fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニー&ウィングス、2024年2月2日に『バンド・オン・ザ・ラン(50周年記念盤)』をリリース

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニー&ウィングス、2024年2月2日に『バンド・オン・ザ・ラン(50周年記念盤)』をリリース

ポール・マッカートニー&ウィングス、2024年2月2日に『バンド・オン・ザ・ラン(50周年記念盤)』をリリース



オリジナル・リリースから50年を迎えるにあたり、MPLとUMeは、ポール・マッカートニー&ウィングスのアイコニックなバンド・オン・ザ・ランの50周年記念エディションを2024年2月2日に発売することを発表しました。

何十年にもわたって史上最高のアルバムリストのフィクスチャ、複数のグラミー賞を受賞した#1スマッシュは、もともと1973年12月にリリースされました。不朽のタイトル曲、世界的なヒット曲「Jet」、切ない「Bluebird」、長年のライブの定番曲「Let Me Roll It」、多面的な「Picasso's Last Words (Drink to Me)」、そしてクライマックスの締めくくりとなる「Nineteen Hundred and Eighty Five」をフィーチャーした『Band on the Run』は、間違いなくウィングス史上最も成功し、称賛されたリリースだ。バンド・オン・ザ・ランの50周年記念エディションはこちらからご体験いただけます。



『バンド・オン・ザ・ラン』の50周年記念盤は、エッセンシャルな1LPをはじめ、さまざまなフォーマットで発売される。このスペシャル・ヴァイナル・エディションは、ロンドンのアビー・ロード・スタジオでマイルス・ショウエルが1973年に録音したオリジナル・マスター・テープを高解像度で転送し、半分のスピードでカットされたものです。シングル・ヴァイナル・アルバムの構成は、アメリカのトラックリストを反映しており、「Helen Wheels」という曲をフィーチャーし、リンダ・マッカートニーのポラロイド・ポスターも貼られている。

2枚組LPのヴァイナル・エディションには、ハーフ・スピードでリマスターされたUSオリジナル・アルバムと、プレミアム・スリップケースに収められた「Underdubbed」ミックス・エディションと題された2枚目のLPが収録されている。このセットには、リンダ・マッカートニーのポラロイドポスターも2枚付属しています。

2枚組CDには、アメリカでのオリジナル・アルバム、"アンダーダビング"ミックス、リンダ・マッカートニーが撮影した両面折り畳み式ポラロイド・ポスターが収録される。『Band on the Run』(Underdubed)もデジタルでリリースされる。
「アンダーダビング」バージョンについて、ポールは「これはバンド・オン・ザ・ランで、今まで聴いたことのないやり方だ。曲を作っていて、追加のギターなどの追加のパートを入れるとき、それはオーバーダブです。まあ、このアルバムのヴァージョンはその逆で、アンダーダビングなんだ」

『Band on the Run』(アンダーダビング)は、バンド・オン・ザ・ランの9曲をオーケストラのオーバーダブなしで初めてデジタルで公開します。未発表のラフ・ミックスは、1973年10月14日にジェフ・エメリックがAIRスタジオのピート・スウェッテナムの協力を得て制作した。トラックリストは、以下に詳述するように新たに注文されたもので、MPLのアーカイブで発見されたオリジナルのアナログテープを反映しています。

最後に、『バンド・オン・ザ・ラン』は、ジャイルズ・マーティンとスティーブ・オーチャードが新たにミックスしたドルビーアトモスでも初めて利用可能になります。

ポール・マッカートニーが輝かしいキャリアの中でリリースした数え切れないほどの名作アルバムの中でも、ウィングスの『バンド・オン・ザ・ラン』は特に高い評価を得ています。このアルバムは『ワイルド・ライフ』と『レッド・ローズ・スピードウェイ』の約束を果たしただけでなく、70年代ロックンロールの旗手としてのウィングスの地位を確固たるものにした。『バンド・オン・ザ・ラン』は、ロック・ラジオのプレイリストを席巻した10年間、サウンドトラックとして、ポールのその後の活動だけでなく、何世代にもわたるアリーナ・ロック・スターの基準を打ち立てることになった。

