fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ピーター・ジャクソン、1970年のビートルズ・ドキュメンタリーの名作「レット・イット・ビー」を復元

管理人さん

管理人さん

ピーター・ジャクソン、1970年のビートルズ・ドキュメンタリーの名作「レット・イット・ビー」を復元

ザ・ビートルズ・ティーズ発表:「There Will be an Answer」~

ピーター・ジャクソンが、1970年に制作されたビートルズの伝説的なドキュメンタリー映画『Let It Be』を復元したことが、Disney+からの発表によって明らかになりました。このめったに見られない映画は、ハリウッドの監督であるジャクソンによって復元され、5年以上の間視聴できなかったことになります。

発表によれば、5月8日の公開をもって、『Let It Be』はディズニープラスで初めて50年以上の間視聴可能となります。ジャクソンは、ディズニープラス向けに2021年に制作された賞を受賞したドキュメンタリーシリーズ『The Beatles: Get Back』も手掛け、本作では映画の復元を細心の注意を払って行い、さらに音声も愛情を込めてリマスターしました。

このドキュメンタリーは、ビートルズが最後のアルバム『Let It Be』を書き上げ、ロンドンの屋上で演奏する様子を追ったものです。監督のマイケル・リンゼイ=ホッグは、映画の受け取り方に影響を与えた出来事について以下のように述べています。

「公開の1か月前に、ビートルズは正式に解散しました。そして観客たちは『Let It Be』を見に行きましたが、心に悲しみを抱きながら、『もう二度とビートルズを一緒に見ることはない。あの喜びはもう得られない』と考えました。それが映画の受け取り方を大きく暗いものにしたのです」と彼は述べています。

「しかし、実際には、このような地位にあるアーティストが一緒に作業し、頭の中で聞こえるものを曲にする様子をどれだけ見ることができるでしょうか?そして、屋上に行くと、彼らの興奮、仲間意識、そして再びグループとして演奏する喜びを見ることができます。今では、これが彼らが誰であり、今でも誰であるか、そして少しの感傷を持って見ることができます」と彼は続けています。

ディズニープラスは、「The Beatles: Get Back」の公開後、オリジナルの『Let It Be』映画に対するファンからの要望が高まったと述べており、ジャクソンは「両プロジェクトが互いを支え合い、補完しあっている」と語っています。

「私は『Get Back』のためにマイケルの未使用シーンにアクセスできたことがとても幸運でした。そして、『Let It Be』が『Get Back』の物語を完結させるために必要だと常に考えてきました」とジャクソンは述べています。

ビートルズのファンにとっては、これに加えてさらに多くの映画が視聴可能となります。なぜなら、アカデミー賞受賞監督のサム・メンデスが、バンドのメンバーそれぞれ、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、そして故ジョン・レノンとジョージ・ハリスンに焦点を当てた、4つの個別の長編伝記映画を監督することが決定しているからです。

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントからの声明によれば、これらの映画はそれぞれのバンドメンバーの視点から語られ、「歴史上最も偉大なバンドの驚くべき物語を語るために交わり合う」としています。

Peter Jackson restores classic 1970 Beatles documentary ‘Let It Be’

Comments 0

There are no comments yet.