fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ジョージ・ハリスンの未亡人であるオリビアは、ビートルズの「Now And Then」のアートワークにまつわる「驚くべき魔法のような」話を共有しました。

管理人さん

管理人さん

ジョージ・ハリスンの未亡人であるオリビアは、ビートルズの「Now And Then」のアートワークにまつわる「驚くべき魔法のような」話を共有しました。

ジョージ・ハリスンの未亡人であるオリビアは、ビートルズの「Now And Then」のアートワークにまつわる「驚くべき魔法のような」話を共有しました。



バンドの最後の曲が今月初旬にリリースされました。

オリビアは故夫の公式ソーシャルメディアチャンネルに投稿されたビデオで、彼がかつて最後の曲のタイトルが入った時計を買ったエピソードについて説明しました。

「ある日、私たちはお店にいて、ジョージがこの時計を見つけました。それはいくつかのパーツから作られ、スクラブルの文字がいくつかあり、ただ『Now And Then』と書かれていました」と彼女は言いました。「彼はなぜかそれに引かれて、ただそれを壁から取って買ってしまったんです。彼は庭に小さなロシア風の別荘を建て、その時計を掛けて25年間そこに置いていました。」

彼女は昨夏の終わりにそれを掃除してマントルピースに置いたと続けました。

ジョージ Now and then 時計

ハリスンはその後、「電話が鳴りました。ポールからで、彼は『Real Love』と『Free As A Bird』と一緒にカセットテープに入っていた3番目の曲について説明し始めました。私は『覚えている、それは"Now and Then"と呼ばれている』と言いました。そして、私はその時計を見つめて立っていました。」

「私たちは感動し、喜んで、ジョージが手にしていたこのものが、どういうわけか魔法のように現れたことになりました。そして私は言いました、『これはジョージが大丈夫だと言っていると思います』。」

その時計は、シングルのリリースの際のヴァイナル・スリーブの裏にも登場しています。

シングル「Now And Then」のリリースの際のヴァイナル・スリーブの裏

このトラックは、バンドの初のナンバーワンから60年後にイギリスのチャートでトップに躍り出ました。これはバンドの18番目のナンバーワンシングルであり、最後のものは1969年の『The Ballad Of John And Yoko』でした。

「ジョンを失ったとき、本当に終わったと思いました」とマッカートニーは最近のミニドキュメンタリーで述べ、「面白い機会が訪れた」のは1994年のことでした。その時、ヨーコ・オノがレノンのデモのカセットを渡し、マッカートニー、リンゴ・スター、ハリスンがスタジオに入って、それを救い出し、仕上げました。

「Real Love」と「Free As A Bird」は、ビートルズのアンソロジーシリーズの一環としてリリースされました。3曲目については、彼らはレノンの声とピアノの録音の品質が十分ではなかったため救済できなかったと述べました。「ジョンは隠れていた」とスターは言い、「彼がいないことを私たち三人に思い知らせただけだった。」

それは棚上げされましたが、ピーター・ジャクソンの評価された2021年のドキュシリーズ『ゲット・バック』の後、彼はWingNut FilmsのMALオーディオ技術を使用してフィルムのモノサウンドトラックをデミックスし、楽器とボーカルを分離し、個々の声の会話に焦点を当てるのに役立ちました。これはその後、「Now And Then」で使用されました。

「彼らはこれがジョンの声の音だと言って(コンピュータのノイズを模倣しながら)」とマッカートニーは言いました。「数秒後またはどれだけかかったかわからないが、そこにはジョンの声がクリスタルクリアにあった。それはかなり感動的だった。」

スターは「ピーターがジョンを取り上げて彼に独自のトラックを与えてから、まるでジョンがそこにいるかのようだった。それは遠くにありました。」

一方で、ビートルズは本日、クリスマスシーズンに向けて公式のクリスマスセーターを発売しました。

George Harrison’s widow Olivia shares “surprising magical” story about The Beatles’ ‘Now And Then’ artwork

        

Comments 0

There are no comments yet.