fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

タイムライン: LET IT BE (映画)、これでレット・イット・ビーの歴史が分かる!

管理人さん

管理人さん

タイムライン: LET IT BE (映画)

let it be film



1969年: 1月にビートルズのために提案されたテレビスペシャルとアルバム「Get Back」のために撮影されたビートルズの16mmフィルム。監督はマイケル・リンゼイ=ホッグ。

1969年: ビートルズ全員が7月20日に映画のラフカットを鑑賞。監督のマイケル・リンゼイ=ホッグによれば、公開されたバージョンよりも約1時間長かったと回想されている。

1969年: 映画とアルバムは当面の間保留され、新しいアルバム「Abbey Road」が録音されてリリースされる。

1969年-70年: 3本の映画契約をUnited Artistsと履行するために、映像が再編集された。

1970年: 劇場公開。映画は35mmにブローアップされ、音声はモノラルで、タイトルは「Let It Be」に変更されました。

1975年: BBC 1がボクシングデーに映画を放送。16mm版、モノラル。

1979年: 4年後、BBC 1が再び映画をボクシングデーに放送。16mm版、モノラル。

1980年: ジョン・レノンが亡くなる。

1981年: 35mmフィルムのパンアンドスキャンでのホームビデオリリース(アメリカ):VHS、ベータマックス、レーザーディスク、ビデオディスク。20th Century Fox/Magnetic Video Corporation製。モノラル。

1982年: 16mmクロップ版のテレビ放送(UK)BBC TV。モノラル。

1983年: テレビ放送(西ドイツ - Bayerische Rundfunk)。16mm版、モノラル。他のいくつかの国、フィンランドやオーストラリアなどで映画がテレビで放映されましたが、完全な概要はありません。もちろん、映画は1970年代にもテレビで放映されました。

1992年: オリジナルの16mmフィルムがロン・ファーマネクによってAppleのために復元され、音声はマルチトラックが存在する場合はファーマネクによってリマスターされたステレオで混合されました。

1995年: 映画とアウトテイクからの復元映像が「The Beatles Anthology」TVシリーズで放映されました。

1997年: VCI(UK)が「Let It Be」をVHSでリリースする予定を発表。しかし実現せず。

2001年: ジョージ・ハリスンががんで亡くなる。

2002年: ポール・マッカートニーが「Let It Be…Naked」と同時にDVDリリースの計画を発表。

2003年: オリジナルの16mmフィルムとアウトテイクがボブ・スミートンによって復元される。

2003年: 「Let It Be…Naked」アルバムがリリースされる。映画のアウトテイクがアルバムのプロモーションに使用されます。DVDには映画は含まれていません。

2003年: 映画監督リンゼイ=ホッグが、映画とアウトテイクの2枚のDVDが2004年に発売されると述べる。

2004年: 3枚組バージョンのレビューがオンラインに登場。

2005年: 「The Toronto Sun」がボブ・スミートンとのインタビューを掲載し、DVDがその年に発売されると述べる。

2006年: 米国のラジオ番組で、ボブ・スミートンがDVDが2006年の3つの可能な発売日について語る。

2007年: Apple Corps Ltdがletitbemovie.comのドメイン名を登録。

2007年: ニール・アスピナルがこの映画はまだ物議を醸すので公開できないと語る。

2008年: ヨーコ・オノがDVDはまだリリースされないと述べる。

2008年: 「The Daily Express」(UK)がポールとリンゴによってDVDがキャンセルされたと報じる。

2009年: 未確認の「内部関係者」がヨーコ・オノがリリースをブロックしていると主張する。

2009年: ペンシルベニア州フィラデルフィアの映画クラブで劇場上映。プリントは良いが、モノラル音声が悪い。

2010年: BBCラジオ番組が将来のリリースのためにDVDが検討されていると述べる。

2011年: オリジナルのフィルムとアウトテイクが将来のリリースのために再度高解像度で再転送される。

2012年: 「Love Me Do」の50周年記念日に映画がリリース予定だったが、再度計画が中止される。

2012年: リチャード・ポーターが内部関係者から映画が2014年または2015年にリリースされる可能性があるとの情報を得る。

2012年: リンゴが「いつかそれは出るだろうが、今はそれについて考えていない」と述べる。

2013年: 「Let It Be…Naked」アルバムがiTunesでリリースされ、2003年に編集された「Get Back」と「Don’t Let Me Down」の2つのビデオがダウンロード可能になる。両方ともオリジナルの「Let It Be」映画のアウトテイクから編集されました。

