ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

MUSIC LIFE ポール・マッカートニー特別号は見応えあります。日本公演全力レポート

MUSIC LIFE ポール・マッカートニー特別号は見応えあります。日本公演全力レポート

MUSIC LIFE ポール・マッカートニー特別号は見応えあります。日本公演全力レポート

2014年になってから、実家の年始挨拶やらで、何かと忙しい日々ですが、休日が明日、明後日の2日しかないと思うと、何やら残念な気分です。この休日の間にやっておきたい事があるのに、まだ出来ていない事があり、焦りを感じているのは、まるで、小学生の夏休みが終わりかけているのに、まだ宿題が出来てない気分に似ています…でも、このブログは、とにかく書き続けようと思っています。今日も音楽と本の話です。

中学生の時に、洋楽に目覚めたのですが、洋楽の情報源は、ラジオと雑誌。その雑誌と言えば、「MUSIC LIFE」(ミュージック・ライフ)でした。
1998年12月号で休刊になっていましたが、なんと、2013年12月に「ポール・マッカートニー特別号」として、復刊致しました。


全148ページ、全てポール・マッカートニーのことばかりです。発売後、その内容の充実度に話題となり、なんとすぐに売り切れ!Amazonでも再発行待ちです。
さて、私、購入が遅れたために、地元の本屋に行っても無かったのですが、12月30日に難波の本屋にふらりと立ち寄った所、1冊だけあり、この年末年始に読もうと、即購入。そして、ようやく、本日、全ページ読み終えました。


カラーページ満載です。見たことのある写真も多数ありましたが、画質が本当に綺麗です。
先ず、表紙を開けると、関空に到着したポールが奥さんのナンシーさんと手を繋いでいるショット。普通、71歳になって、奥さんと一緒に手を繋いでいる所を見られるだけでも、恥ずかしいと思うのですが、写真まで撮られるのですよ…ン…あり得ません。でも、これがイイ写真なんです。奥さん、綺麗に撮れていますよ!
その他、ポールに関しての事柄が満載ですが、特に良かった記事として…


「感動のレビュー集」
著名人や一般ファンの方の感想が、愛情と言うのか、情感たっぷりに感想を述べられています。皆さん、温かいな~と。有名なブロガーの方もコメントされています。私もコメントしたかった!


「今だから話せる日本公演秘話」
星加さん、東郷さん、長谷部さんの対談ですが、ビートルズの来日から、ウイングスの公演中止まで、この方々がどのように関わっていたのか、感じたのか…興味深く読まして貰いました。楽しい対談です。


「全曲パフォーマンス徹底再現」
1曲目のEight Days A Weekから、その演奏の様子、ギターの種類、ボーカルの様子などキメ細かくレポートされています。先日、日本公演の音源を聞きながら、読みましたが、思い出しますね…全公演、聞きながら、読み返す予定です。でも、何時何分に、どの曲を演奏して、ポールの言葉(英語)は何て言ったのかまで、知りたかったですね。これは自分で調べましょうか…


あまり書くとネタバレになりますので、ここまでとしますが、不満な点としては、スタッフ・関係者情報が欲しかったですね。例えば、公演決定に至るまでの(AERA以上の)経緯、大阪公演の場所の発表を遅らせた本当の理由、大阪追加公演は決まっていた?途中、イオンがサポートに加わった経緯、チケット騒動の顛末(ぴあの多様な販売方法はどのような主旨で決まったのか?CrowdSurgeの郵送経路は?)、イオン招待席や阪急交通社の有料席は、どこだったのか?サウンドチェックは正確に何人入場したのか?とか…マニアックで、どうでもイイような事も含めて、大辞典にして欲しかったです。意外と知りたい方、多いと思います。あなたもでしょ…

とこかく、このMUSIC LIFE、買って楽しめました。また、再発行されますので、ポールの日本公演に行かれた方は、ぜひ、1冊、お求め下さい。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/998-9f552ccf