fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ビートルズは今もポップの未来を描いています。ニューヨークタイムズより

管理人さん

管理人さん

ビートルズは今もポップの未来を描いています。ニューヨークタイムズより

ビートルズは今もポップの未来を描いています。ニューヨークタイムズより



彼らの最新曲は、金のガチョウが産むことを決してやめなくても済む未来を示しています。

今月初め、ビートルズの新しいシングル「Now and then」のリリースと並行して、このプロジェクトを説明する 12 分 24 秒のプロモーション フィルム(曲自体のちょうど 3 倍の長さ)も公開されました。 なぜ前置きがこんなに長いのでしょうか? 映画のタイトルカードには、これが「最後のビートルズ曲」と謳われていたのです。 しかし、別の目的もありました。それは、非常に見逃せないものでした。

「Now And Then」には、説明だけでなく、厄介なことに正当化も必要です。 この曲は元々、ビートルズ解散後の1970年代後半にジョン・レノンがニューヨークのアパートで録音したデモだった。 1990年代、この曲はオノ・ヨーコがフル・アレンジ曲として磨き上げられる候補としてポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターに提供した録音の一つだった。 そのうちの 2 曲、「Free as a Bird」と「Real Love」は、テレビ ドキュメンタリー、コンピレーション アルバム、書籍の「アンソロジー」シリーズの一部として 1990 年代半ばにリリースされました。 しかし、「Now and then」は、同じオーディオトラック上でレノンのヴォーカルと濁ったピアノを分離する技術的な困難もあり、放棄されました。これは、走り書きされた自分へのメモに相当するオーディオであり、使用可能なスタジオ録音ではありませんでした。 しかし数十年後、2021年のドキュメンタリー「ゲット・バック」の制作過程で、ピーター・ジャクソン監督の制作会社は、録音のコンポーネントを分解するように訓練できる最先端の機械学習アプリケーションを開発した。 ビートルズがアルバム「レット・イット・ビー」を構想し、録音した際に、スタジオやリハーサルホールで撮影された文字化けした映像から、突然、個々のビートルズの声を分離できるようになりました。 この新しいテクノロジーを「Now and then」に適用すると、レノンの歌唱が自由になりました。

プロモーションビデオがこの脱獄を思い起こさせる瞬間、つまり誰もいないスタジオにレノンの顔を並べた単独のナレーション映像を再生する瞬間は、確かに寒気を誘うものである。 ビデオには同様の組み合わせがたくさんあります。 驚くほど保存状態の良い2023年のポール・マッカートニーがテクノロジーの賜物に驚嘆しているのが目に入る。 それから、90年代にまだ生きているジョージ・ハリスンとふざけている彼を見ることができます。 それから60年代後半のひげを生やした家族の男、そして爽やかな顔のリヴァプールの若者が突然スターダムに躍り出た。 時間の崩壊:ビートルズの過去と現在、「今」と「当時」がひとつになり、70年代のレノンの声と90年代の「アンソロジー」セッションでのハリソンの貢献、マッカートニーとスターの最近の取り組み、言葉のないハーモニーの断片さえも重なり合う 60年代のレコーディングセッションや「エリナー・リグビー」や「ビコーズ」などの曲から借用した歌唱。


あまりに感動的だったので、当然の疑問を抱くようになるまで、数日かけて何度か繰り返し観ました。 中心部: もともとレノンが一人で書いた曲を、かつてのバンド仲間に持ち込むつもりはまったくなく、「ビートルズ」の曲のベースとして使用するのは本当に意味があるのでしょうか? 人工知能によって摘まれ、こすられ、かすかに不自然な雰囲気を帯びたレノンのボーカルは、彼にとって受け入れられるものなのか、それとも反発するものなのか? 「これは私たちがしてはいけないことなのでしょうか?」 マッカートニーはナレーションで質問するが、彼も他の誰も、何が問題なのかを正確に説明することはない。 代わりに、映像は、暗黙の反対意見を繰り返し叩きのめすことで答えます。 マッカートニーは昔のバンド仲間に電話をかけることを想像している――「ねえ、ジョン、あなたの最後の曲を仕上げてもらっていいですか?」 そして、レノンの答えを彼に提供する。「言っておきますが、答えは『そうだね!』だったでしょうね。彼はきっとそれを気に入っただろうね!」 ジョンはこのアプローチを「気に入ったでしょう」と息子のショーンも同意します。「彼はレコーディング技術を試すことに恥ずかしがりませんでした。」 ピーター・ジャクソンが監督したこの曲のミュージック・ビデオでは、若き日のレノンが「Now And Then」のレコーディング・セッションにつなぎ合わされている。確かに彼は興奮しているようだ。

