fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニー、ブラジルの楽屋への独特な要求

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニー、ブラジルの楽屋への独特な要求

ポール・マッカートニー、ブラジルの楽屋への独特な要求



元ビートルズのポール・マッカートニーは、その名声から想像されるのとは裏腹に、楽屋ではそれほど要求の厳しいスターではない。ブラジルでコンサートを開催する際、ポール・マッカートニーは楽屋で必要なものをリストアップした。

マッカートニーはベジタリアンであり、動物に対するいかなる残酷な行為も否定する。そのため、彼は楽屋での要求の中で、家具のどれにも動物の皮革や動物の皮を模した布地やプリントを使用しないことを強化した。家具は白ではなく、中間色であるべきだ。

As exigências peculiares de Paul McCartney para o camarim no Brasil Leia mais em: https://veja.abril.com.br/coluna/o-som-e-a-furia/as-exigencias-peculiares-de-paul-mccartney-para-o-camarim-no-brasil/



ポール・マッカートニーは、自分の伝統と習慣に固執するアーティストだ。2010年以来、彼のバックステージのウィッシュリストは静かで、変わっていない。

今年は、家具に動物の革や動物の皮を模した布やプリントを一切使わないという要望を強化した。家具の色は中間色で、白は不可。

また、植物は "フル "グリーンで、花はカラフルなガーベラを希望している。

ガーベラの花 ポールマッカートニーが希望する

ポールはシェフと旅をし、各都市でベジタリアン料理専門の地元シェフを雇い、生鮮食料品の買い出しも地元の専門家に依頼する。

もちろん、25枚の黒いハンドタオルも忘れてはならない。

ブラジルの人々は、11月から12月にかけて5都市で8公演行われるポール・マッカートニーの新しいツアー「GOT BACK!」の日を指折り数えている。ブラジルでの最後の公演となる12月16日のマラカナンスタジアムは、永遠のビートルズがブラジルとの恋を始めた聖地である。

ベロ・オリゾンテ公演(04/12)とブラジリア公演(30/11)のチケットはまだ残っている。その他の公演は完売している。GOT BACKツアーは、30Eとのパートナーシップによりボーナストラックが主催し、ブラジルではBanco BRBが提供する。

Veja os pedidos de camarim de Paul McCartney no Brasil

30/11 - ブラジリア、フロリダ州 - BRBアレーナ・マネ・ガリンチャ
03/12 - MG、ベロオリゾンテ - MRVアレーナ(完売)
04/12 - MG、ベロオリゾンテ - MRVアレーナ
07/12 - サンパウロ、SP - アリアンツ・パルケ(完売)
09/12 - スペイン、サンパウロ - Allianz Parque (SOLD OUT)
10/12 - スペイン、サンパウロ - Allianz Parque (SOLD OUT)
13/12 - プリシド州クリチバ - Couto Pereira Stadium (SOLD OUT)
16/12 - RJ、リオデジャネイロ - マラカナン(SOLD OUT)

        

Comments 0

There are no comments yet.