夢参加NAブログwithポール・マッカートニー2017 Budokan&Tokyo Dome

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

コットンバックの内封用紙には何が書いている?映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」PART2

コットンバックの内封用紙には何が書いている?映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」PART2

コットンバックの内封用紙には何が書いている?映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」PART2

もう前回の話をお忘れではないでしょうか…

コットンバックの内封用紙には何が書いてある?映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」

内封用紙には「取り扱いのご注意」が記載されています。先ずは…
「洗濯機や乾燥機のご使用はおやめください。」
「漂白剤、シンナーやベンジン類のご使用はおやめください。」
「濡れたまま他のものと重ねて放置しないでください。」
「摩擦や水濡れにより、プリントが色落ちする場合があります。」
「火気や高温になるところに近づけないでください。」


この項目で一番気になるのは、水濡れで色落ちがするのかどうか?です。
普段着用している衣類なら、色柄であったも洗濯機で洗っても大丈夫ですが、洗濯機で洗わないで下さいと言った洗濯絵表示が付いているデリケートな衣類、ドライクリーニング可のみの衣類、そして衣類でない寝具類などは、洗濯すると色落ちする事がありますね。


それは、洗濯に耐えれる染色を施していない為なんです。エッ!?そんな染色ってあるの?って…あるのですね…色の濃い赤・青・そして黒は直接染料を用いている場合があるのですが、これが水濡れや摩擦に弱いのです…困った染色ですが、この染料が安くて発色がイイので使用されています。仕方がないですね。他にも色々な要因で色が落ちる事があります。

本来なら直接性染料でも落ち難くする為に、適正なフィックス剤(固着剤)が処理されていれば良いのですが、ケース・バイ・ケースかな…では、このバック、プリントだけどどうなのか…と思い、トライしました。

先ずはメガネ拭きを濡らして

コットンバック 色移り試験

バックの黒の部分・Appleマークに押し付け、軽く擦ると…

コットンバック ロゴ色移り試験結果

ほら!メガネ拭きの部分に黒いマークが付きました!注意事項通りです。実験成功!って…喜んでいる場合ではありません。

つまり、洗うと黒色が落ちます!漬け込むと滲む可能性もあります。当たり前と言えば、当たり前ですが、この方法、色が大丈夫かどうか確認するのに単純で大切な方法なんです。

そしたら、汚れたらどうしたら良いのか?…諦めてそのまま使うか…黒色が落ち難いように、バケツで漬け込んでお湯洗いするか…洗うときは、洗剤は中性の液体洗剤を少し入れる程度にしましょう。
洗った後は、びしょびしょだとプリントが滲んでしまうので、洗濯機で絞って(この時に滲む事もあり得ます。)平らな所で天日干しかな…


エッ!?そんな面倒な洗い方なんで出来るか!しかも、折角のロゴが薄くなるではないか!とお怒りの方に、とっておきの手段を…それは…

もう1つムビチケを購入しましょう!
とムビチケの押し売りのような話でした。

追伸
乾いた部分で、ロゴを擦ってみました…ん…予想通り、色が移りますね。
メガネ拭き、拭き取り効果があり過ぎです(笑)。

9

映画は2本立てがお得!

映画は2本立てがお得!

以前は邦画は2本立てと言うのが多かったです。想い出深いのは、ロードショーでなく、毎日ホールでリバイバル上映された2本立てです。
1つは、松田聖子の主題歌で有名なアニメ「ペンギンズ・メモリー 幸福物語」


ペンギンズ・メモリー

もう1本は、大林宣彦監督作品・富田靖子主演「さびしんぼう」です。

さびしんぼう

さびしんぼう 富田靖子

何が想い出深いかというと、小学生の子供連れの若いお母さんの団体が沢山居られたのですが、1本目・アニメは子供たちが楽しんで見てたのですが、2本目の「さびしんぼう」になると、お母さん連中が突然大爆笑!バカウケ!の連続で、ここは吉本の劇場か!?と思う程でした。

エッ!?「さびしんぼう」はギャグ映画だったのか!?

