fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニー、最新の「McCartney: A Life in Lyrics」ポッドキャストでバードウォッチングへの愛を明かす

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニー、最新の「McCartney: A Life in Lyrics」ポッドキャストでバードウォッチングへの愛を明かす

ポール・マッカートニー、最新の「McCartney: A Life in Lyrics」ポッドキャストでバードウォッチングへの愛を明かす

ポール・マッカートニーは鳥類が好きである。このポッドキャストでは、1968年のビートルズの名曲 "Blackbird "と2005年のソロ曲 "Jenny Wren "という、鳥をテーマにした伝説のロックミュージシャンによる2つの楽曲に焦点を当てている。

マッカートニーはこのエピソードの冒頭で、若い頃にバードウォッチングに夢中になり、それが鳥に関する曲をたくさん書くことになった理由かもしれないと説明している。

「子供の頃、バード・ウォッチングが大好きだったんだ。「僕たちは1マイル(約1.6km)離れたかなり深い田舎に住んでいたから、僕はよくひとりで出かけていた。

マッカートニーは、アコースティック・ギターのピッキング・スキルを披露した "Blackbird "の音楽は、ヨハン・セバスチャン・バッハのクラシック曲 "Bourrée in E Minor "にインスパイアされたものだと明かした。

「私はそれを少し入れ替えて自分のものにしただけだが、どこから得たかは分かっていた」とマッカートニーは説明した。

それから彼は、孤独を想起させる "blackbird singing in the dead of night "というフレーズを思いついた。

「この歌詞は、孤独を想起させるものだった。「つまり、リトル・ロック(アーカンソー州)での公民権騒動について書いていたんだ。君の折れた翼」、「沈んだ目」、折れた翼が飛んでいるのを見て、今こそ君が立ち上がり、自由になる瞬間なんだ......そして今、それは単なる鳥類学の作品ではなくなっていた。ある種の政治や、自由と関係しているんだ。

ジェニー・レン」については、マッカートニーは「ブラックバード」との音楽的な類似性を指摘し、両曲ともコードをかき鳴らすだけでなく、指弾きのギター・パートを歌いながら演奏していることを指摘した。

『ジェニー・レン』では、おそらく意図的にもうひとつの『ブラックバード』を書いていたと思う」と彼は認めた。

ブラックバード』同様、『ジェニー・レン』にも世界をより良い場所にしようというメッセージが込められている。この曲は、鳥の一部であり少女の一部でもある人物の物語で、彼女は素晴らしい歌手だが、世の中の問題のために歌う能力を失ってしまう。

「マッカートニーは、「(彼女が声を失ったのは)私たちの愚かなやり方のせいだとわかった。「そして、私たちの社会について、私たちがいかに物事を台無しにしているか、すべてを少し反映するようになった。ああ、彼女はこのことで声まで失ってしまったんだ』ってね」。

マッカートニーは、この曲の歌詞がジェニー・レンが再び歌う "日が来る "ことを約束しており、"それは素晴らしい日になるだろう "と主張していることから、この曲をポジティブな内容で終わらせたと指摘した。

The McCartney: A Life in Lyrics』ポッドキャスト・シリーズは、iHeartPodcastsとPushkinオーディオ制作会社によって共同制作されている。

12エピソードからなる2つのシーズンが予定されており、第1シーズンの新しいエピソードは毎週初公開される。このポッドキャストの最初の10エピソードは、iHeart.com、Pushkin.fm、および様々な人気ストリーミングサービスで聴くことができる。

Paul McCartney Reveals His Love of Bird-Watching in Latest ‘McCartney: A Life in Lyrics’ Podcast


お知らせ
先程、Threads(スレッズ)を始めました。
NAドリのtebichi様からのご推薦です。ポールも、X(旧Twitter)から、Threads(スレッズ)に乗り換えたようですので…

私のスレッズは…
『ゆめ参加 NA Beatles World News』です。「ゆめ参加」で検索すると、beatles.worldnewsが表示されますので、ぜひ、フォロー、よろしくお願いいたします。


では、ここからは、Amazonからの宣伝です。(笑)
        

Comments 0

There are no comments yet.