ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

カラーヴィニールorカラーレコード、どっちがどっち?

カラーヴィニールorカラーレコード、どっちがどっち?

Universalの限定カラーレコードについて、PAN様より時系列で貴重な話をコメントで頂きましたので、本文に転記させて頂きます。



(途中より)
私は、再発の目玉はカラーレコードと考え、輸入盤の8枚をユニバーサルストアで即申し込みしました。
因みに、HPでは、当初、日本盤の発売予定はにおわせる程度でした。(交渉中だったのでしょうか)
で、8枚バラで申し込んで、その後、ストアのチェックはしていませんでしたが当初、タイトルによって価格が違ったんです。


【Limited Edition】【輸入盤】【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】【カラー・レコード】【アナログ】
10/10決済時
McCartney:4,536
Ram:4,536
Band On The Run:5,292
Venus And Mars:6,804
Wings At The Speed Of Sound:4,536
McCartney II:4,536
Tug Of War:4,536
Pipes Of Peace:4,536
合計:39,312円(税込)
ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんのでご了承ください。


なんと!Venus And Mars:6,804円!一瞬二枚組か?と思いました(笑)。次いで、Band On The Run:5,292円。まぁこのタイトルは別格なので仕方なしかと思いました…。
で、残りの6タイトルが4,536円均一。4万の出費だ~と思っていたのです…ところが!翌日メールが来て


10/11
諸事情により、商品代金が変更となりました。新単価:5,292円、商品合計:42,336円
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
また、商品代金変更によりご注文のキャンセルをご希望の場合は下記お問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


全タイトル同一価格となりました。トータルも高くなっちゃいました(笑)
一枚で考えると6枚値上げです!普通の人は購買意欲はわかないでしょう。(多分この時点で日本盤制作の目途が立ったのでしょう)するとすると!さらに翌日メールが!


10/12
諸事情により、商品代金が変更となりました。新単価:4,536円、商品合計:36,288円
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
また、商品代金変更によりご注文のキャンセルをご希望の場合は下記お問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


と単価の引き下げで日本盤(輸入盤の解説・巻き帯)の発表!
上記メールにもあるように、価格が変更になった時点でキャンセルができたのです。
私も迷った挙句、最終的にちょっと高くても解説・帯付きにつられ日本盤8枚セットに乗り換えました(笑)


キャンセル不可だったものが価格変更でキャンセル可能になったので、もしかしたらこういう人が多かったのではないでしょうか?それで当初販売の輸入盤の数に余裕ができたのではないかと思います。
発売は輸入した盤に解説・帯のセットの時間がかかる分遅くなる、ということですね。
まあ二転三転忙しい数日間でした(笑)




時系列で分かりやすく内容を伝えて頂けたお陰で振り返りやすくなりました。
当初、4,536円と5,292円の価格。(これは本家で価格差があったので、そのまま日本でも価格設定をした為のようです。)
10月11日に5,292円の統一価格発表!!
10月12日に4,536円(税抜き4,200円)の統一価格発表!
しかも日本仕様・帯盤の4,860円(税抜き4,500円)の発表!


謎なのは、Universal Japanで、この2日間に何があったのか!?
現在、海外U Discover storeでは8枚統一価格です。それとも統一価格にしなさいと、本家から指摘があったのかな?
しかし、そこで高い方に設定するとは笑えてしまいますね。
しかも翌日値下げ!?と言うか、元の値段に戻したと言うのが正確ですね。まさか…釣り?計画的犯行?(笑)


日本仕様・帯盤は発売予定が元々あったのか?どうかについて…勝手に想像してみました…
輸入盤だけの販売ではUniversal Japanとしては面白味がない!海外のU Discover storeに注文される方もいるでしょう。
ところが、今回は、海外よりも日本の方が早く輸入盤・カラーレコードの受付を開始したのがポイントでは?
発売の発表は、ほぼ同時でも、価格設定を発表し、予約受け付けを開始したのは日本の方が早かった。
そして、当初からUniversal Japanは帯盤を企画していた?


