fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ビートルズの報道担当者のトニー・バロウは、エルヴィスを訪問した際「退屈な老いぼれ」と発言

管理人さん

管理人さん

ビートルズの報道担当者のトニー・バロウは、エルヴィスを訪問した際「退屈な老いぼれ」と発言

ビートルズの報道担当者のトニー・バロウは、エルヴィスを訪問した際「退屈な老いぼれ」と発言



ビートルズは、やがてエルヴィスに失望していった。しかし、初めて彼に会ったとき、エルヴィスを退屈だと感じたのは彼らのプレス担当者だった。

1965年、ビートルズはカリフォルニアにあるエルヴィス・プレスリーの自宅を訪れた。バンドは興奮を抑えることができなかった。彼らは長年エルヴィスを崇拝しており、ついに彼に会う機会を得たのだ。最初は少しぎこちなかったが、ビートルズのメンバーはエルヴィスに会えたことを喜んでいた。しかし、プレス担当のトニー・バロウにとっては、エルヴィスとの面会は退屈なものだったようだ。

ビートルズ、1965年にエルヴィス・プレスリーを訪問
1965年、数年間の努力の末、ビートルズはエルヴィスと会う機会を得た。

ポール・マッカートニーは、『ビートルズ・アンソロジー』の中でこう語っている。彼とトム・パーカー大佐にとって、僕らはちょっとした脅威だと思っていたんだ。何度も試みたが、トム大佐はお土産を持って現れるだけで、しばらくはそれで済ませた。私たちは払いのけられたとは思っていなかった。結局のところ、彼はエルヴィスであり、あえて彼に会いたいと思う私たちは誰だったのだろう?でも、彼がハリウッドで映画を撮っているときに、彼に会いに行こうという誘いを受けたんだ」。

最初は、彼らの出会いは少し気まずいものだった。しかし、しばらくすると、彼らは落ち着いた。マッカートニーとジョン・レノンはエルヴィスとジャムを始め、ジョージ・ハリスンはマリファナを探し始め、リンゴ・スターはビリヤードを始めた。

ビートルズはエルヴィスとの時間を楽しんだと言い続け、マッカートニーは人生で「偉大な出会いのひとつ」とさえ言った。しかし、バローはそう思わなかった。

「正直なところ、『Careless Love: ピーター・グラルニック著『The Unmaking of Elvis Presley』(邦題『エルヴィス・プレスリーの誕生』)によれば、「正直なところ、エルヴィスは退屈なオバケだった。



ビートルズはトニー・バローよりもエルヴィス・プレスリーに感銘を受けた
ザ・ビートルズは、エルヴィスとの残念な出会いをその後も経験することになるが、この出会いからは幸せな気持ちで立ち去ったという。

「彼は私たちのことを気に入ってくれたと思う。あの時、彼は少し脅威を感じたかもしれないけど、何も言わなかった。確かに敵対心は感じなかった。」

ハリスンはこの出会いを "ツアーのハイライトのひとつ "と語り、レノンはエルヴィスの大きな家に感嘆した。

「とてもエキサイティングで、みんなものすごく緊張していて、LAの彼の大きな家で会ったんだ。彼の周りにはたくさんの男たちがいて、彼の近くに住んでいた男たちばかりだった(僕らがリバプールから来たように。僕らの周りにはいつも何千人ものリバプールの人たちがいたから、彼も同じだったんだと思う)。「ビリヤード台もあった!アメリカの家はそういうところが多いのかもしれないけど、僕らにとってはすごいことだった。

バンドはやがてアメリカ人アーティストに失望していった
この最初の出会いの後、ビートルズはエルヴィスへの信頼を失い始めた。彼のキャリアは下降線をたどり、さらに悪いことに、彼は彼らを恨むようになった。

「最も悲しいのは、何年も何年も経ってから、彼がFBIと非常に大きな関係だったために、私たちをアメリカから追放しようとしたことがわかったことです」とスターは語った。「彼が脅威を感じ、多くの人々と同じように、私たちはアメリカの青少年にとって悪い存在だと考えたのだ。」

The Beatles’ Press Officer Said Elvis Was a ‘Boring Old Fart’ When the Band Visited Him

    

Comments 0

There are no comments yet.