ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

「もう一度会いたくなる人の仕事術」著書:千田琢哉。読みやすく分かりやすいビジネス書です。

「もう一度会いたくなる人の仕事術」著書:千田琢哉。読みやすく分かりやすいビジネス書です。

「もう一度会いたくなる人の仕事術」著書:千田琢哉。読みやすく分かりやすいビジネス書です。

最近、本を手に取って読みますか?
私、電車の中にてネット(タブレットPC)を使ってニュースや社説を見るようにしていますので、本を読む機会が極端に減っています。
本は読みたい、でも、ゆっくり音楽も聞きたい、家に帰れば、嫁さんの話も聞かねばならない、家に帰って報告書の記載もしなければいけない。
そんな中でビジネス書を読もうと言うのは、「これは!?」とか「どうしても…」と思わないと読まなくなってしまった。
しかし、読む機会を与えて貰う機会を作って貰えると、本当に有り難い。
今回、読まして頂いた本は、著者:千田琢哉「もう一度会いたくなる人の仕事術」です。


千田琢哉
プロフィール:愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では、 多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。


となっております。この方が書かれた本は、60冊を超えています。
ビジネス書が中心で、ビジネスマン、経営者、学生など幅広い方への内容となっていますが、20~30歳代へのエールを送るような題名が多い。どの本も評価が高く、愛読されている方も数多く居られるようです。


さて、「もう一度会いたくなる人の仕事術」ですが、ビジネス書としては、先ず、読みやすい。字が大きく、オジサンの私でも見えます。しかも、1ページにポイント(題目)1つ。
合計49項目あります。
始めは「1秒間目が合った人には、会釈する癖をつけておく。」
11項目「仕事を前倒しに仕上げる人は、人望の貯金をしている。」
23項目「最初の質問から本音のストレートで勝負する。」
など、興味深い内容が数多く、納得する内容、既に行動を起こしている事を改めて必要な事なんだと思い返す事、これは出来ていないので、してみようと思う事などを感じていますが、反対にこんな内容もあります。


13項目「メールの件名に「大至急」という文字を入れない。」
これは笑ってしまいましたね…イイのかな…「急いでくれ」とメールが来ているのに、見なくて…!?


これは出来ないかも…と思ったのが…
「遅刻した場合、最低4回お詫びする。」
事前に連絡したり、商談の最後にお詫びを述べて終わる事はありますが、それ以上は…何だかシツコイような気がしますが…


色々な事を思い返す事が出来るビジネス書です。気楽に、しかも、すぐに読める事も、この本の人気の1つでしょうね。
この本を参考にさせて頂いて、このブログにも役立てたいですね!
では、皆さんとは、また、このブログでお会いしましょう!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/764-6ad95211