fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

【ネタバレ】『Band On the Run (50th Anniversary Edition)』 Paul McCartney&Wings

管理人さん

管理人さん

2月2日発売になる「Band On the Run (50th Anniversary Edition)」ですが、海外フォーラムで、ネタバレを掲載していますので、知りたい方だけにお伝えします。

Band On the Run (50th Anniversary Edition)



【アートワークのネタバレ】
・アートワークはYESスタジオによって美しくデザインされています。特に2LPセットは目を引き、カバーの文字や極彩色の写真が刻まれています。

・文字はArchive Collectionと同じスタイル、フォント(ITC American Typewriter)、雰囲気を使用しています。

・ヴァイナルはMiles Showellによって半分の速さでカットされ、Abbey Road Studiosで2023年2月19日に行われました。

・アルバムのアンダーダブバージョンはGeoff Emerickによってミキシングされ、Pete Swettenhamのアシストを得て、AIR Studio、ロンドン、1973年10月14日に行われ、ヴァイナルはAlex Whartonによって切られ、Abbey Road Studiosで2023年3月10日に行われました。

・アンダーダブアルバムのインナースリーヴには、おそらくポールまたはリンダの時代のパスポートのレプリカのようなものが含まれています。ほとんどの日付は意味があります(つまり、1972年8月15日にデンマークをパドボー経由で出発し、1972年6月12日にスペインのアリカンテに入国し、1973年8月29日にナイジェリアのビザ、1971年3月27日にロサンゼルスに到着)、しかし1つの日付が非常に奇妙です。1970年10月20日にル・アーヴルから船でフランスを出入りする。 "I Lie Around"は1970年10月19日にニューヨークで録音され、"The Back Seat Of My Car"と"Rode All Night"は1970年10月22日にニューヨークで録音されました。火曜日と水曜日のためにフランスに飛ぶのは理にかなっていません、当時の衝動的なポールでも。

・CDのポスターには、オリジナルの極彩色のスナップショットが片面に、もう一方には他のコラージュが含まれており、以前には見たことのない素晴らしい極彩色の写真があります。2LPには2つの別々のポスターが付属しています。私はポールと洗濯板の極彩色の写真が含まれていることに少し戸惑っています。以前に本やアーカイブコレクションに含まれていたと思いますが、それはナッシュビルの1974年の写真だと感じていました。

・オリジナルアルバムのインナースリーヴには、MPLとAppleのロゴが両方含まれています。

・アルバムがおそらくすでに製作中だったため、デニーレインへの献辞はありません。

・2CDバージョンのライナーノートには、Day-O(Banana Boat)の要素が1曲で使用されていると述べられています(聞いてみましたが、それは"Piccaso's Last Words"のHo Hey Hoセクションで、PaulがDay-Oの雰囲気で何かをスキャットしています)。2LPにはこの言及が含まれていません。現在はLPの製作にはかなりの時間がかかるため、法務部門は後でこれを発見してCDのアートワークに含めた可能性があります。

・LPとCDの両方がドイツで製造されました。

Band On the Run (50th Anniversary Edition)アンダーダブアルバム

【underdubbed"・ミックスの最初の印象】
私にとって、このアルバムのこのバージョンの驚きは、Jet、1985、Picasso's Last Words、およびLet Me Roll Itです:

・Jetは、その生の状態でもほぼより強力です。ボーカルはより前面に出ており、このミックスは本当にロックしています!最後の方のサックスのラインはまだ抜けていますが、Paulがアドリブでそれを歌っているのが聞こえます。

・1985は、オーケストレーションのない曲のインストゥルメンタルバージョンで、それを聞くのは素晴らしいことです。ハーモニーは既に配置されています。このバージョンでは、シンセサイザーとギターの仕事が本当にフルに表示されており、これは本当にロックしていて、曲を体験する素晴らしくてトリッピーな方法です。

・Let Me Roll Itのリードボーカルは、リリースされたバージョンとは異なります。少なくともヴァーセスではそうです。ミックスは非常にダイレクトでクリーンで、ドライで即座で、オルガンがフルに表示されています。最終バージョンから省かれた導入部には素敵な短い(シンセ?)の輝きがあります。

・Picasso's Last Wordsのハーモニーシンギングは、こうして少し乾いた状態で聞くと非常に良いです。これにより、曲が少し即座に感じられ、変化として曲を聞く素敵な代替方法です。Paulのボーカルの一部は最終バージョンとは異なるようです。クラリネットやフランス語のスポークンワードがないインストゥルメンタルパートを聞くのは素晴らしいことで、本当に素晴らしいギターワークに焦点を当てることができます。Mrs Vandebiltセクションでの異なるスキャットの聞き分け、Day-Oの即興を特集しています。

・Bluebirdはほとんど完全に形成されていますが、ソロ中のサックスワークとハーモニーはまだありません。

TrackList
Band On The Run (Underdubbed Mix)
Mamunia (Underdubbed Mix)
No Words (Underdubbed Mix)
Jet. (Underdubbed Mix)
Bluebird (Underdubbed Mix)
Mrs Vandebilt (Underdubbed Mix)
Nineteen Hundred And Eighty Five (Underdubbed Mix)
Picasso’s Last Words (Drink to Me) (Underdubbed Mix)
Let Me Roll It (Underdubbed Mix)

『バンド・オン・ザ・ラン』50周年記念エディション (SHM-CD)(2枚組) ¥3,960

Paul McCartney & Wings - "Band On The Run" / To celebrate the 50th anniversary  ¥3,240

Comments 0

There are no comments yet.