「私たちは皆、これで遊んだことがあります」とマッカートニーは言う。 「つまり、これは本物のビートルズの録音なのです。」 一方で、マッカートニー以上にこの信憑性の布告を出す資格のある人がいるだろうか? もう一方では、なぜ彼はその必要性を感じたのでしょうか?

これまでのところ、AI に関する会話の多くは、 ツールとアートは、コンピューター プログラムが独自にどのような「新しい」素材を生成できるかに焦点を当ててきました。 (DALL-E は素晴らしい絵画を吐き出すことができるでしょうか? ミッドジャーニーは本当に良い映画を作成できるでしょうか? ChatGPT は優れた小説を書くことができるのはいつですか?) しかし、「Now and then」の展開は成功し、数日以内にチャートのトップになりました。 イギリスとほぼそこにあるアメリカでも、AI の別の、そして私がよりもっともらしいと思う道を示唆しています。 そしてビジネス文化の本質。 この道は、新しい作品を生み出すソフトウェアとはあまり関係がなく、既存の知的財産、つまりすでに収益性が認められている「コンテンツ」の継続的な収益化を促進する技術の進歩に関係しています。

私たちは、リブート、焼き直し、再公開、続編、前編、スピンオフ、玩具や映画からインスピレーションを得た玩具を題材にした映画が氾濫しています。そして最近のハリウッドのストライキが世間の注目を集める中、映画スタジオは作家の作品や作品の所有権を主張する機会を熱望しています。 俳優の創造的な成果を、コスト削減のための飼料およびトレーニング データとして利用します。 今年の夏、YouTubeはユニバーサルミュージックグループのアーティストによる「ミュージックAIインキュベーター」を導入し、あるニュースリリースによると、「フランク・シナトラの邸宅」も含まれていました。 ピーター・ジャクソンは、ビートルズのアーカイブが新しいツールで再検討されることで、さらに新しい素材が生み出される可能性があることを認めました。 (結局のところ、この人は、J.R.R. トールキンの薄い「ホビットの冒険」を 3 本の長編映画に引き伸ばした男です。) マッカートニーの最近のツアーでは、彼はレノンと「デュエット」を行い、彼のライブ ショーと A.I. で隔離されたボーカルを融合させました。 「ゲット・バック」で紹介されたコンサートでは、 A.I. リハッシュ文化、つまりは、AIによって作り直す事は生まれませんでしたが、それが加速することは間違いありません。

したがって、現在のレガシーは 制作ブームは架空のキャラクターに焦点を当てていますが、将来的には、新しいツールの助けを借りて、愛される現実のエンターテイナーが際限なく再演されるという形にならないと考える理由はありません。 有名なドル箱、その中でも傑出したビートルズを取り上げ、新しいメディアや新しい感性、つまり新しいミックス、リマスター、デラックス・エディションに合わせて整えることには、常にお金がかかってきました。 しかし、『Now and then』に込められたストーリーは、「ビートルズの既存の録音を新しい方法で聴くことができます」とか、「ビートルズが一緒に作った、これまで聴いたことのないものがあります」というものではありません。 それは45年前のレノンのアイデア、30年前のハリスンのアイデア、そして現在のマッカートニーとスターのアイデアがすべて融合して、ファブ・フォーから正式に認定された新曲となった。

