fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

1966年にビートルズが描いたアートワークは約174万ドル(約2億5500万円)で落札

管理人さん

管理人さん

1966年にビートルズが描いたアートワークは$ 1.7Mで落札

1966年にビートルズが描いたアートワークは$ 1.7Mで落札

ビートルズが1966年に制作したアートワークが、1,700万ドル以上で売却されたと、美術品や高級品の取り扱いで知られるクリスティーズが発表しました。

クリスティーズのウェブサイトによれば、「彼らはあらゆるものに特別なクオリティの印を押した」とし、「その一環として、彼らが東京のホテルの一室で制作した大きな、カラフルな絵画も含まれています。これは題名が『Images Of A Woman』として知られるものです」と述べています。

クリスティーズによれば、バンドは1966年に東京のヒルトンホテルの大統領スイートでこの絵を描き、そのホテルは「ビートルズが日本で過ごしたほとんどの100時間の間、贅沢で派手な牢獄であった」と説明しています。

彼らの人気のため、どこに行ってもファンが狂乱して彼らを取り囲みました。彼らの最初の映画『A Hard Day's Night』のオープニングでは、ジョン、ポール、ジョージが星に取り憑かれた若い女の子や女性の群衆に追われ、ジョージが歩道に顔を突っ込む場面が描かれています。

ファブ・フォー(ビートルズ)と一般市民の安全のために、彼らはコンサートの合間にホテルに閉じ込められました。

ビートルズは何かすることを探し、見つけました。そして、訪問者を受け入れました。多くの人が贈り物を持ってきました。その中には、高品質の美術用具のセットを持って来た人もいました」とクリスティーズは述べています。

クリスティーズによると、「彼らは四つの椅子をテーブルの周りに配置し、その上に細長い日本の上質な紙を広げました」とあります。「椅子はおおよそ四つの角に対応しており、テーブルランプは紙を押さえつけると同時に照らすために中心付近に置かれました。照明の下で作業し、それぞれの男性は自分の角から始めて徐々に中心に向かって制作を始めました。」

絵画の画像には、それぞれの署名が中央に見られます。

ウェブサイトは「仕事が終わると、彼らはテーブルランプを取り外しました。その台座が中央近くに大きな白い円を残したため、ここに彼らはそれぞれ自分の署名を置き、それに隣接して自分の芸術を描きました」と述べ、その絵をその後、日本の公式ビートルズファンクラブに寄贈したと記載しています。

そして、今ではその絵が約174万ドル(約2億5500万円)で売却されました。

このニュースは、レノンの殺害から40年以上、ハリスンの死から2年以上が経過した後に発表されました。また、21世紀における初で唯一のオリジナルのビートルズの録音がリリースされた後のことです。11月に、「Now and Then」という曲が「Love Me Do」とのダブルA面シングルとしてリリースされました。この曲は、レノンが1970年代に書いた未発表のデモ音源から来ており、それらはヨーコ・オノから元バンドメンバーに提供されました。彼らはこのテープを使って、1990年代中盤にリリースされた「Free As a Bird」と「Real Love」という曲を制作しました。しかし、「Now and Then」を完成させるための技術的な制限がありました。

「The Beatles — Now And Then — The Last Beatles Song」という短編映画が公開され、その制作過程が詳細に描かれました。元のテープでは、レノンの声が隠されており、ピアノが「聞き取りにくい」とポール・マッカートニーが表現しています。「当時は、もちろん、そのような分離技術がありませんでした。」

しかし、2022年になると、今やデュオとなったバンドは、監督ピーター・ジャクソンが2021年に制作したドキュメンタリーシリーズ「The Beatles: Get Back」の制作中に、バックグラウンド音からビートルズの声を分離する技術的な復元方法を利用することができました。そして、彼らはオリジナルのカセットからレノンの声を分離し、「Now and Then」を機械学習を用いて完成させることができました。

Comments 0

There are no comments yet.