ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

音楽にもクリーニングにもiPad。AppleのiPhone5S発表会でエルヴィス・コステロが登場!

音楽にもクリーニングにもiPad。AppleのiPhone5S発表会でエルヴィス・コステロが登場!

音楽にもクリーニングにもiPad。AppleのiPhone5S発表会でエルヴィス・コステロが登場!

携帯電話でDocomoがついに、AppleのiPhoneを発売する事になり、話題になっていましたが、通信業界に関わらず、iPhoneやiPadの導入が広がりを見せています。
実は、新発売されたiPhone5S・5Cなどの新製品発表が9月11日に米国・Appleで行われたのですが、その際、サプライズ・ゲストで登場したのが、なんと!ベテラン・鬼才のミュージシャン「Elvis Costello(エルヴィス・コステロ)」なんです。




どうして?と思われる音楽ファンの方も居られると思うのですが、実は、彼は、音楽の製作・録音や、ライブ・パフォーマンスで、iPadを使っているんです。
でも、今回は、iPadでなく、古いフェンダー1本だけで登場し、ソロで演奏するとは…粋な演出と言うのか、デジタルと咬み合わない所がイイ所ですね。
因みに、2011年の日本公演の時にもiPadを使って、リズムサウンドを鳴らして、歌っていました。
つまり、iPadは通信やパソコンの代わりと言うだけでなく、デジタル化されたデーター収集と、そのデーターを活かしたクラウド機器であると言えます。


そう言えば、大阪・船場地下街の中華料理店でランチをした時に、会計計算・レジを、iPadを使っていましたね。レジに使うなんて、初めて見ましたので、お店の方に話しかけると、「アプリがあって、簡単に出来ましたよ!集計にも便利で、これ、イイです。」と言われたのは印象的でした。
ナルホド…と思っていたのですが、そう言えば、クリーニング店で、iPadを使っているシーンをお目にかかる機会がなかったので、活用出来ないものなのかと思っていると、こんな記事を見掛けました。


クリーニング業でiPadレジとPayPal Hereを使ってクレジット決済 Part1~マイナビニュース

2013年春にオープンしたクリーニング店舗「re:wash(リウォッシュ)」では、iPadを使ったレジシステムと、iPadでクレジットサービスが利用可能なPayPal Hereを導入している。
「クレジット決済ができるクリーニング店は、まだあまりないので物珍しがられます」と語るのは、re:washを運営するアイタル 代表取締役 石倉洋平氏だ。同店では、PayPal Here導入でクレジットカードも使えるクリーニング店として客単価を向上させたという。


「iPadを使ったレジは、非常にスタイリッシュで当店のねらうイメージにぴったりでした。また、クレジット決済ができるクリーニング店はまだほとんどないので、PayPal Hereを使ってクレジット決済が可能であるとアピールすることは、差別化につながると思い即導入を決定しました」(石倉氏)
iPadレジ、PayPal Here導入の利点は、コストパフォーマンスの良さと手軽さもあった。既存のレジシステム、クレジット決済サービスと比べ導入コストは半分以下で済む。導入に関わる工事も不要なので、すぐに利用可能になる。新規オープン店でも手軽に導入できた。


まだまだクリーニング業と言うのは、温故知新と言う風習が強くて新しいシステムを取り入れる勇気や知識がない場合があります。ところが、デジタル世代の方になれば、身近にパソコン、タブレット、スマートフォンは当たり前って感じですので、この御店の方も、若いし、アクティビティな方なんでしょうね。

この話は、明日も続きます…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/935-88304e41