ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

中国中東部に大気汚染もたらす三大原因とは!気象条件、車の排気ガス、石油暖房

中国中東部に大気汚染もたらす三大原因とは!気象条件、車の排気ガス、石油暖房

中国中東部に大気汚染もたらす三大原因とは!気象条件、車の排気ガス、石油暖房

近頃、目に付くニュースと言えば、「ノロウイルス」でしたが、最近は、このニュースの方が目に付くようになりました。そうです。「PM2.5」です。こんなニュースをご紹介します。

2013年12月5日、南京、杭州、上海など中国中東部がここ数日、スモッグに見舞われている。中国環境保護部の担当者は4日、広範囲に及ぶ今回のスモッグがもたらされる三大原因を分析、発表した。予想によると、今月4日から8日にかけてはスモッグが拡散しづらい条件が続くものの、8日から11日にはより強い寒気団が到来することから、華北中南部から長江デルタ地域にかけての気象状条件はかなり改善される見込み。新華社が伝えた。

中国の広い範囲でスモッグが発生した主な原因は以下の通り。

1.スモッグの拡散に不利な気象条件が続いたことで、汚染物質が累積し続けた。地表に近い部分が無風で穏やかであることから、大気が水平・垂直方向いずれにもほとんど動かず、極めて拡散しづらい状態にある。

2.自動車の排気ガス

3.北方での石炭暖房の使用が増えたことで、大気の質がかなり悪化している。風のない穏やかな天気条件の下で排気ガスが蓄積し、とりわけ北方地区では冬季の石炭暖房使用が急増、石炭の燃えカスが大気中に放出されるため、空気の質に深刻な悪影響を及ぼしている。

同担当者は、「スモッグが発生すると、各地は大気の質モニタリングを強化し、大気の質に関する情報をリアルタイムに公開する。また、積極的に各種措置を講じて、大気の質の悪化に対応している」と話した。

上海市は今月2日、大気汚染橙色警報を発令すると同時に、緊急排出削減措置を発動し、学生の野外活動を一律禁止した。江蘇省環境保護庁は大気汚染重度警報を発令した。南京市は橙色警報を発令、工業企業に対して減産を命じ、汚染物質の排出を厳しく抑制し、工事現場での塵・土埃排出削減を強化し、道路の清掃回数を増やした。

ハルビン市は、担当者を組織して汚染源に対する集中検査・監督を実施し、汚染防止の対象となる施設が問題なく操業しており、汚染物質の排出が基準値以下に抑えられていることを確認した。
(提供/人民網日本語版)
Record China


記事では、「減産」を命じていると書かれていますが、企業に取ったら、大変な事です。
でも、中国に行かれた方に聞くと、本質は、「石炭」、ご家庭で使用される暖房用の「石炭」が一番良くないと言われていました。まさか、寒いのに、暖房するなとは言えませんね…でも、何とかしないと、酷い環境問題です。何とかして下さいよ!


こんな記事を書いていると、南港で見た石炭の山「ブラック・ダイヤモンド」を思い出します。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/979-a104e272