さびしんぼう 富田靖子一人二役

と勘違いされては困りますが、主人公のヒロキ君と友達が繰り広げる行動がユニークなんですね…確かに楽しいシーンもありましたが、あんなに大爆笑するのか…お母さんパワーはスゴイです。反対に子供達は、ストーリーが分からなくて、置いてきぼりって感じでした。私は周りの大爆笑を気にしつつ、うっとりと「さびしんぼう」を眺めていましたね。良い意味で想い出に残る作品です。

さて、前置きが長かったのですが、本題は映画「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」でお得な2本立て上映が決定しましたので、そのお知らせです。

ザ・ビートルズ、伝説のシェイ・スタジアム公演の劇場上映決定

ザ・ビートルズ、伝説のシェイ・スタジアム公演の劇場上映決定

ザ・ビートルズの初期のキャリアを描いたアップル公式のドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』と同時上映される、1965年にニューヨークのシェイ・スタジアムで行われたライブの映像の詳細が明らかになった。

今作は1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりとなるアップル公式作品。当時はモノクロだった映像がカラーで鮮明によみがえるほか、ポール・マッカートニーやリンゴ・スターのインタビューや、レアな映像の数々が収録される。

109分の本編と同時上映されるのは、ファンにとって伝説となっている1965年8月15日のシェイ・スタジアム公演を収めた、31分のライブ映像。予告編の冒頭でも登場するこの公演は、5万6000人以上の観衆を前に野球場で行われた最初のロックコンサートだった。

その歴史的な映像は、14台の35mmカメラを使い、60年代の音楽映像の中でも最高の技術で撮影された。号泣、大絶叫、失神寸前のオーディエンスの前で、バンドは「Twist and Shout」「A Hard Day’s Night」「Help!」など、全11曲を披露している。

『ザ・ビートルズ・アンソロジー』でもアップグレードされた映像が収録されていたが、今回はアビー・ロード・スタジオで4Kリマスターの編集が施され、2Kで劇場上映されることになった。また、三塁側にいたファンによって撮影された未公開の16mmカラー映像も使用され、より完璧な作品に仕上がっている。

映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』は9月22日より全国公開される。監督は『ビューティフル・マインド』(2001)でアカデミー賞を受賞したロン・ハワード。ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ・レノン、そしてオリヴィア・ハリスンの全面協力の下で制作された。

MTV NEWS


エッ!?欲を言えば、お得な三本立ての方が良かったって!?
ん…それも良いのですが、長過ぎると疲れるのですね…
そう言えば、その昔、京極会館と言う映画館があって、その映画館はいつも三本立てを上映していました。日活ロマン◯◯◯?いえいえ、普通の映画三本立てでした。


ある時見た三本立ては、富田靖子デビュー作「アイコ16歳」、もう何回も見ている「さびしんぼう」、なぜか、チェッカーズ主演「CHECKERS IN TAN TAN たぬき」、この三本立ては想い出深かったですね…
なにが想い出深かったと言えば、3本目のチェッカーズの映画が上映している途中で、映写機が故障して上映中止になりました!…ん~さすが!京極会館!って感じでした(笑)。


上映中止って…観客が怒らなかったのか!?大丈夫です。皆さん、京極会館のファンですから…確か観客は数人だったような…そっちのほうが「大丈夫か?」と思いましたね。
話が脱線していますが…ビートルズの映画も良い想い出作りになる事を期待しています。映写機が故障する事はないでしょう(笑)
チャンチャン

2

コットンバックの内封用紙には何が書いてある?映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」

コットンバックの内封用紙には何が書いてある?映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」

これまで映画館で何百回と映画を見ていますが、ムビチケと言うものを初めて購入しました。
ムビチケ?なんだろう?テレホンカード(古い話です)?地下鉄の回数券(あまり持っている人少ないか)?クレジットカードのような材質かな?と思っていたのですが、購入して手に取った瞬間、「紙か・・・」と正直、ちょっと残念な気分でした。デザインはCDと同じだし特別感が少ないです。


スイマセン。折角楽しみにしている映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」の話題だというのに、愚痴からスタートの今日のブログです。
でも、こちらは文句なしに貰って嬉しい特典です。
そうです。「ロゴ入りサコッシュ型オリジナル・コットンバック」です。


