ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

DIRE STRAITS  「Industrial Disease」 「Going Home」 ダイアーストレイツ 公害病とゴーイング・ホーム

DIRE STRAITS  「Industrial Disease」 「Going Home」 ダイアーストレイツ 公害病とゴーイング・ホーム

最近、中国の大気汚染について、更新していますが、ちょっと休憩…
この音楽でお楽しみ下さい。


演奏は、DIRE STRAITS(ダイアー・ストレイツ)
曲は、「Industrial Disease」(公害病)



如何でしたでしょうか?
公式な映像でありませんが、ご覧になられた方は、一同に「Funny」だと…


「Industrial Disease」は、ロックンロール調で軽快なリズムですが、深刻な公害について、リズミカルに診断する医者が、「これは公害病だね」「チーン!」と、次から次へとベルトコンベアーの如く、患者を裁いて(診察して)いく様子が語られています。
この曲、なんと、アメリカのみシングル・カットされたんです。


因みに、この曲は、「ラヴ・オーヴァー・ゴールド』(Love Over Gold) (1982年発売・英国1位)に収録されています。アルバムなのに、5曲しかありません。それ程、どの曲も長~いのです。
1曲目は、なんと14分あります。電信柱(Telegraph Road)だけが残る「枯れゆく街」の様子を歌にしています。


この歌「公害病」は、当時のツアーで必ず演奏されたのに、発売されたライブ盤「アルケミィ〜ダイアー・ストレイツ・ライヴ」( Alchemy, live )(1984年発売)では、カットされていました。
私も当時、万博会館で彼らの演奏見ましたけれど、確かに演奏されました。


病院でも会社でも「チ~ン!」とされないように、軽快に行きましょう!!
ところで、公害、公害と言っていますが、ここで、環境を守る事も考えましょう。
映画「Local Hero」でも見ながら…




演奏は、Mark Knopfler(マーク・ノップラー)。曲は、「Going Home 」です。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/763-a1839c4d