fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ブルーノ・マーズやテイラー・スウィフトは来日するのに、なぜメタリカは来ない?来日が成功する洋楽アーティストの明暗

管理人さん

管理人さん

ブルーノ・マーズやテイラー・スウィフトは来日するのに、なぜメタリカは来ない?来日が成功する洋楽アーティストの明暗

ブルーノ・マーズやテイラー・スウィフトは来日するのに、なぜメタリカは来ない?来日が成功する洋楽アーティストの明暗

ブルーノ・マーズが「ヘビーローテーション」カバーで大バズり、テイラー・スウィフトが東京公演の直後にプライベートジェットでスーパーボウル観戦へ──。大物アーティストの来日で洋楽を身近に感じる話題が増えているが、一方で円安の影響等で来日が遠ざかっているバンドもある。メタルファンのライターが現状を分析する。AERA 2024年2月26日号より。

 プロ野球がオフシーズン真っ只中の1月と2月、東京ドームでは多くのコンサートが開催されて賑わっている。その中でも今年顕著だったのが洋楽アーティストの来日公演だ。1月はブルーノ・マーズが実に7公演。ビリー・ジョエルとエド・シーランが1公演ずつ。2月はテイラー・スウィフトが4公演、クイーン+アダム・ランバートが2公演、これに加えてK-POP系の公演も4回行われる予定だ。

ブルーノ・マーズが「ヘビーローテーション」カバーで大バズり、テイラー・スウィフトが東京公演の直後にプライベートジェットでスーパーボウル観戦へ──。大物アーティストの来日で洋楽を身近に感じる話題が増えているが、一方で円安の影響等で来日が遠ざかっているバンドもある。メタルファンのライターが現状を分析する。AERA 2024年2月26日号より。

プロ野球がオフシーズン真っ只中の1月と2月、東京ドームでは多くのコンサートが開催されて賑わっている。その中でも今年顕著だったのが洋楽アーティストの来日公演だ。1月はブルーノ・マーズが実に7公演。ビリー・ジョエルとエド・シーランが1公演ずつ。2月はテイラー・スウィフトが4公演、クイーン+アダム・ランバートが2公演、これに加えてK-POP系の公演も4回行われる予定だ。

昨年は7年ぶりのニューアルバム「72シーズンズ」もリリースし、4月からはそれに伴うワールドツアーもスタート。各地で金曜と日曜に公演を行い、2日間で同じ曲は演奏しないという特殊な形式で、ツアー日程には数万人規模のスタジアムがズラリと並んだ。

 8月にはテキサス州アーリントン公演のライブ映像を世界中の映画館で上映。ここで日本のファンも、大規模な演出が次々に繰り出される圧巻のパフォーマンスを堪能。来日への期待をさらに膨らませたが……来日ツアーのアナウンスは一向にない。

 大物アーティストの来日が次々に行われているのに、メタリカはなぜ来ないのか。メタルでは日本を代表する音楽評論家の伊藤政則氏はこの理由について「けっこう悲しい話になるんだけども……」と切り出した。

日本では状況が特殊
「僕もたくさんのファンから『メタリカはいつ来ますか』って聞かれるんだけど、それは君たち次第だよと。1人が200人ずつぐらい友達を連れてこないと実現は難しい状況だから。何万人も動員している海外では、それこそテイラー・スウィフトやエド・シーランも聴くような人もメタリカのライブに行っている。でも日本では、メタルファンはそういったアーティストも聴くんだけども、逆にテイラー・スウィフトやエド・シーランが好きな人はメタリカを聴いていない。メタルのライブには『メタル好き』しか来ないのが一番の問題だね。これでは大規模動員は見込めない」

 海外アーティスト招聘に携わるウドー音楽事務所の招聘興行グループ部長・一之瀬亮氏もこの点には同意見だ。

「『ヒットしているものは何でも聴きます』という人がたくさん来ないと、ドームクラスの会場は埋まりません。洋楽の中でもロック、特にメタルに関して日本では状況が特殊で、メタル人気そのものが村社会的というか、メタリカで言えば80年代のファンがそのまま年を取っているようなイメージなんですよね」

ヨーロッパや南北アメリカではメタルフェスが多数行われており、どれも大盛況だ。筆者は昨年10月、カリフォルニア州で行われた巨大メタルフェス「パワートリップ」を現地で鑑賞したが、広大な会場を埋め尽くした観客の中には老若男女、家族連れも含め実に幅広い層が含まれていた。これは日本のメタルフェスでは見られなかったことで、しかも日本最大のメタルフェス「ラウドパーク」は2017年を最後に開催休止となっている(2023年に「一度限り」として復活)。

