ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

6月の英国ロイヤルアスコットで、ブラックキャビアVSフランケルVSロードカナロアのドリームレース実現なるか?

6月の英国ロイヤルアスコットで、ブラックキャビアVSフランケルVSロードカナロアのドリームレース実現なるか?

6月の英国ロイヤルアスコットで、ブラックキャビアVSフランケルVSロードカナロアのドリームレース実現なるか?

またまた忙しい休日でした。
またまたリーフレットの作成から、報告書の記載、その上、ライトニュースの原稿の編集…と言っても、ほぼ100%、私の原稿になってしまいましたが…
そして、何らか社内書面の記載とか、お客さんへの連絡やら…電話を入れたら、「今日、仕事?」なんて言われたりと、休日か?仕事日か?分からない休日でした。


それでも、私用の用事も沢山あり、電気屋、カントリーフェスに行ったり、庭の清掃、そして、競馬…止めとけば良いのにと思いながら、やっぱり、止めた方が良かったと溜息混じりの休日でした。

しかし、この馬のレースが日本であれば、見てみたいですね。
オーストラリアの牝馬・ブラックキャビアが25連勝になりました。


4月13日(土)、T.J.スミスステークス(オーストラリア・ランドウィック競馬場、GI、3歳上、右回り・芝1200メートル、1着賞金60万豪ドル=約6300万円)で、豪州の女傑・ブラックキャヴィアが無傷の25連勝を達成した。

レースは11頭立てで行われ、ブラックキャヴィア=L.ノレン騎乗=は2着に3馬身差をつける楽勝。勝ちタイムは1分9秒65(良)。 1番人気・単勝1.14倍でした。

ブラックキャビア T.J.スミスステークス


デビューからの戦績は25戦25勝。GIは15勝目。不敗連勝記録を更新中。
ブラックキャヴィアはこの勝利で、これまでキングストンタウン(Kingston Town=1976年・オーストラリア産、41戦30勝、1200~3200メートルまで幅広い距離で勝利)が保持していたGIレース14勝というオーストラリア記録を更新した。


陣営は昨年に引き続き6月の英国ロイヤルアスコット開催への遠征を決めているようです。
これは、あの英国馬「フランケル」への挑戦状と言えるでしょうね。
フランケル、14戦14勝、公式史上最強馬で、現在は引退して種牡馬になっていますので、夢のまた夢ですね。


そのまた、夢としては、そこに、日本のスプリント最強馬「ロードカナロア」が参戦すると、ブラックキャビアVSフランケルVSロードカナロアのドリームレースになります。

どんな所で一番になっても、世界で一番を目指すものなんですね。そして、国際化が進んでいくのですね。
ン…私の業界でも国際化・世界標準化に進んでいる事があります。それは、また次回…
でも、明日から出張なので、いつ更新出来るのかな…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/816-0d82c43c