fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ケネス・ウォマック著『Living the Beatles Legend(ビートルズ伝説を生きる)』書評-長く曲がりくねったローディーの物語

管理人さん

管理人さん

ケネス・ウォマック著『Living the Beatles Legend(ビートルズ伝説を生きる)』書評-長く曲がりくねったローディーの物語

ケネス・ウォマック著『ビートルズ伝説を生きる』書評-長く曲がりくねったローディーの物語



ファブ・フォーの運転手であり、ボディーガードであり、親友であったマル・エヴァンスの詳細なストーリーは、ビートルマニアを間近に捉えている。

クレイグ・ブラウンは著書『One Two Three Four』の中で、ビートルズが何百万もの人生に一瞬のうちに触れ、変化させた方法を詳述している。その中で、時折影から出てくる人物がいる。
キャヴァーン・クラブの用心棒であり、運転手であり、バンドが舗装されたばかりのM6を走り、その先へと旅する際のボディーガードであったマル・エヴァンスである。

1976年、自らの破滅を求めてウィンチェスター・ライフルを振り回した末、ロス市警の一斉射撃で40歳の若さで亡くなったエヴァンズは、その散り散りになった半生を、この徹底的なまでに詳細に綴った本書で、ついにすべてのウォーク・オン・アクターが内心憧れる場所、センター・ステージに立った。

この本は長い間待たれていた。死の間際、エヴァンスは、旅先での日記やメモをもとに、彼の人生を語る出版契約を結んでいた。彼は回顧録の草稿を残していたが、未亡人のリリーによって出版は阻止された。アーカイブと原稿は、出版社の有能な人材によってゴミ箱から救い出され、オノ・ヨーコの協力を得て遺族に返却された。そして2020年、父親が亡くなったとき14歳だったエヴァンスの息子ゲイリーが、音楽学者でビートルズに夢中だったケン・ウーマックに依頼し、その全貌を語ることになった。

リバプールでの無垢な日々、ビートルマニアの耳をつんざくような悲鳴、エド・サリヴァンとアメリカ征服、マハリシ、超自然的な創造性、そして最終的な亀裂と解散など、ジョン・レノンが言ったかもしれないように、福音書よりも私たちがよく知っている物語だが、ここでは未聴の弟子の目を通して語られている。

エヴァンスは自分の天職にすぐに気づいた。それを証明する基礎となる神話があった。1963年1月、グループのセカンド・シングル『プリーズ・プリーズ・ミー』がチャートで上昇する中、エヴァンスはテレビ出演のために彼らをロンドンまで送り届けた。帰路、吹雪の中、フォード・バスのフロントガラスが割れた。エヴァンスはガラスを打ち抜いて衝突を防ぎ、凍傷を防ぐために頭に紙袋(目の穴付き)をかぶって曲がりくねった道を運転した。彼らはその夜のことを決して忘れず、それ以来、モル(Malfunctioning、Malcontent、Malodorousなどさまざまな呼び名がある)はあらゆるマジカル・ミステリー・ツアーに欠かせない存在となった。

彼はこの仕事向きの体格だった。リバプールの学校では「カバ」というあだ名で呼ばれていたが、彼はそのあだ名を気に入っていた。彼は完璧なビートルズ・マッスルだった。ファンの群れの中ではそれらしく見えるが、常に平和のチャンスを与えようとする気質があった。グループの軌道に乗ったとき、彼は27歳で、本業はGPOのエンジニアとして働き、家には赤ん坊の息子がいた。そもそも彼は、昼休みにキャバーンでエルヴィスの曲をリクエストする大男だった。

旅先でのビートルズを特徴づける寛大な精神は、エヴァンスが常に雇われ人以上の存在であったことを意味する。彼は、アスピリン、コンドーム、ギター・ピックといった重要な物資を詰めたドクター・バッグを持ち歩き、ホテルの廊下でドラッグや女性のための信頼できるパイプ役を務めただけでなく、グループの初期の冒険の多くに親友として参加した。ボブ・ディランが1964年にデルモニコ・ホテルで4人にマリファナを勧めたのは有名な話だが、エヴァンスはマリファナを渡されただけでなく、ポール・マッカートニーから後世のためにバンドが初めてマリファナに酔った印象を記録するよう指示された。彼は忠実にノートと鉛筆を持ってマッカートニーの後をついて回った。翌朝、彼らは彼がひとつの文章を書き留めているのを発見した。
"7つのレベルがある" リシケシのアシュラムで、彼は報道陣を抑え、リンゴの朝食やジョージ・ハリスンの誕生日パーティーを企画した。その旅で、何時間も途切れることなく瞑想を続けた後、マッカートニーから、ローディが枕元に立ち、優しく慰めの言葉を繰り返している幻を見たと聞かされたという。 「レット・イット・ビー、レット・イット・ビー"。

この500ページを超える歴史が、非常にゆっくりと、悲劇的な結末に向かって進んでいくにつれて--エヴァンズと彼の家族は、この荒々しく渦巻く体験の激しさによって必然的に破滅していった--一種の教訓物語になっていく。おそらく、ビートルズが彼らのやることをいとも簡単にやってのけたので、エヴァンスの一部は自分にもできると信じるようになったのだろう。バンド解散後、彼はプロデューサーやソングライターとしての道を試した(ジョージやリンゴとのセッションについての彼自身の証言がある)。

1975年には、ニューヨークのファンイベント「ビートルフェスト」にゲスト出演するよう招待され、興奮した。
彼は30分間ステージで思い出話をする予定でしたが、観客は彼を去らせなかった。“最終的には引っ張られる形でステージを去らなければならなかったんです。観客は私にとってとても『応援団』だったからです。”と彼は振り返りました。
この本は、そのイベントが意味する焦点の変化を再現し、エヴァンスが世界を変えるような天才にどれほど近かったか、そしてどれほど遠かったかを描き出しています。
“週末だけビートルズの一員のようなものだった。”と当時彼は書いています。それがそうであり、そうでなかったのです。

Living the Beatles Legend by Kenneth Womack review – a long and winding roadie’s tale

        

Comments 0

There are no comments yet.