ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

若草山の山焼き2013の前は、鹿せんべいとばし大会、花火の打ち上げ。ロケーションの穴場は、あの電機屋の屋上!

若草山の山焼き2013の前は、鹿せんべいとばし大会、花火大会。ロケーションの穴場は、あの電機屋の屋上!

2013年1月26日は、奈良のシンボルの1つである「若草山」で行われる冬の代表的行事、「若草山の山焼き」の日です。

メインイベントの前に、恒例「鹿せんべい・とばし大会」が開催されました。
参加料は300円。優勝者には、なんと「鹿の角のトロフィー」!今年はどなたが優勝したのかな?かなり風が強かったので、風向きや風速によって、かなり違ったと思いますよ。
私、参加した事がありませんが、一度、参加してみたいですね。


そして、18時15分から、大花火打ち上げ!600発ほどの花火が打ち上げられます。
冬の花火も珍しいので、この花火をメインに見られる方が多いのです。
では、どこから見るのが良いのでしょうか?


若草山は確かにまじかに見るのには、近いが一番です。
行かれた人の話では近すぎて、よくわからない?ってな事を言っていましたが…
でも、近くで見るってことは、あの寒い夜を、寒い思いをして見られると言う事ですね…勇気が要ります。エライ。


では、ちょっと離れて、平城京から。広々とした広大な平城京から見るのもイイものです。私、数年前、ここから見ました。若草山の全貌が見え、大極殿をバックにカメラで撮影されている人もチラホラ。望遠で露出調整して撮られると、よく新聞やネットに載っているような写真が撮れるかも。でも、寒いんですよ…この場所、何もない野原ですから…
半端な寒さではありませんので、防寒具が必要です。


有名所では、西の京・大池(勝又池)。薬師寺と若草山が同位置に見えて最高です。素晴らしい写真が撮れると思います。噂ではカメラの砲列だとか…

その他は、若草山見えるところ…と言っても、範囲が広くて、どこがスポットなのか…?
超穴場は、ケーズデンキ柏木店の屋上。これが真正面に近くに見えます。でも、かなり早めに行かれないと、ネットのある隅っこの場所は車で満車です。
実は、若草山の花火は、低いのです。ですから、なるべく見晴らしに障害物がない所を選ばれる事が条件ですね。
西の京周辺でも、何でもない所が良かったりします。
穴場探しも楽しみの1つなれば、イイですね。


さあ!18時30分に、山焼き一斉点火です。
説明では「33ヘクタールの草地に一斉に点火されます。冬の古都の夜空を赤々と染め上げ、山全体が浮かび上がるさまは壮観です。」とされていますが、当然、端からジワジワと燃えるわけですから、若草山の全体がボワー!!っと燃えるわけではありませんので、勘違いされないように。


まあ、一番、美しいのは、あとから掲載される写真かもしれませんね…
2013年、今年も順調に燃え広がる事を願っています。

追伸 もっと穴場は、新大宮・一条高校周辺かな…

奈良・若草山の山焼き!見ました!2013年は満月と花火で最高です。
2013年の山焼きと花火は、↑ こんな感じでした。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/756-1071031f