Twitterで、湯川れい子さんが、このような事を言っておられます。

湯川れい子さん Twitter

お立場上、何か答えようとされる姿に、大変だな~と思いますが、宣伝されていた事もありますので、仕方がないですね。
今後のオフィシャルな情報を待つしかありませんが、その内容によっては、延期発表しているEUツアーに影響するかもしれませんので、舛添さんみたいな発表で終わるのでしょうね。


チャンチャン
(以上は、空想話として、笑ってお読み下さい。)

このカテゴリーに該当する記事はありません。