fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ビリー・ジョエルの曲で、ポール・マッカートニーが自分で書きたかった曲とは!

管理人さん

管理人さん

ビリー・ジョエルの曲で、ポール・マッカートニーが自分で書きたかった曲とは!

ビリー・ジョエルの曲で、ポール・マッカートニーが自分で書きたかった曲とは!



ポール・マッカートニーは、ビートルズ、ウイングス、そしてソロアーティストとしてのキャリアを通じて無数のクラシックな曲を生み出してきました。しかし、その中でも、ビリー・ジョエルの曲を含むいくつかの曲を自分のものと呼びたいと考えているようです。

当時のマッカートニーは知らなかったが、彼はビリー・ジョエルが音楽のキャリアを追求する決断に重要な役割を果たしました。ビートルズが1964年にアメリカのテレビでデビューしたとき、ジョエルは14歳で、画面に映る光景に魅了されました。彼らは彼から遠く離れた世界から来ていたが、彼の言葉で話しており、ジョエルはファブ・フォーの中で自分自身を見つけました。

ジョエルはかつて「あのパフォーマンスが私の人生を変えた」と回想しています。「その瞬間まで、私はロックを職業として考えたことはなかった。そして、ハリウッドのスターミルから出てきたようには見えない4人の男が、自分たちの曲と楽器で演奏しているのを見て、特にジョン・レノンの顔の表情が、いつも『くたばれ!』と言っているように見えましたのですが、私は『この男たち、彼らに共感できる。これが、私がすることだ。ロックバンドで演奏する事なんだ』。」

それ以降、彼は一歩も引かず、ニューヨークの音楽シーンに没頭しました。何年かにわたり、ジョエルのキャリアはなかなか芽が出ませんでしたが、彼の仕事は最終的に彼をスターにするのを助けたアメリカの音楽プロデューサーのアーティ・リップの注目を引きました。最初の4枚のアルバムは特にチャートに乗りませんでしたが、ビリー・ジョエルの軌道は1977年にシングル「Just The Way You Are」のおかげで変わりました。

このラブソングは、彼の最初の妻エリザベスへのオードとして書かれ、マッカートニーに心を打たれました。マッカートニーは1994年のClub Sandwichニュースレターでこう述べています。「他の誰かの曲を書きたいとはあまり思いませんが、幻想の質問として、私はHoagy CarmichaelとMitchell Parishによる『Stardust』が好きです。それは美しい曲です。そして、ビリー・ジョエルの最初のヒット、『Just The Way You Are』も好きだった、それも書いてみたいと思った曲の一つです。ただし、まずは『Stardust』です。」

彼はさらに「でも、結局のところ、真実は、私がやったことにとても幸運だと感じていることです。もし私がそれらをリストアップし始めると、『The Long And Winding Road』、『The Fool On The Hill』... すべてを理解するのは難しいです。」

このトラックがジョエルの初の大ヒットであったにもかかわらず、ミュージシャンは長年にわたりこの曲に対して複雑な感情を抱いていました。なぜなら、1982年にエリザベスとの離婚があったためです。
「私が交際していた人のために曲を書くたびに、それは長続きしなかった。」と彼は語りました。「それはまるで呪いのようでした。これがあなたの歌です。さようならしましょう、と言うほかない。」


Comments 0

There are no comments yet.