輸入盤の予約を受け受けた途端、輸入盤の予約が予想を上回り、「これはイケる!」思ったのか?予定よりも早めて帯盤の発表となったが、この帯盤の発表は勿論、売上げアップを狙った戦略か?
価格アップを狙い、付けた価格差が324円!税抜きだと、300円の差!
そして、4,536円で注文を入れていた多くの方は、「帯」に心奪われ必然的に、4,860円の方に切り替える…自然に売上げアップ!
と意地悪な想像しています。(笑)


しかし、ストアーを見ると、帯盤は初めの方に明記されていますが、元の輸入盤はページを捲らないと分かりません。
しかも、表記はカラーヴィニール(帯盤)とカラー・レコード(元・輸入盤)ですが…


と勝手な想像で記載しましたが、PAM様ご指摘の通り、かなりの方が、帯盤に流れたのでしょうね。それなら通常の輸入カラーレコード盤の発売なんか辞めて、帯盤だけの発売にすれば良いと思うが、そうせずにカラーで2種類あるのは大人の事情かな…


With
A.S様からのお便りより…

USカラーレコード

USカラーレコード90ドル

なんだろう…このセットの価格…?価格間違っているのでは?
でも、さすがに在庫なしですね。

7

台風と共に去りぬ…Paul McCartney Archive Collection colour vinyl

台風と共に去りぬ…Paul McCartney Archive Collection colour vinyl

皆さん、大丈夫でしたか?台風21号…
上陸時では暴風雨、過ぎ去ったあとは荒らされた影響で交通マヒ…関西地区のJRは運休に次ぐ運休、在来線は遅れ&遅れ、高速バスも運休になり、長距離出張を予定していた私は出発する手段がなくなり、出発は明日に延期…しかし、明日もどうなるやらですが、こちらの方は一段落かな…


ポール・マッカートニーの1on1 in Brazil Tourが終了し、一段落…って感じですが、南米公演は、まだ10月28日のメキシコMexico Cityエスタディオ・アステカEstadio Azteca公演があります。この会場、メチャクチャ広いのですよ。収容人数87,000人!って、なんて広大なんだ!

メキシコMexico Cityエスタディオ・アステカEstadio Azteca

メキシコMexico Cityエスタディオ・アステカEstadio Azteca Paul McCartney


こちらの公演の事について、まだ日がありますので、後程…という事で、近況としては、気になるのは、やはりこと事では?
the first eight Archive Collection:limited edition 180gram colour vinyl pressingsではないでしょうか。
日本でも発売されるとの事ですが、UNIVERSAL JAPANからの予約当初、カラーレコードの全種類が売り切れと、予約されたファンの方が喜んでいたのも束の間…その後、どうなったのか?
当初の11月17日発売・4,536円のカラーレコードは一部の売切でしたが、その後、怒涛の「在庫なし」の状況となりました。


180gram colour vinyl pressings

その後、予想していなかった事が発表されたのです…

2017/10/14 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ全8タイトルの日本盤が12月13日に発売決定! CDは日本盤のみ紙ジャケ仕様、LPは直輸入盤仕様+巻き帯、さらにカラー・ヴィニールのUNIVERSAL MUSIC STORE限定盤LPも発売。各形態の8タイトルセットも販売いたします。

へっ!?って感じの発表です。4,860円。全種類が在庫ありますね。後出しでは、なかなか売れないのか?それとも在庫準備万全なのか?

カラー・ヴィニールのUNIVERSAL MUSIC STORE限定盤LP


レコードプレーヤーがない私は、じ~っとその広告を見るだけですが、そう言えば、「在庫なし」の表示になっていた11月17日発売分のカラーレコードは…どうなっているのかな?と除くと…
エッ!在庫あるじゃないか!!


カラー・ヴィニールのUNIVERSAL MUSIC STORE限定盤LP Paul McCartney

つまり、予約の多さに喜んだUNIVERSALが追加で準備したって事!輸入盤ですので、いくらでも準備出来るのかな?どこまでLimited Editionと言えるのか疑問ですね。
このお高いカラーレコード、海外ではいくらかな?と思い見てみると…



limited edition 180gram colour vinyl pressings V&M

limited edition 180gram colour vinyl pressings set

1枚26ポンドですので、1ポンド=150円として、3,900円!高い!
8枚セットで208ポンド・1枚あたり26ポンド!当たり前と言えば当たり前の価格ですね。
何だか、Flowers In The Dirtのアーカイヴから高くなっているな~こりゃ~多くの方に聞いて貰うという趣向ではなく、マニア向けですね。


