ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

『クリーニングは、思い出を洗う!』~ライトニュース2013年9・10月号

『クリーニングは、思い出を洗う!』~ライトニュース2013年9・10月号

今日は、真面目に仕事の内容です。
今月号のライトニュースは、NHKの番組の事を前振りに、ウエットクリーニングや染み抜きの技術を、どうすれば、お客様に伝わるのか?と言う内容です。どうぞ、ご覧になって下さい!


ご覧になられましたか?9月2日にNHKで放映された「プロフェッショナル・仕事の流儀~
誇りをかけて思い出を洗う。スゴ腕クリーニング師 20年着た服も新品同様 驚きのシミの抜きのわざ」。この番組、業界の多くの方が見られたと思います。
番組では、衣類だけでなく、バックの染み抜きの様子も紹介されていましたが、「染み抜き」をしたと言うだけでなく、衣類の「汚れ」と
「思い出」も綺麗し、喜んで頂いた事が伝わる番組でした。


番組内で、ドライクリーニングされていたスーツを、水に漬け込みと、その水の色が汚れで黒くなる事が放映されていました。ウエット処理が衛生的な処理である事が分かります。
当ライトニュースでは、7・8月号「千年猛暑で、売上げアップ!~ドライクリーニングで汗ぬき処理」、8・9月号「汗抜きクリーニングで、お客様に感謝の倍返し~水によるウエット・クリーニング」と「汗ぬき」をキーワードとした内容を書きました。
これらは、汚れを落すだけでなく、①衣類を最適な状態にして収納する。②デリケート衣類の風合いを良くする。③着用されるお客様の着こなしを良くする。④身だしなみをよくする。など、お客様がクリーニングに求められる事に一致した洗濯方法と考えています。


では、その「汗ぬき」の良さを、お客様に伝えるには、どうすれば良いのか…
1つには、見本ズボンの展示。脚部分の一方は、汗を含んだ部分、一方は、
汗抜きをした部分を準備し、来店されるお客様に触って頂き、「汗」が含まれていると、ゴアゴアしている事を実感して頂く展示方法があります。


また、目に見える染み汚れが衣類にあった場合は「ビフォー・before 」と「アフター・after」の写真を撮影し、その写真を写真集のようにして、店内に置いておくだけでPRになります。クリーニング店の方には、毎日ブログに更新(記載)され、多くのアクセスを頂く事でPRされているお店もあります。信頼度アップと新規のお客様の獲得に繋がっているようです。

そして、お客様との会話、結婚式や記念日など「思い出のある衣類」に関した一言を書き溜めるようになれば、衣類をクリーニング店に出される本当の理由が分かります。
「喜びの声」と「ビフォー・アフター」の写真は大切な販促ツールとなるでしょう。


最後に、番組「プロフェッショナル・仕事の流儀」でアップされていた言葉を記載します。
「服に命を吹き込む男」、「思い出を託されている」、「誇りをかけた戦い」、「怖さと向き合う怖さ」、「怖さと向き合ってこそ職人」、「プロフェッショナルとは、あくなき挑戦」など…
あなたは、どの言葉に共感されましたか!?


『クリーニングは、思い出を洗う!』~ライトニュース2013年9・10月号

『クリーニングは、思い出を洗う!』~ライトニュース2013年9・10月号

衣類も、思い出も綺麗にして貰える、そんなクリーニング店、お近くにありますか?

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/929-d18262f8