頂いたバックの中に入っていた内封用紙にも「オリジナル・サコッシュバック」と明記されていました。皆さん、袋からバックを取り出して、この内封用紙はすぐに捨てられると思いますが、あとで「何書いてあったかな?」と思われる方が居られるでしょうから、このブログに記載しておきます。

コットンバックの内封用紙


用紙の上側はバックにも記載されている事と同じく、ロゴ、その下に記載されているのは…
「Apple Corps」
アップル・コア(Apple Corps Ltd. )は、1968年にイギリスのロックバンド、ザ・ビートルズによって設立された、多角的な会社組織である。設立当初の資本金は200万ドル。最も重要な部門はアップル・レコード。(Wikipediaより)


「IMAGINE」

イマジン・エンターテインメント(Imagine Entertainment)

イマジン・エンターテインメント(Imagine Entertainment)は、1986年にロン・ハワードとブライアン・グレイザーが設立した映画・テレビ制作会社である。(Wikipediaより)


ロン・ハワードさんは、今回の映画の監督です。代表作はバックドラフト Backdraft (1991年)、ビューティフル・マインド A Beautiful Mind (2001年)、ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2006年)などの作品を撮った有名なアカデミー賞の監督です。

ブライアン・グレイザー(Brian Grazer, 1951年7月12日 - )さんは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの映画プロデューサーである。また、ロン・ハワードと共に立ち上げた映画プロダクション「イマジン・エンターテインメント」の共同創始者でもある。2003年にハリウッドにおいて最も力のある人物の13位に選ばれ、ヒットメーカーとして確固たる地位を築き上げた。(Wikipediaより)
テレビ作品でプロデュースした中には、日本でも人気沸騰の『24 -TWENTY FOUR-』があります。


「WHITE HORSE」はホワイト・ホース・ピクチャーズ、映画制作会社です。

「WHITE HORSE」はホワイト・ホース・ピクチャーズ、

これらの企業が関連しているのですが、プロデューサーは『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』『ボブ・ディラン ノーディレクション・ホーム』といった音楽ドキュメンタリーを手掛けたホワイト・ホース・ピクチャーズのナイジェル・シンクレアとスコット・パスクッチ、イマジン・エンタテインメントのブライアン・グレイザーが担当。エグゼクティブプロデューサーには、アップル・コア・リミテッドのジェフ・ジョーンズとジョナサン・クライドらが名を連ねています。

つまり、この3社が共同で制作している事になるので、映画のタイトルの下に必ず明記されているのですね。しかも、企業ロゴがデカくプリントされていますので、嫌でも目立ちます。

おっと!そんな事を記載していたら、内封用紙の事について書き切れませんでした。
そんなわけで、明日も内封用紙に記載されている事について続きます(笑)。

4

ムビチケ第二弾を購入!映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」

ムビチケ第二弾を購入!映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」

8月20日は映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」前売り券・ムビチケ第二弾発売日でした。
と言うことで迷わず発売日に購入しに行きました。
私は奈良県在中ですので、奈良の映画館で観るつもりでしたので、ムビチケも奈良の映画館で購入する事にしました。


さて、奈良での上映館は・・・と調べると…ん!?TOHOシネマズ橿原のみ…奈良でも映画館は沢山あるのですよ!と言いたいのですが、このようなマニアックな作品は1上映ですね…仕方がないので、橿原へ

なんせ、橿原の映画館って行ったことがなく、お目当ての特典・コットンバックが付属されているのか?と不安になりながら行きました。映画館はイオンの中にありますので、夏休み中である事もあり、10時30分頃でも結構のお客さんが居ました。
「前売り券はどこで買うのだろう?」と思いながら周りを見渡すと…ビートルズの映画については広告がありました。


映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」 看板


前売り券売り場では、ビートルズの映画前売り券が販売されている案内が見当たらない…ムビチケ、コットンバック付きの事など記載の広告もなく…寂しい様子…本当にムビチケ第二弾あるのかな…?と思いながら、受付の女の子に「ビートルズの映画の前売り券ありますか?」と聞くと、「ありますよ!」と言って調べてからムビチケ2種類を取り出し、どちらか選択して欲しいと言われ、勿論、第二弾の方を指定しました。

「コットンバックは?」と思っていると後ろの棚からコットンバックを出されました。チラッと見えましたが、あと10枚以内かな・・・それとも倉庫にまだあるのかな?と思ったのですが、(アルバイトみたいな女の子だったので)余計な事は聞きませんでした。

さあ!無事ゲット!
帰り際にチラシあるのかな?と思いましたが、全くありませんでした…が、前売り券の看板ありました。


映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」 in橿原

ん!?2D 1,400円?特典付き…ん!?1,500円払ったのですが…ネットでも一般1,500円になっています。よく分かりませんが…まあイイか!

