fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

サム・メンデス、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人のビートルズ伝記映画を監督へ

管理人さん

管理人さん

サム・メンデス、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人のビートルズ伝記映画を監督へ

サム・メンデス、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人のビートルズ伝記映画を監督へ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが全4作品に出資、2027年劇場公開予定

イギリス人監督サム・メンデスが、ビートルズの伝記映画4本を監督することが決定した。各メンバーの視点から描かれ、1970年のバンド解散に至るまでの物語だ。この4作品はすべて「革新的でエキサイティングな方法で」2027年に劇場公開される予定で、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが資金と配給を担当する。

また、メンデスは英国を拠点とする自身の会社ニール・ストリート・プロダクションを通じて、ピッパ・ハリスとジュリー・パスターとともに映画を製作し、ビートルズが設立したマルチメディア組織アップルコープス・リミテッドはエグゼクティブ・プロデューサーとして参加する。

ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、そして故ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの遺族が、ビートルズの全生涯と音楽を脚本映画化する権利を持つのは今回が初めて。

アメリカのキャメロン・クロウ監督は、2001年公開の映画『バニラ・スカイ』のためにポール・マッカートニーの新曲を確保する方が、もともと脚本で言及されていたビートルズのヒット曲の使用許可を得るよりも簡単だったという。

しかし、バンドと映画との関係は常に強く、ファブ・フォーは早くも1960年代に自身の映画に出演し(1964年の影響力のある『A Hard Day's Day』を含む)、ジョン・レノンとリンゴ・スターは共にいくつかの映画に出演し、ジョージ・ハリスンは(特に1978年のモンティ・パイソンの長編映画『ライフ・オブ・ブライアン』に資金を提供するために)制作会社HandMade Filmsを設立し、ポール・マッカートニーは1984年に『Give My Regards to Broad Street』というタイトルの自身のミュージカルを書き、主演した。

彼らは数多くのドキュメンタリーの題材となっており、たいていは一流のタレントが関わっている。マーティン・スコセッシは2011年に『ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を監督し、ピーター・ジャクソンは『ザ・ビートルズGet Back』を制作するためにアップルの保管庫への立ち入りを許可された。

Sam Mendes to direct four separate Beatles biopics for John, Paul, George and Ringo

Comments 0

There are no comments yet.