ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

PM2.5の影響により中国で9900人が亡くなっている!?洗濯後の外干しに注意!

PM2.5の影響により中国で9900人が亡くなっている!?洗濯後の外干しに注意!

PM2.5の影響により中国で9900人が亡くなっている!?洗濯後の外干しに注意!

空梅雨でしたが、地域によっては雨が降り、恵みの雨になったと喜んで居る方もおられると思います。季節毎に気候や気温の変化に一喜一憂される事もありますが、この話題だけは、最近、話題に上がる事がなく、「もう終息?」と思っていると、こんな衝撃的なニュースがありました。
PM2.5で9900人早死に。石炭発電が影響


環境保護団体グリーンピースは18日までに、北京、天津両市と河北省で2011年、196の石炭火力発電所が排出する微小粒子状物質PM2.5による汚染で、約9900人が早死にしたと結論付けた研究報告を公表した。また7万人近くが健康被害を受けて入院するなどしたほか、9330人の児童がぜんそくを患ったと指摘している。

グリーンピースは、米国の大気汚染専門家に委託して調査。「早死にした」とされる約9900人の死因は卒中や肺がんなどで、地域別では河北省が約6700人、北京が約2000人、天津が約1200人。特に152の石炭火力発電所が集中する河北省の大気汚染の深刻な実態が判明した。

17日付の共産党機関紙・人民日報によると、今年1~3月の全国10大汚染都市には石家荘、刑台、唐山、保定など河北省の7都市が入った。河北省の深刻な汚染が北京にも影響しており、18日付の北京紙・新京報も「北京は(河北省の実態を)傍観できず、天津と共に助力しなければならない」と提言した。

PM2.5で9900人早死に=石炭発電が影響-環境団体 ~ 時事ドットコム


この間、中国(北京)に出張に行かれた方は、「大丈夫!マスクしている人なんかいないよ。日本人くらいかな…」なんて言っていましたが、短期間なら我慢出来るのかな?
でも、長期の滞在や在住になると心配ですよ。皆さん、気をつけて下さい。


でもこれは、中国だけの問題ではありません。風に乗って、海を超えて、日本にも降り注いでいます。天気が良いからとか、温かいからと言って安心するのは、まだ早いかも。
そんな時には、PM2.5予報「Tenki.jp」でチェック!


場合によっては、外に布団や衣類を干す事もためらってしまう事もありますよ。
そんな時には、衣類の洗濯は家でせずに、水洗いしやすい衣類は、コインランドリーに。毛布や布団、デリケート衣類は、クリーニング店に持って行かれたら如何ですか?
この方が安心&安全ですよ。


クリーニング業界も、洗濯の安心&安全を、もっと消費者の方に伝える手段を考えた方が良いでしょうね…そんなPRポスター見た事ありませんので…
本来のクリーニングの良さを伝える良い機会と思います。


そこで、久しぶりに以前のライトニュースを掲示します!

ライトニュース3月号~春霞は風物詩?黄砂!花粉!PM2.5!

PM2.5対策は、年中行事ですよ!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/871-32613d59