ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

注目は、FlightとLight。飛行機はLCC。Paul McCartneyのNEWのデザインは蛍光灯

注目は、FlightとLight。飛行機はLCC。Paul McCartneyのNEWのデザインは蛍光灯

何だか意味の分からないタイトルから始まる今日のブログです。
休日に興味本位で、話題のLCCについて、調べて見ました。
LCCとは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指します。(コトバンクより)


そんなに安いのかと思い、関空から福岡空港までを調べると、早割&時間限定と飛行便が限られますが、5,000円というのがありました。
新幹線だと、早割で新大阪-博多が10,000円ですが、それよりも安い。
しかし、関空まで行くのが大変ですが…我が家からだと、2,000円も掛かりますが、でも、安い…
遠方になれば、なるほど、お得感があります。


ところで、この飛行便を英語で、Flightと書きますが、飛ぶこと=「Flyの由来としてのFlight」になりますが、私が注目したのは、Fryの方でなく、lightの方です。
Lightは、「光」や「灯り」を意味しますが、FlyとLightが関連しているような気がします。
飛ぶ・Flyと、明るい・light、何だか意味深です。


そのLightですが、明るさと言えば、蛍光灯(fluorescent lamp)や、LED(発光ダイオード・Light Emitting Diode)があります。今は、省エネでLEDが流行りですが、蛍光灯も必要とされている事があります。
例えば、飲食店などは、蛍光灯の独特の温かみが、食事を美味しく感じさせています。
ところで、このLightも、心地良い温かみが感じられますね。
それは、10月21日発売のPaul McCartneyのニューアルバム「NEW」のジャケットです。


当初は、白をバックに、黒線のみしか発表されておりませんでしたが、これは正式なジャケットでなく、正式には、このようなデザインになるようです。

注目は、FlightとLight。飛行機はLCC。Paul McCartneyのNEWのデザインは蛍光灯


このジャケット、いやアート(Art)は、アメリカの美術家ダン・フレイヴィン(Dan Flavin)から影響されて、デザインされたようです。
Dan Flavinとは、主に蛍光灯を用い、数多くのインスタレーション作品を残しています。
その作品は色のついた蛍光灯を組み合わせて作られており、蛍光灯の光は、白熱灯や水銀灯にくらべてつねに振動と収縮を内に宿しながら、輪郭が曖昧で浮遊しているような印象があるとの事。(スイマセン…アートを語る柄ではありませんので、他のブログからの文面は拝借しました。)


話は戻りまして、Paulの「NEW」ですが、よく見れば分かりますが、蛍光灯です。
横と縦、ただ並べているだけですが、造形を感じますね…今回のジャケット、なかなか評判が良さそうです。私、CDを購入する予定でしたが、代わりに、大きなジャケットを部屋に飾りたいので、Analog(レコード)にしようかな…


このブログ「Blog of light news」 もアートにしたいものです。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/933-d37714e1