台風が過ぎ去っても不穏な様子が漂いますが、何かが起きそうなPaul McCartney MEXICO公演!
どのようなサプライズが待ち受けているのか…気になる…

4

The Paul McCartney Archive Collection by MPL/CAPITOL/UME

The Paul McCartney Archive Collection by MPL/CAPITOL/UME

喜ばしいニュースと、不安になるニュースが同日に発表になりましたので、急遽、ブログ更新とさせて頂きます。
先ずは喜ばしい事から…


2017年11月17日The Paul McCartney Archive Collectionとして、MPL/CAPITOL/UMEが、既に同コレクションでリリースされている8タイトルのリパッケージ・ヴァージョンで、1CD(デジパック仕様)、ブラック・ヴァイナル仕様の180g重量盤LP、そしてユニバーサル・ミュージック・ストア限定発売のカラー・ヴァイナル仕様の180g重量盤LPの3フォーマットで発売されます。限定盤でカラーLPと言うのも魅力ですね。LPレコードには、download cardも入っています。

The Paul McCartney Archive Collection by MPL/CAPITOL/UME


Paul McCartney: McCartney - RED
Paul McCartney: McCartney II - CLEAR
Paul McCartney: Tug Of War - BLUE
Paul McCartney: Pipes Of Peace - SILVER
Paul and Linda McCartney: Ram - YELLOW
Paul McCartney and Wings: Band On The Run - WHITE
Wings: Venus And Mars - RED & YELLOW
Wings: At The Speed Of Sound - ORANGE


お値段がAmazon USではLPは19.98ドル。これはブラックLPですね。
Amazon UKでは、CDが13.99ポンドです。1ポンド148円として、2,070円!高いな~予約中なので、その内、下がるのかな?一般のCDは英国では9.99ポンド(約1,480円)で、DeluxeCDが13.99ポンドというのがありますね。
日本盤もあるようですが、まだ発売日未定のようですが、まあ高いでしょうね…いつもの事ですが…


あっ!発表されましたね!
やっぱり…こんな価格か…高いな~


ポール・マッカートニー アーカイヴ・コレクション カラーLP発売


若い頃に、カラーレコード買いましたね。特にMono盤が再販された時のビートルズ・LPシリーズは全て購入しました。今又、このようにポールのLPがカラーレコードとして発売されるとは意外でしたが、この次はピクチャーレコードかな(笑)。Capitolさん、せっかく権利を得たのですから発売しないとね…でも、どうして、この8枚なの…やっぱりのポールのキャリアを語るのは、この8枚なのかな…私が好きなBack To The Eggが入っていないのが残念…
そして…もっと残念な衝撃な事が発表されました。


ポール・マッカートニー、10月24日・Medellin Estadio Atanasio Girardot エスタディオ・アタナシオ・ヒラルド(収容人数44,000人)が「延期」となりました。
この会場は、コロンビアで首都ボゴタに続く第二の都市と言われるデジンです。
延期…ですか…ん…ちょっとこれについては、もう少し状況を見て掲載しようかと思っています。
何かと気になる南米、お騒がせの南米、心配な南米ですので、また後日…


と…言っていると、tawatawa様の1on1・Storyはどうなるの!?エッ!?こちらも延期!?
さて、どうなるかな!?

0

Emma Stone and Paul McCartney sang Disney songs at an East Village club last night

Emma Stone and Paul McCartney sang Disney songs at an East Village club last night

Emma Stone and Paul McCartney3

昨日、追加で画像を掲載しましたが、日本文のニュースがありましたので転記させて頂きます。

Emma Stone and Paul McCartney2

元ビートルズのロック・レジェンドのポール・マッカートニー(Paul McCartney)とエマ・ストーン(Emma Stone)が偶然に出会いました!!
ニューヨークのイースト・ヴィレッジで昨夜の9月21日(木)に実現したユニークな顔合わせです!!


