fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)

管理人さん

管理人さん

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)

ザ・ビートルズは1964年6月11日木曜日の午前7時45分前にオーストラリアのシドニーのマスコット空港に着陸した。オーストラリアツアーは20公演に及んだ。公演日は午後6時と午後8時45分の2回、以下の通り行われた。

アデレード(4公演) - 6月12日(金)、6月13日(土)
メルボルン(6公演) - 6月15日(月)、6月16日(火)、6月17日(水)
シドニー(6公演) - 6月18日(木)、6月19日(金)、6月20日(土)
ブリスベン(4公演) - 6月29日(月)、6月30日(火)

今年6月、ザ・ビートルズの歴史的、そしてヒステリックなオーストラリア訪問60周年を前に、音楽ファンは、アンディ・ニールとグレッグ・アームストロングによる『When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964』の出版により、ツアーの究極のお土産である、最も見事に研究され、組み立てられ、惜しみなく提示された本を購入することができます。

When We Was Fab: Inside the Beatles Australasian Tour 1964 ¥4,951

ザ・ビートルズのオーストラリア・ツアーの重要性は、それを生き抜いた団塊の世代の記憶だけでなく、そうしていればよかったと思う今日のミレニアル世代にとっても、深く重要な意味を持ち続けている。それは、音楽のせいだけでなく、特定の年齢のオーストラリア人にとって「いつどこで起こったのか」という稀有な瞬間の1つとして残っています。ザ・ビートルズのオーストラリアでの2週間は、二度と届くことのないような大群衆と大衆の喝采によって特徴づけられた。

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)1

雨の中、シドニー空港で下船し、キングス・クロス・ホテル(現在はマクリー・ストリートのアパート)から観客に挨拶するシーンは、国民の心に刻み込まれている。閑散としたアデレードでは、世界のポップ・ヒーローを一目見ようと、30万人もの人々が通りを埋め尽くしました。この歓迎は、ファブ・フォーを歓迎した史上最大の群衆として公式に認められています。

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)2

それ以上に、このツアーは、オーストラリア国家の成長における主要なランドマークであり、並外れた文化的転換点であり、わが国の成人期であり、若者と芸術文化の発展を進めるための巨大で永続的な一歩として祝われ続けています。この曲は、60年代の残りの期間と70年代前半のオーストラリアでの舞台となり、ビートルズの目覚ましいキャリアの大きなハイライトであり続けている。そして、前代未聞の熱狂だけでなく、リンゴがツアーの冒頭に不在だったこと(無名のドラマー、ジミー・ニコルを一時的に起用することにつながった)、そしてビートルズマニアが本格的に定着する前にオーストラリアのプロモーター、ケン・ブロジアックと契約を結んだことを考えると、ビートルズ自身もツアーからほとんど収入を得られなかったという事実を考えると、ユニークなものだった。

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)3

このツアーの60周年は、ポール・マッカートニーによるツアーで、昨年大成功を収め、ニュース性に優れたオーストラリア・ツアーに続くもので、その終了はビートルズのニュー・シングル「Now and Then」と重なった。もちろん、これはすべて、2021年に最も視聴されたテレビイベントの1つであった、ピーター・ジャクソンの絶賛されたビートルズ:ゲットバックシリーズの記録破りのリリースに続くものです。ビートルズは今でもどこにでもある音楽的存在です。

イギリスを拠点に活動するニュージーランド人のアンディ・ニール(彼の前作には『ザ・フー』や『ロッド・スチュワート&ザ・フェイセズ』などの著書がある)とメルボルンを拠点とするビートルズの専門家グレッグ・アームストロング(世界で最も長く続いているビートルズのラジオ番組の共同司会者)が執筆・編纂した『When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964』は、この最も並外れたオーストラリア文化の転換点を描いた決定的な作品だ。それは、豪華で目を見張るようなイラストで、前例のない詳細で物語を語っています - オリジナルの文書、プレスの切り抜き、ヴィンテージの記念品、何百もの未発表の写真など、何百もの刺激的でほとんど見たことのない画像を使用して、美しくデザインされています。

20年にわたる徹底的な直接の調査に完全に基づいて、 『When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964』は、このテーマの専門家によって権威を持って書かれています。著者のプロセスには、何百ものオリジナルの新聞、雑誌、ビジネス文書の調達と、プロモーター、サポートアクト、プレス、ラジオパーソナリティ、ビートルズを見るために何千人ものオリジナルファンなど、100人以上の主要な参加者(その多くはこれまで思い出を語っていなかった)への直接のインタビューが含まれていました。その結果、これらの異常な数週間の背後にある膨大な量の新しい情報が初めて現れ、60年間誤って報道された多くの「事実」が修正されました。それは本当に最後の、そして永続的な言葉になるでしょう。

世界はビートルズを愛し、楽しみ続けています。彼らの音楽は、それぞれの新しい世代と共鳴します。2024年6月に60周年を迎えるこのツアーは、オーストラリア全土で大きな関心を集めることは間違いないが、『When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964』は、つばだらけの、光沢のあるフルカラーのコーヒーテーブル・デラックス・ブックで、あのワイルドな数週間にまつわる約1,000枚の画像が収録されている。

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)9

アンディ・ニールとグレッグ・アームストロングによる『When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964』は、ウッズレーンプレス2024年6月1日にリリースされる予定です。

When We Was Fab: Inside the Beatles Australasian Tour 1964 ¥4,951

出版社 ‏: Woodslane Pty Ltd
発売日 ‏: ‎2024/6/1
言語 ‏: ‎英語
ハードカバー ‏:‎312ページ

オーストラリアドルで、$69.99ですので、7,000円…と言う事は、日本のアマゾンの4,951円は安い!
でも、売れると分かるとアマゾンは、価格が高くなる事がありますので、ご予約はお早めに!


amazon UKでも、£30.45ですので、5,900円です。やはり、Amazon.JP、安い!今だけでしょうね~(amazonUKでは6月18日発売となっております)

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)8

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)7

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)6

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)5

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964 (ファブだったとき: ビートルズのオーストラリア ツアー 1964 の内部)4

When We Was Fab: Inside The Beatles Australasian Tour 1964

Comments 0

There are no comments yet.