コットンバックについて、表はロゴが黒字で印刷されています。ん!?EIGHT~のロゴがかすれている…これはプリントミスではなくデザインなんですね…と思いましたが、この事について問い合わせがあったのか(予想してか)下記のようなTwitterが…

【ムビチケ第二弾】映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』特典バッグのロゴのかすれは、デザインですのでご心配なく…!

映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」 コットンバックのロゴ

ポール武道館公演限定Tシャツ(RED)のかすれを思い出しますね。

発表の画像と実際のコットンバックのかすれの違い。分かりますか?

映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK  The Touring Years」 コットンバックのロゴ

コットンバック ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years

映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」 コットンバック開封

と…今日のブログはここまでですが、バックについてはこれで終わりではありません…エッ!?まだ書くことあるの?と思われて当然ですが、明日はこのバックの○○についてです。

追伸
本日のブログ・アクセス検索を見てみると、なんと「エリザマッカートニー」で検索されて、当ブログをご覧になられている方が急増しています。日本でエリザ・ブームの兆しか!このブームに便乗しますか?ヒロ・リンダ・マッカートニーさん!

0

今話題はポケモンGOと映画とCD

今話題はポケモンGOと映画とCD

今、超話題の事と言えば、ポケモンGO!息子のスマホでやりました。ホームセンターでズバットをゲットしました!次もズバット!またズバット・・・ん・・・つまらん…でも、ちょっとした合間に遊ぶのには地域の特性があれば、面白いでしょうね。

ポケモンGO以外で話題といえば、この2つですね。
1つは、映画「EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」
もう1つは、Live At The Hollywood BowlのCD
別々の企画のようですが、同時期でしかも、CDのあのジャケット(予定)を見ると完全にリンクして同一企画では?と思わざる得ません。


特に映画に関しては興味津々ですので、先ず手始めに映画のチラシを頂きに行きました。
大阪難波TOHOに行って見渡すとチラシ置き場にない・・・どうしてかな…とよく見ると、売店でお一人様2枚までお渡ししますとの注意書きがありました。
ん!?大人の事情で限定枚数なのか?沢山貰われる方が多いのか?取り敢えず、タダで頂けるものなので有り難く頂きました。


EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years チラシ


表紙は1966年の日本公演の写真ですから日本仕様なのでしょうね。個人的には、下記の方が良いのですが、途中で変わったりして…どうかな…

EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years


ところで、皆さん、前売り券買われました?ムビチケ第一弾はこちら。絶賛発売中。

EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years ムビチケ第一弾

さて注目の第二弾はいつ発売なのか?まだかな…8月になってからかな…何を期待しているかと言えば、ムビチケ第二弾に付いてくるコットンバックがお目当てなんです。

EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years ムビチケ第二弾

EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years ムビチケ第二弾

〈バッグ仕様〉33×23センチ(ストラップ除く)マチなし、厚地コットン素材

長めのストラップはそのままでも、結んで肩掛けにしても使えるようです。内側にスナップボタンが付いている丁寧な作りのようですので嬉しいですね…と言っても購入出来るかどうかも分かりませんが…サンプルは20日頃に出来上がったようですので、発売まで、ちょっと待たなければいけないかもしれませんので、GETするまで辛抱しますよ。

8月に入れば、無料の試写会やプレミアム試写会の予定が発表される事も期待しています。そして、映画公開時にはパンフレット、多くのグッズが発売されるので楽しみです。
で、次はLive At The Hollywood BowlのCDのお話を…と思っていましたが、お決まりの字数になりました。このCDについては、また次回…


アクセスが減少しているのは、ポールの1on1が休憩に入ったから?それとも、ポケモンGOの影響かな…

このカテゴリーに該当する記事はありません。