「パワートリップは、前の方のエリアにはセレブがいっぱい来ていた。日本じゃメタル系のライブにセレブなんていないでしょ? 彼らが来るのはせいぜいローリング・ストーンズやマドンナあたりまで。欧米では音楽は日常のものなんだけど、日本ではいまだに、ロックは心のどこかで『黒船』のままなんだよね」(伊藤氏)

欧米と日本でこれほどの「メタル格差」が生まれてしまったのはなぜなのか。そのカギの一つはメタリカが1991年に大ヒットさせたアルバム「メタリカ」だったと、伊藤氏は語る。

「『エンター・サンドマン』というバンド最大のヒット曲も生んだあのアルバムで、メタリカはそれまでの速くてザクザクした音楽性を転換した。それでファンの裾野が大きく広がって、彼らのライブにも『普通の人』が来るようになったんだけど、メタルファンからは『裏切り者』とか『メタルじゃない』と大ブーイングだったんだよね。特に日本ではその声が強くて、メタルの外側にファン層が広がっていかなかった。これは日本のメディアの問題かもしれない。日本には音楽を正しく解釈して俯瞰できるジャーナリストがいなくて、『メタリカはメタル』という認識のまま。だから他ジャンルとのファンの流動性が確立されなかったんだよね」

円安で経費が高騰
 そうした“内部事情”に加えて、外的要因も大きい。特に海外アーティスト招聘で問題となっているのが近年の円安だ。

「ほとんどの場合ギャランティーはドル建てで、われわれはいわば輸入産業なので、円安の影響はかなり大きいですね。そもそも輸送費や航空運賃などあらゆる経費が高騰していて、世界的に開催経費が上昇している上に、この円安ですからね。さらに日本は経済力を上げてデフレマインドを転換させないと、娯楽に回せるお金は減る一方なので。そういった諸条件が重なって、大多数の動員が確実なアーティスト以外は、なかなか折り合わない」(一之瀬氏)

今回話を聞いた伊藤氏と一之瀬氏、両者から共通して聞かれたのが、「バンドのせいではない」という言葉だった。

「バンドは日本に行きたかったとしても、その周りでビジネスをしている人間の感覚はまた違うからね」(伊藤氏)

「バンドのせいというわけではなく、やはり日本側の問題だと思いますね。今のギャランティー、興行規模に合う動員数を見込めるかという点で、ウチを含めて二の足を踏む同業他社はいっぱいいると思いますよ。『日本に来てくれ』というなら、振り向いてもらえる何かを提示しないといけない。それが高額のギャランティーなのか、会場規模なのか。でもそうなると、その原資はどこから?という問題になってきます」(一之瀬氏)

来日待たれる大物も
 日本でメタリカが見たいファンは、今からでも100人単位で仲間を増やす努力をするしかないのかもしれない。伊藤氏は「悲しいけど、現実なんだよ」と話を締めくくった。

 この話は何もメタルに限った現象ではない。新譜が出て来日が待たれている大物という点では、例えばローリング・ストーンズにも言えることなのである。
(ライター・高崎計三)

※AERA 2024年2月26日号
※AERA dot.より転載

ブルーノ・マーズやテイラー・スウィフトは来日するのに、なぜメタリカは来ない?来日が成功する洋楽アーティストの明暗

Comments 2

There are no comments yet.
KK
特定のジャンル

特にメタリカの初期ファンでジャスティスまで好きで聴いていました。コンサートにも行きました。72シーズンズも聴いてます。

欧米中心に大衆の人気を獲得したバンドなのに日本では特定のマニアの音楽になってるのことが問題なのかなあ。国民性もあるでしょう。100人友達連れてきて〜っていうのもなんだか難しそうです。

管理人さん
管理人からKK様へ
Re: 特定のジャンル

KK様 メタリカへのコメントありがとうございます。
メタリカに限らず、米国と日本の観客動員に差があると、なかなか日本に来て頂けませんね~
でも来られないと日本でのファンも増えないと思うのですが…
ブーム作りもプロモーターのお仕事ですから、仕掛けて欲しいですね。
マーク・ノップラー、ブルース・スプリングスティーン、来てね~!