fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

Paul McCartney&Wingsが50周年記念として、「Band on the Run (Underdubbed)」をリリース

管理人さん

管理人さん

Paul McCartney&Wingsが50周年記念として、「Band on the Run (Underdubbed)」をリリース

Paul McCartney&Wingsが50周年記念として、「Band on the Run (Underdubbed)」をリリース



少なくともそれがポール・マッカートニーとウィングスの「Band on the Run (Underdubbed)」の背後にある考え方です。

デビューから50年、愛されるアルバムがまたしても再リリースされ、今回はボーナストラックを含まずに、元々のラフミックスの後に追加されたいくつかのレイヤーを引き戻すバージョンが登場しました。そのため、「underdubbed(アンダーダブ)」というタイトルです。これはマッカートニーがいくつかのベルやホイッスルを取り除いて元の録音により近づくためにアルバムを再訪したのは初めてではありません。彼は2003年に不運なタイトルの「Let It Be Naked」で、それを行いました。

「Band on the Run」の「underdubbed」バージョンは、U.S.リリースとはわずかに異なる曲順で注目されています。これは、何十年もの聴き込みの後に元のシーケンシングを記憶している人にとっては違和感を感じるでしょう。新しい順序は、マッカートニーのアーカイブで発見された元のテープの並び順を反映しており、「Helen Wheels」は含まれていません。これは、マッカートニーがアルバムに含めるつもりはなかったが、ヒットシングルとなった後に追加されたものです。

曲自体の変更の中には微妙なものもあります。ここではギターリフやエコーが抜けている、そこではバッキングボーカルがないといったものです。他にもオーケストラのオーバーダブがない、タイトルトラックでのボーカルのミスっぽい箇所、そして「Nineteen Hundred and Eighty-Five」ではまったくボーカルがないといった目立つ変更もあります。

では、どちらが良いバージョンなのでしょうか? それぞれ異なります。オリジナルは今でも新鮮で興奮を覚えるものであり、半世紀後もなお素晴らしいサウンドです。それがマッカートニーのビートルズ後のベストセラーアルバムになっている理由があります。

より良い質問は、「アンダーダブ」バージョンを聴くためにお金を払う価値があるかどうかです。その答えはあなたのマッカートニーの熱狂度に依存します。

「Band on the Run」があなたの音楽的なDNAの一部であるなら、「Underdubbed」は面白い代替テイクであり、何があったかを垣間見る窓を提供します。それが興味を引かない場合や、元のバージョンをまだ聴いたことがない場合は、マッカートニーが最初に発表した形で楽しむのが良いでしょう。

『バンド・オン・ザ・ラン』50周年記念エディション (SHM-CD)(2枚組) ¥3,960

Paul McCartney & Wings - "Band On The Run" / To celebrate the 50th anniversary  ¥3,240

Comments 0

There are no comments yet.