fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニーがマリファナ所持で、日本の刑務所に9日間収監されたとき

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーがマリファナ所持で、日本の刑務所に9日間収監されたとき

ポール・マッカートニーがマリファナ所持で、日本の刑務所に9日間収監されたとき

警告にもかかわらず、ザ・ビートルズは1980年のウィングスとのツアーで250グラムのマリファナを持参して日本に入国し、数年間刑務所に入るところだった

1月16日、多くのファンは、1957年のこの日にキャヴァーン・クラブが発足したと推定して国際ビートルズ・デーを祝いますが、カルテットは1961年までその象徴的な空間で初めて演奏することはありませんでした。しかし、1月16日は、1980年のこの日、ポール・マッカートニーが日本でマリファナ所持で逮捕され、裁判を待つ間、小菅刑務所の独房で骨が発見されたため、彼ら全員の記憶にも残っています。

マッカートニーは1980年1月16日、妻のリンダ・マッカートニーと4人の子供を連れて東京の成田空港に降り立った。そのわずか5日後、彼は自身のバンド「ウィングス」による11公演で全国ツアーを開始する予定だった。東京では、彼らは有名な日本武道館で演奏していましたが、その場所は音楽のためではなく、武道の祭典のために考案されたため、国の最も保守的なセクターの疑いを呼び起こしました。

元ビートルズは、1973年にスコットランドでマリファナを植えたとして逮捕された犯罪歴のために、1975年以来ビザを発給していなかったため、アジアの国に入国するのに何年もかかっていました。その後、彼は再び同じ薬物の所持と使用を含むいくつかの事件を起こしました。それから数年後、ついに日本でプレーするチャンスが巡ってきた。100,000枚以上のチケットが売れましたが、すべてが瞬く間に水泡に帰します。

マッカートニーは、日本人の厳格さと、禁止薬物を持ち歩かないように細心の注意を払うよう警告されていたが、元ビートルズは耳を貸さなかった。ニューヨークから日本の首都の空港に到着した際、税関職員が彼のスーツケースを調べたところ、一見したところ、約250グラムのマリファナが入ったビニール袋が入っていました。



Cuando Paul McCartney pasó nueve días entre rejas en Japón por posesión de marihuana



1月16日になると、今も海外のネットでは掲載されています。
過去の事とは言え、衝撃的な出来事でした。しかも未だに謎…もありますからね…ん…

Comments 2

There are no comments yet.
yama

当時、ジョンは定宿の「ホテルオークラ」に、来日時ポールが宿泊する事を嫌がっていたそうです。
ヨーコ・オノの密告との噂もありますね。
(ジョンの側近 フレデリック・ラインハルト著 「ジョンレノン最後の日々」より)

管理人さん
管理人からyama様へ
Re: 宿泊

yama様 コメントありがとうございます。
ホテルオークラの予定だったのですね…ヨーコさんの話は…ん…都市伝説的な感じもしますが、あの事件についてはポールから事情のコメントはありましたが、それホンマ?って感じです。