fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

AT LAST… LET IT BE

管理人さん

管理人さん

AT LAST… LET IT BE

The Beatles Let It Be Teaser



数日前、1970年にマイケル・リンゼイ=ホッグが監督した『Let It Be』のドキュメンタリー映画がついに再び利用可能になるという噂が広まり始めました。昨日、その映画が5月にDisney+でデビューし、今年後半には物理メディアでリリースされることが発表されました。

数時間後、ビートルズの公式ソーシャルメディアアカウントが上記の写真ティーザーを表示し、「There will be an answer」という文が表示されました。これはもちろん、曲「Let It Be」の歌詞からです。そして、たった数日前にポール・マッカートニーがハリウッドボウルでのジミー・バフェットのトリビュートで公演した曲はどれでしょう?

人々はなぜ「Let It Be」の映画が必要なのかと尋ねています。なぜなら、ピーター・ジャクソンの「Get Back」ドキュメンタリーでは、その時代に関してすでに7時間以上の映像が提供されているからです。これは2021年11月以来、Disney+で利用可能です。

「Let It Be」が利用可能である理由は多数あります。ジャクソンのドキュメンタリーで得られる31日の録音の一部が見えることを覚えていますか?屋上コンサートの翌日です。そのときに彼らが録音した3曲、「Let It Be」、「The Long and Winding Road」、「Two Of Us」は、マイケル・リンゼイ=ホッグの「Let It Be」で完全な映像と音声で表現されています。そして、ジャクソンのドキュメンタリーでは屋上セグメントで曲が中断される場面がたくさんあります。リンゼイ=ホッグの映画では、より完全なバージョンの曲を楽しむことができます。

しかし、完全な満足と中断のないコンサートを求める場合は、いくつかのストリーミングプラットフォームから入手可能なアルバム「Get Back (Rooftop Performance)」に頼る必要があります。

リンゼイ=ホッグの映画が利用可能であることは重要です。それはビートルズが一緒にいたときに作られたビートルズの映画の一つであり、「A Hard Day’s Night」、「Help!」、「Magical Mystery Tour」、「Yellow Submarine」と並んでいます。そして、それがディスクで利用可能であることは重要です。なぜなら、他の象徴的なビートルズの映画はどこでストリーミング可能でしょうか?おそらく「A Hard Day’s Night」を見つけることができるかもしれませんが、他の映画は見つけるのを忘れてください。ストリーミング映画は大衆消費市場や一般の人々向けであり、ニッチやカルト映画に興味がある人々向けではありません。

とにかく、心配する必要はありません。物理リリースに関する噂が誤っている場合でも、違法コピー業者はDisney+から録画した映画をすぐに利用可能にするでしょう。

もちろん、今では形式についての憶測が飛び交っており、ジャクソンが「Get Back」で行ったような方法で画質を向上させたかどうかが焦点となっています。新しいリリースは、リンゼイ=ホッグが撮影したシーンと同じであり、ピーター・ジャクソンによって再構築された「Let It Be」になるでしょうか?リンゼイ=ホッグは2022年1月のインタビューで、過去2〜3年間、撮影監督のトニー・リッチモンドと一緒にプリントを作業しており、全体的に異なる外観にすると述べています。ジャイルズ・マーティンもサウンドトラックを作業しています。

元の「Let It Be」映画の1つの問題は、時々間違った音がオーバーダブされていることです。たとえば、曲の別のテイクがオーバーダブされたり、場違いな楽器が選択されたりします。元のものに忠実であるために、これらの欠陥は残されるでしょうか?まもなくわかります。

Let It Be – at last

Comments 0

There are no comments yet.