リリースからちょうど50年経った今でも、『バンド・オン・ザ・ラン』は相変わらず活気に満ち、関連性があり、この壮大なマイルストーンに到達したことは、その素晴らしい物語をもう一度祝うに値する。

1973年の夏までに、ポールは新しいアルバムのために新しい曲を録音していた。EMIの海外スタジオのリストを見て、彼はナイジェリアのラゴスをレコーディングの場所に選び、アフリカでのレコーディングのアイデアに夢中になりました。脱退の数日前、リード・ギタリストのヘンリー・マッカローとドラマーのデニー・シーウェルがバンドを脱退した。ウィングスは今や、突然、三人組になった。ポールと妻のリンダ、そしてバンド・メンバーのデニー・レイン(そしてレコーディング・エンジニアのジェフ・エメリック)は、ラゴスのスタジオの比較的初歩的な条件で、2ヶ月かけて新曲を作り上げた。ある夜、ポールとリンダが友人の家から家に帰る途中、ナイフを突きつけられて強盗に襲われ、泥棒は曲のホームデモ録音のカセットを持ち去った。ポールは、つい最近書いたばかりの曲を思い出すことができました。

3つの異なる動きの組曲のような構造で注目され、タイトルトラック'バンドラン'は明らかなポップヒットではなかったが、それは米国のビルボードホット100を突破し、その親アルバムをチャートのバックアップを推進し、米国と英国の両方で#1スマッシュになり、アメリカで2回以上トップの座に戻る、 そして、オーストラリア、カナダ、イギリスで1974年に最も売れたスタジオアルバムになりました。

「バンド・オン・ザ・ラン」は年々その地位を増している。1975年にグラミー賞を2度受賞した後、2012年にはデラックス・エディション『バンド・オン・ザ・ラン』が3度目の受賞を果たし、2013年にはグラミー賞の殿堂入りを果たした。このアルバムは、ウィングスの決定的なアルバムと見なされており、新しい世代がその天才を発見するにつれて、確固たるファンのお気に入りとなっています。「Nineteen Hundred and Eighty Five」がライヴで演奏されるようになったのは2010年になってからだったが、ポールのソロ・キャリアは衰えることなく続いているため、ライヴ・セットでは定期的に存在感を示している。

ポールは現在、バンド・オン・ザ・ランの曲や、絶賛された「Got Back」ツアーのショーで比類のないカタログで演奏しています。2022年2月にデビューしたポールは、全米で16回の大規模なギグをこなし、2022年6月にはグラストンベリーでデイヴ・グロールと組んで「バンド・オン・ザ・ラン」のスペシャルデュエットを披露し、タイムズ紙が「史上最高のギグ」と評した歴史的なヘッドラインを披露した。


TRACKLIST:
2LP / 2CD Track list:
Disc One – Band on the Run
1. Band on the Run
2. Jet
3. Bluebird
4. Mrs. Vandebilt
5. Let Me Roll It
6. Mamunia
7. No Words
8. Helen Wheels
9. Picasso’s Last Words (Drink to Me)
10. Nineteen Hundred and Eighty Five

Disc Two Band on the Run (Underdubbed Mixes)
1. Band on the Run
2. Mamunia
3. No Words
4. Jet
5. Bluebird
6. Mrs. Vandebilt
7. Nineteen Hundred and Eighty Five
8. Picasso’s Last Words (Drink to Me)
9. Let Me Roll It

1LP Band on the Run
1. Band on the Run
2. Jet
3. Bluebird
4. Mrs. Vandebilt
5. Let Me Roll It
6. Mamunia
7. No Words
8. Helen Wheels
9. Picasso’s Last Words (Drink to Me)
10. Nineteen Hundred and Eighty Five

Digital Formats Band on the Run (Underdubbed Mixes)
1. Band on the Run
2. Mamunia
3. No Words
4. Jet
5. Bluebird
6. Mrs. Vandebilt
7. Nineteen Hundred and Eighty Five
8. Picasso’s Last Words (Drink to Me)
9. Let Me Roll It

Paul McCartney & Wings to release Band on the Run (50th Anniversary Edition) on February 2, 2024

 

    

   

Comments 0

There are no comments yet.