fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ピーター・ジャクソン、ビートルズの1970年のドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』の復元版をDisney+で公開

管理人さん

管理人さん

ピーター・ジャクソン、ビートルズの1970年のドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』の復元版をDisney+で公開

ピーター・ジャクソン、ビートルズの1970年のドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』の復元版をDisney+で公開

マイケル・リンゼイ・ホッグが監督を務めたこの映画は、バンドの最後のアルバムのレコーディング・セッションを捉えています

何十年にもわたって流通していなかったビートルズの1970年のドキュメンタリー『レット・イット・ビー』が、ピーター・ジャクソンの制作会社によって修復された。
マイケル・リンゼイ・ホッグが監督を務めた『レット・イット・ビー』は、バンドの同名アルバムの最後のレコーディング・セッションを収録した作品です。もともとは、ビートルズが正式に解散を発表してからわずか数週間後にリリースされました。1970年の初演には、バンドのメンバーは誰も参加しなかった。
それ以来、このドキュメンタリーは、グループの終焉を記録したあまり見られない珍品として記憶されるようになり、1ヶ月に及ぶレコーディングプロセスの熱狂と並行して、内部抗争や口論のシーンが描かれています。

『レット・イット・ビー』は、ジャクソンの2021年のミニシリーズ『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』の出発点にもなったが、これはリンゼイ・ホッグの映画のために撮影された約60時間の舞台裏映像をつなぎ合わせた8時間の叙事詩である。

ジャクソンの『レット・イット・ビー』バージョンは、『ゲット・バック』でビンテージ映像の復元に使われたのと同じ技術を採用していると、Varietyは報じている。
レット・イット・ビーは80年代初頭以来、公式の形では入手できていませんが、初期のVHSやレーザーディスクのリリースからコピーされた低品質の海賊版が長年にわたってファンの間で流通してきました。

「私は絶対にワクワクしています...『レット・イット・ビー』は修復され、何十年もの間入手できなかった後、ようやく再リリースされました」とジャクソンは声明で述べている。「『レット・イット・ビー』は『ゲット・バック』の物語を完成させるために必要だといつも思っていました」
ジャクソンは、この2つのプロジェクトを「1つの壮大な物語」だと考えていると語った。

「マイケル・リンゼイ・ホッグは、僕が『ゲット・バック』を作っている間、いつも親切で親切だった」と彼は続けた。「彼のオリジナル映画が最後の言葉を持っているのは正しいことです...見た目も音も1970年よりずっと良くなっている」
火曜日のニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、リンゼイ・ホッグは、ジャクソンが『レット・イット・ビー』の再リリースの「触媒」であり、ビートルズの会社アップル・コープスとのプロジェクトを提唱したと語った。
同じインタビューで、リンゼイ・ホッグは、ドキュメンタリーの撮影中、ビートルズの分裂について先入観はなかったと語っている。

「この映画でわかるのは、4人の愛情が永遠に続くということです。しかし、彼らはまったく別の人生を歩んでいました」と、83歳の映画監督はタイムズ紙に語った。
「彼らは自分のことをやって、自分の心に従って別々のアルバムをリリースして、それから集まるんじゃないかって思ったんだ。ビートルズが解散するまで解散するとは思っていなかった」

『レット・イット・ビー』は、5月8日にDisney+で全世界に配信されます。
『レット・イット・ビー』の修復は、ビートルズのニュースが氾濫している最中に届いた。今月初め、ポール・マッカートニーとジョン・レノンの息子であるジェームズ・マッカートニーとショーン・オノ・レノンが「プリムローズ・ヒル」というタイトルの曲をリリースした。リンゴ・スターも同日、ニュー・シングル「February Sky」をリリースした。
そして2月には、サム・メンデスが2027年に公開予定のビートルズを主人公にした4本の映画を監督すると発表した。



Peter Jackson to release restored version of Beatles’ 1970 documentary Let It Be on Disney+

Comments 0

There are no comments yet.