Club Cumming


近年はテレビシリーズ「ザ・グッド・ワイフ」などで活躍しているアラン・カミングが、先週末の金曜日(15日)にオープンしたお店のクラブ・カミング(Club Cumming)が、マンハッタンの新たな注目のスポットとして話題になっているのですが、その元「X-Men」のミュータントのナイトクローラーとは、この週末に北米で封切られる「バトル・オブ・ザ・セクセス」の共演者の間柄だけに、同スポーツ実話の映画化の主人公の本人の元プロ・テニス選手のビリー・ジーン・キングさんを伴って、エマが遊びに出かけたところ…

Emma Stone and Paul McCartney sang Disney songs at an East Village club last night-3


思いもかけず、ポール・マッカートニーが現われました!どうして突然、ポールが…?!というのは、現在北米ツアー中のポールが同日に、ブルックリンのバークレイズ・センターで、コンサートを行い、どうやら、その打ち上げとして、話題になっているお店に出かけてみよう!!ということになったみたいです。

Emma Stone and Paul McCartney sang Disney songs at an East Village club last night-2


そこで、せっかく、大ヒット映画「ラ・ラ・ランド」(2016年)のミュージカル女優でもあるエマとポールとが同時にいるんだし…と、気を利かせてくれたオーナーのアラン・カミングの声かけによって、彼を含めたエマとポールのトリオで、ステージに上がってくれました…!!

Emma Stone and Paul McCartney sang Disney songs at an East Village club last night


エマとポールは一緒にディズニーの名作アニメ「ザ・リトル・マーメイド」(1989年)の " パート・オブ・ユア・ワールド "(The Little Mermaid's “Part of Your World.”)を歌ってくれたほか、即興のトリオは、ABBA や、ドナ・サマーのヒット曲をカバーしてくれて、大いに盛り上がったそうですが、ただし、あくまでも、ポールはプライベートの余興で歌ってくれるものですから、絶対にスマホで動画を撮影はしないでほしいというアラン・カミングの求めにより、残念ながら、エマとポールのコラボは、偶然その場に居合わせたラッキーなお客さんたちだけが目撃できたものとなっています…!!

ロック・レジェンドのポール・マッカートニーとクラブで、ばったり出くわし、一緒にディズニー・アニメの名曲を歌った強運なエマ・ストーン ! !



今、NYをぶらつくと、ポールに会えるかも?!
tawatawaさん、Club Cummingへ行ってみますか?

0

Paul McCartney on Stage and Get VIP Tickets or Standard Tickets

Paul McCartney on Stage and Get VIP Tickets or Standard Tickets

これまで、ポールの公演チケットの購入に、ワクワク・ドキドキ・ハラハラして来ましたが、40,000円位の金額で、アリーナ最前ブロックA・前から4列目・端から7番目の座席があったら購入しますか?

Standard Tickets Prudential Center ポール・マッカートニー

Prudential Center ポール・マッカートニー


東京ドームでアリーナ前列の端のブロックだと見え難いのですが、アメリカ・Prudential Center公演での座席だとなかなかの座席ですね。ところがこの座席、Hot Sound Packageで発売されていた座席だとしたら、どうですか?
そんな「ん!?」と思うようなコメントを「ゆうけい様」から頂きました。ありがとうございます。


VIP Tickets Prudential Center Soldout ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー Standard Tickets Prudential Center


NYCB LIVE, Home of The Nassau Veterans Memorial Coliseum公演では、この辺りの中央寄りは、VIPになっていますね

NYCB LIVE, Home of The Nassau Veterans Memorial Coliseum VIP


US公演は、中央ブロック前列のHot Sound Packageは、ほぼ売り切れで、8列目?位や、その隣のブロックだとまだ売れ残っている公演がありますね。これが日本公演だったら、ワクワクしますね!
では、こちらの企画については、ワクワクしますか?デビット・リンチ財団への支援企画です。


Join Paul McCartney on Stage and Get VIP Tickets

Join Paul McCartney on Stage and Get VIP Tickets

Join Paul McCartney on Stage and Get VIP Ticket


デビット・リンチは「エレファント・マン」「ブルーベルベット」などの個性派映画監督ですが、TVドラマ「ツインピーク」の方が有名かな。

ツインピーク



ポール・マッカートニー、デヴィッド・リンチ財団を支援

ん…ポールらしい支援ですね。財団の主旨にはちょっと付いていけない思想ですが、魅力のあるポールの支援方法ですね。ポールと一緒にGET BACK!

Join Paul McCartney on Stage and Get VIP Tickets GET BACK


さすがに、北米までは行けないよ!って方、こちらの遠足なら参加し易いですよ!

第3回 西日本MeetUp会 「遠足だよ!全員集合!!」第二次応募受付中!

第二次応募、締め切り目前!
初めての方、ご応募、お待ちしております。
あっ!勿論、これまで参加された方も!

このカテゴリーに該当する記事はありません。