fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

「やあ、BH!僕はここにいるよ!」、ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー

管理人さん

管理人さん

「やあ、BH!僕はここにいるよ!」、ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー

「やあ、BH!僕はここにいるよ!」、ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー

1時間足らずの遅れで、今週の月曜日の公演は、マッカートニーがポルトガル語を話しながら「A hard day's night」を歌うところから始まった。

12月4日(月)夜、ベロ・オリゾンテでのGot Backツアー2日目の公演で、ポール・マッカートニーは日曜の夜よりも遅い20時50分にMRVアリーナのステージに立った。

大渋滞の中、開演時間に間に合った人々は、最初のショーのオープニングを飾った "Can't buy me love "の代わりに "A hard day's night "が選ばれたことで、最初の変更点を見ることができた。

ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー

ダンスフロアとスタンドを埋め尽くした観客は、大声でコーラスを叫んだ。曲目の「Letting go」の前に、ポールは「オーイ、BH!」と観客を歓迎し、「Estou aqui, uai」と少しポルトガル語を話してみようと言って拍手を浴びた。

音楽の流れは初演と変わらず、ビートルズの名曲、ウイングスの曲、ソロ・キャリアの曲などを交互に演奏した。ある時、ポールは象徴的なベースから豪華な色のギターに持ち替え、ウィングスの「Let me roll it」を演奏した。ステージ後方の大きなスクリーンと照明がショーを調和させていた。

ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー1

ショーは「I've just seen a face」と代表曲「A spit of all the danger」でフォーク調になった。ポールはギターを抱えたまま、観客の大合唱を頼りに、落ち着いた雰囲気から「Love me do」のハイ・ボルテージへとオーディエンスを導いた。多才な楽器奏者である彼は、「Dance Tonight」ではバンジョーを弾き、彼のドラマーがドラムスティックを置いてダンスのスキルを披露し、大喝采を浴びた。

そして、熱狂的なファンのために "Blackbird "を演奏した。「この曲は、私の親愛なる友人ジョンのために作ったんだ」。バンドがステージに戻り、「クイニー・アイ」。ポールがステージに立つ前から活躍していたブラス・セクションが印象的だった。

ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー2

ポールは、"trem bom"(良い列車)で観客の熱狂的な反応を期待した。そして、ウクレレを弾きながら、"ジョージ "に敬意を表して "サムシング "を歌った。これもまたカタルシスの瞬間で、全員が一緒に歌った。

神格化されたエンディング
ポール・マッカートニーは、ショーの最後の3分の1を「オー・ブラ・ディ、オー・ブラ・ダ」と歌いながら歓喜に誘い、最後はコーラスを観客に任せた。ビートルズの力強い源流にさらに焦点を当て、彼は「Get back」と「Let it be」を歌い、ダンスフロアとスタンドに置かれた何千台もの携帯電話に照らされながら、ピアノに向かって一人で歌い始めた。

哀愁を帯びた曲とエネルギッシュな曲を交互に演奏するダイナミズムを保ちながら、彼は「Live and let die」で観客のウォーミングアップをし、花火も打ち上げた。そして、ポールは「ヘイ・ジュード」と、思わず一緒に歌いたくなるようなコーラスでファンの気持ちを落ち着かせた。

ベロオリゾンテ・アリーナMRVでのコンサート2日目のポール・マッカートニー3

81歳の頂点に立つポールは、アンコール前のインターバルで2時間30分のショーを終えてタオルを投げ捨てた何人かの聴衆よりもノリノリだった。待ちきれなかった観客は、ビートルズの作品を讃えるアンコールを聴き逃し、ジョン・レノンと一緒に "参加 "する権利を得た。音楽マラソンは、"I Saw her standing there"、"Helter skelter "と対になった "Sgt. peppers "からの抜粋、そして "You never give me YouTube money "と "Golden slumbers "のポプリで幕を閉じた。

'Oi, BH! Estou aqui, uai!', diz Paul no segundo dia de show

 

    

   

Comments 0

There are no comments yet.