fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

Paul McCartney Playing Surprise Valentine's Day Show At Irving Plaza ~ 2015年2月14日より

管理人さん

管理人さん

今日は、2月14日、バレンタインデーと言う事で、2015年2月14日に行われたポールのライヴについて、内容を追加して再掲載させて頂きます。

Paul McCartney Playing Surprise Valentine's Day Show At Irving Plaza

Paul McCartney Playing Surprise Valentine's Day Show At Irving Plaza

ポール・マッカートニーとOUT THEREの旅をする番外編です。
ついにポールの2015年が始動します。その初めは、なんとキャパシティ1,025人のIrving Plaza(アービング・プラザ)です。
プラザ?どこかのスーパーマーケット?ショッピングモール?いえいえ、由緒ある会場なんですよ。



この劇場はニューヨーク市マンハッタンにあります。アメリカにとっても、ベスト50に入る会場であります。1978年、the B-52s, Talking Headsらが演奏され、イギリス・New Waveの最高の場所とされています。

そんな小さな会場でポール・マッカートニーが演奏するとあって話題沸騰です。
先ず、話題になっているのが、チケット代。
All Tickets $40 CASH ONLY—Limit One (1) Per Customer お一人、1枚限りで40ドル!
ONLY AT THE IRVING PLAZA BOX OFFICEにて発売されていましたが、勿論既にSoldOutです。

Irving Plaza paul show

40ドルって、驚きです。でも、OUT THERE TOURのような3時間弱の演奏ではなく、花火もなく、スクリーンもなく、ギグって感じの演奏でしょうね。ワタシ的には、その方がイイので、ぜひ一度日本でも開催されて欲しいです。


ポール、到着!

Paul McCartney Playing Surprise Valentine's Day Show At Irving Plaza 到着

ニューヨークは雪が降っていますね。
演奏時のポールの服装にもご注目


リハーサルの様子です。by MJKIM

Paul McCartney Playing Surprise Valentine's Day Show At Irving Plaza soundcheck

Paul McCartney Playing Surprise Valentine's Day Show At Irving Plaza Rehearsal

さすがに、こじんまりとしています。

更に注目は演奏曲です。特に1曲目!これまで、「Eight Days A Week」「Magical Mystery Tour」「Hello Goodbye」が多いのですが、日本公演での1曲目にも影響するかもしれませんので、注目しています。そのセットリストは!

Irving Plaza paul live

Irving Plaza setlist

1曲目、エッ!?Eight Days A Week!
やっぱり?当然?と、言うことは…どうなる日本公演の1曲目!?

Irving Plaza paul live2

Irving Plaza my Valentine

ポールは午後11時頃にステージに上がり、妻のナンシーに捧げられた「My Valentine」でバラの花びらを落とすなど、2時間のクラブセットで灼熱の演奏を披露した。

Irving Plaza paul3

Irving Plaza paul best

ベスト姿のポールも珍しいです。

NYTimesより
休日、曲名、そしてテレビ出演前の自由な夜は、ポール・マッカートニーが土曜の夜にアーヴィング・プラザで突然のショーをブッキングするのに十分な口実だった。
収容人数は約1,000人で、彼が普段見出しを飾るアリーナよりも桁違いに小さい。「これは私たちにとっての変化です。僕らは大きなステージをやるんだ」、「ここでは、私たちは間近で個人的にいます。私の歯科治療が見えるほど近くで」

日曜日、ミスター・マッカートニーは「サタデー・ナイト・ライブ」の40周年記念ゴールデンタイム特番に出演する予定だった。しかし、土曜日はバレンタインデーでもあり、ミスター・マッカートニーは「今夜は愛がすべてだ」と宣言した。
セットの途中で、彼は「今晩のポイント」にたどり着きました。2012年のアルバム『Kisses on the Bottom』に収録されているマイナー・キーのバラード「My Valentine」を妻のナンシー・シュベルに捧げ、満員の観客に赤い紙吹雪の花びらが降り注いだ。
約100分間のコンサートは、マッカートニーが昨年ワールド・ツアーで披露したセットの要約ヴァージョンだった。彼は明らかに尊敬する1950年代のオールディーズを何曲か聴いていた。クリケッツの「It's So Easy」や、さらに良いことに、カール・パーキンスの「Matchbox」は、ブルースをベルトで締め、ロカビリーに根ざした尖ったリードギターを披露する機会を与えてくれた。

Irving Plaza 日本時間2月15日15時前に終了したようです。お疲れ様でした。

※動画は別内容になっております。

Comments 0

There are no comments yet.