2013年: 「Help!」、「Magical Mystery Tour」、「Yellow Submarine」が修復されてBlu-rayでリリースされる。

2014年: 「A Hard Day’s Night」がBlu-rayでリリースされる。

2015年: リンゴが「Let It Be」は最終的にリリースされると確認するが、今年は違う。

2015年: 1992年に制作された未発表の修復作品の最後の34分がYouTubeにアップされる

2015年: AppleがビートルズのプロモーションビデオのコレクションをBlu-rayとDVDでリリース。映画からの素材は修復されていないように見えます。これにより、Appleが修復されたバージョンを後日の単独リリース用に取っておくという推測が生まれます。

2016年: ブートレッグ会社HMCが1992年のリストア映画をDVD + CDパッケージでNTSC形式、アスペクト比4:3でリリースしますが、画像の下部が切り取られています。

2016年: ポールがRolling Stoneに映画のリリースを内部で促進し続けていると語る。

2017年: 2月の映画の撮影監督トニー・リッチモンドのインタビューで、「その後、私たちはDVDのためにリマスターしましたが、映画で使用されていない多くのアウトテイクがあり、それがすべてのビートルズの間の不和を示しています。しかし、ジョージ・ハリスンの遺産と彼の妻、そしてヨーコ・オノが辛辣な言葉を見せたくないので、いまだにそれを妨げているのです」

2018年: 新しい映画が計画されています:2018年9月、カナダのケベック州のラジオ局でのインタビューで、ポール・マッカートニーにビートルズの「Let It Be」映画の運命について尋ねられました。 「私たちはそれについて話し続けています」とポールは確認し、「Appleで会議を開いています」と述べます。ポールは、同じ映像から再編集して新しい映画を作成することについて「何か話がある」と述べ、ポールは「それが1年または2年後に起こるかもしれない」と結論づけます。

2019年: 1月に屋上コンサートの50周年を記念して、ビートルズが利用可能な55時間のGet Back映像から新しい映画が製作されることが発表されました。新しい映画はピーター・ジャクソンによって監督されます。リリース日は発表されませんが、アナウンスメントによれば、新しい映画と同時に復元されたオリジナルの「Let It Be」映画も利用可能になります。しかし、2020年から映画館で新しいドキュメンタリーを上映する計画が立てられていましたが、その年にオリジナルの「Let It Be」映画を上映する計画は立てられていませんでした。

2020年: 12月20日、ピーター・ジャクソンが新作映画の「スニークピーク」を紹介。映像は今まで以上に良く見えます。パンデミックの間、映画はテレビシリーズに変わり、ジャクソンは「Let It Be」アルバムの物語全体を語るためにますます多くの映像を追加し続けています。

2021年: 2021年6月17日、ピーター・ジャクソンの映画がやはり劇場に行くことはなく、3つの2時間のエピソードに拡大され、11月25日、26日、27日にDisney+チャンネルで初公開されることが発表されました。オリジナルの「Let It Be」映画の運命については言及されていません。

2022年: ゲットバックシリーズは、米国でDVDとブルーレイでデビューし、他の地域ではブルーレイのみ。最初の実行に欠陥があるとリコールされ、交換用ディスクの発送に時間がかかります。一方、いくつかの海賊版業者は、公式製品よりも多くの言語を字幕として利用できるシリーズと、時には「レット・イット・ビー」映画のフル本編を含むボーナス素材を備えた、シリーズをフィーチャーした独自の製品をリリースしました。

2022年: Cigar Aficionadoのインタビューで、マイケル・リンゼイ・ホッグは「Let It Be」が発売されると言っていますが、どのように発売されるかはわかりません。「ここ2、3年、撮影監督のトニー・リッチモンドと僕がプリントに取り組んでいたから、まったく違った感じになったし、ジャイルズ・マーティンがサウンドトラックを手がけているんだ」。

2023年: 8月、アメリカのビートルズファン誌Beatlefanが「Let It Be」の再発売が、ジャクソンのクルーによって可能にされたアップグレードされたサウンドトラックを持つ1970年のオリジナルのものと全く同じものであることを報告しました。同時に、マイケル・リンゼイ=ホッグはインタビューで、リリースが2023年または2024年初頭に実現することを望んでいると述べました。

2024年: 「Let It Be」が5月にDisney+ストリーミングプラットフォームでついに利用可能になります。

TIMELINE: LET IT BE (movie)

Comments 0

There are no comments yet.