fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニー、"Conversa com Bial "でビートルズがブラジルで演奏しなかった理由を語る。

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニー、"Conversa com Bial "でビートルズがブラジルで演奏しなかった理由を語る。

ポール・マッカートニー、



シンガーは "Got Back "ツアーについて話し、"Now and Then "という曲の詳細についても語った。

今週金曜日(1日)、Conversa com o Bial(ビアルとの会話)はポール・マッカートニーのインタビューを放送し、彼のキャリアと新しいツアーについて語った。O Globo紙によると、彼はビートルズがブラジルに来なかった理由も説明する。


- 本当のところ、僕らはエージェントの言うことを聞いていただけなんだ。彼が "日本に行くんだ "と言うと、"わかった "と言って日本に行ったんだ。だから、もし彼がブラジルのことを言わなかったら、私たちがここに来ることはなかったでしょう。

ポールにとって、このプロセスは年月とともに変化してきた。ブラジリアのクラブ・ド・ショーロで420人を前にサプライズ・コンサートを行ったこのミュージシャンは、今ではより多くの選択権があると明かす。

- ブラジルに行きたいんだけど、可能かな?- と彼は言った。

インタビューでは、ビートルズの新曲『Now and Then』についてのインタビューも行われる

- 他の名曲と並ぶことはないと思っていたのに、そうなっているから驚きだ。歌詞の中でジョンが僕に直接語りかけたと考える人もいる。それを考えるのはとてもクールなことだから、僕はその解釈を受け入れるよ。

ペドロ・ビアルのインタビューでは、11月2日にリリースされ、"ビートルズ最後の曲 "と銘打たれた『Now and then』についても語られ、この曲は、1970年代後半にジョン・レノンが録音したデモから作られた。この曲のインスピレーションについて、マッカートニーは、このように語った。

シンガーは木曜日(30日)、ベロ・オリゾンテ、サンパウロ、クリチバ、リオデジャネイロを回るGot Backツアーの初日、ブラジリアで公演を行った。最終公演日は12月16日です。

全プログラムはJornal da Globoの後、00:45からTV GloboとGloboplayで放送される。



No "Conversa com Bial", Paul McCartney explica por que os Beatles nunca fizeram show no Brasil

        

Comments 0

There are no comments yet.