fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

2024年、ジョン・レノン『 Mind Games deluxe 』が発売!Part2

管理人さん

管理人さん

2024年、ジョン・レノン『 Mind Games deluxe 』が発売になります。

2024年、ジョン・レノン『 Mind Games deluxe 』が発売になります。

ジョン・レノンは、現在進行中の自身のリイシュー・キャンペーンで、かつてのパートナーであるポールを凌駕している。2010年にマッカートニーがアーカイブ・コレクション・シリーズをスタートさせたとき、同時にレノンのリイシュー・シリーズも発売されたのだが、どちらかというと野心に欠けていた。

スタジオ・アルバムのまともなリマスター盤(およびそれに付随するシグネチャー・ボックス・セット)と2種類のコンピレーション盤(『Gimme Some Truth』と『Power to the People』)はまあまあだったが......。ポールの『バンド・オン・ザ・ラン』デラックス・エディションは、オーディオに関しては完璧ではなかったが、本は素晴らしかった。

2018年まで早送りすると、ジョン・レノンの『イマジン』の4CD+2xブルーレイのデラックス・エディションは、特にオーディオの鑑識的かつ包括的な調査によって、あらゆる点で実現した。新しい「アルティメット・ミックス」がステレオと5.1サラウンドで提供された。トラックの特定の要素(時には未聴の貢献)を分離した「エレメント・ミックス」、エクステンデッド・アルバム・ヴァージョン、アウトテイク、スタジオでの曲の発展を追跡した「エヴォリューション・ミックス」、そしてオリジナルのクワッド・ミックスまであった。2枚のブルーレイ音声により、ほぼすべてがサラウンド・サウンドで提供された。率直に言って、これはそれまでのポールのデラックス・エディションのどれをも吹き飛ばすものだった(彼は9枚をリリースしており、2017年の『Flowers in the Dirt』が当時の最新作)。レノンのデラックス・セットの書籍はマッカートニーのものに匹敵し、莫大な費用がかかるほど手の込んだ豪華なものではないという礼儀があった。イマジン』は4枚のCDと2枚のブルーレイで60ポンド前後だった。マッカートニーは、3CD+DVDの『Flowers in the Dirt』デラックス・エディションからオーディオCD1枚を外し、それでも125ポンドを請求した!

ジョン・レノンのこのクオリティは、1970年の『プラスティック・オノ・バンド』や2020年の『ギミー・サム・トゥルース』でも同様のパッケージで続いている。確かに、これらも順風満帆というわけではなく、『Plastic Ono Band』はより観客を喜ばせる「ベスト盤」のために2021年まで延期され、『Some Time In New York City』はどうやら完成したようだが、2024年7月に発売が決定している『Mind Games デラックス・エディション』への道を作るために、少なくとも当面は頓挫することになった。

CD6枚+Blu-ray2枚の『MIND GAMES The Ultimate Collection』は全72曲収録予定で、新しいステレオ&ドルビーアトモス・リミックスも含まれます。このほか『Mind Games』の2種類のボックスセットも発売予定です。そして、お馴染みの付属ブックはすでに予約受付中です。

Comments 0

There are no comments yet.