その文脈で言えば、映画『Now and then』がこの曲をビートルズの最後の曲として前もって宣伝していることは、二重の修辞的動きのように感じられる。 プロモーションとして、イベントとしてのリリース感を最大限に高めています。 しかしそれは同時に、安心させる約束としても機能します。ほら、右往左往してやるんじゃないって言ってるみたいです。 私たちはそれをするには上品すぎます。 私たちはビートルズです。これは、長年にわたる深く感情的な芸術的目標の実現に関するものであり、新しい製品を貪欲に生み出すことではありません。

まあ、たぶん。 しかし、真実は最終的には、既存のビートルズの録音の世界に固有のいかなる事実にも含まれないでしょう。 それは権利を所有する人が行う選択に帰着します。 亡くなった 2 人のビートルズのアイデアを使ってビートルズのシングルを作ることができれば、亡くなった 3 人のビートルズのアイデアを使ってシングルを作ることもできます。場合によっては 4 人のアイデアを使ってシングルを作ることもできます。 そして、たとえこれがビートルズの作品の終わりであるとしても、誰も彼らの足跡をたどらないと考えるのは愚かでしょう。 今、どこかで、スーツを着た人々が、他の人気アーティストによる同様のプロジェクトの利益予測を立てています。

この事実があなたを恐怖で満たすか、無関心で満たすか、それとも興奮で満たすかは、結果として得られる音楽についてどう思うかによって決まるかもしれません。 これまでのところ、音楽への人工知能の応用の多くは面白い画像や動画が拡散されていくミーム的な目新しさだった。驚くほど良いドレイクの曲の印象をみせかけたり、ジョニー・キャッシュがテイラー・スウィフトをカバーしたり、ハンク・ウィリアムズがラップの歌詞を歌ったりしたものだ。 次のステップは、「Now and then」プロモーション フィルムが「ビートルズ」がまだ踏み出していないことを私たちに安心させようと熱望しているステップが、AI の使用です。 曲を作るとき、私たちは技術的に可能であることのきちんとした証明ではなく、感情のベクトルとして反応することを意図しています。

「Now and then」を聴いて本当に感動したと語る人を何人も見てきました。 私は彼らを信じます。 そして、亡くなった友人や協力者との交流という経験は、明らかにマッカートニーにとって特に意味のあるものであった。 しかし私にとって、この曲は不気味なほど不活性だ。 対照的に、ジョン・レノンのオリジナルの粗末なデモは、長い間オンラインで公開されていたが、不完全であるにもかかわらず、感動的に生きている。 この録音は、この曲のテーマにぴったり合った可能性のオーラを生み出します。つまり、他の多くのものが侵食されても、時を経て生き残るものの力、すべてがそうであったかもしれません。 ビートルズっぽく聞こえずにビートルズを思い出させますが、レノンがビートルズのために書いたわけではないのに、なぜそうすべきなのでしょうか? 新しい「Now and then」では、レノンのオリジナルの歌詞の一部がカットされています。

他の曲も再アレンジされていて、どれだけ望んでも完全にビートルズのように聞こえるわけではありません。 何度も聴き返すうちに私の頭の中に形成されたイメージは、ピカピカの灰色の大理石で建てられ、不可能な距離を超えて繋がろうとしている、かつて知っていた人々のように聞こえる、不鮮明なデジタルの叫び声に悩まされている、しみ一つなく反響の多い霊廟のイメージだった。

私の疑念は、今後数年間、この不気味な感覚をより頻繁に感じることになるのではないかということです。 これは部分的には、A.I. のおかげです。 人間の音を複製するためのツールとして、それが可能になり、どれほど広く普及することになるでしょう。 それはまた、斬新な芸術の制作と広範な普及を可能にする条件を作り出すことに私たちが集団的に失敗し続けている結果でもある。 心配なのはテクノロジーそのものではなく、あらゆる種類の芸術的に興味深い方法で導入される可能性を秘めています。 それは、何が「自然」であるかそうでないか、あるいは「本物」のビートルズと「偽物」のビートルズの境界を守るという問題でもありません。 心配なのは、私たちの文化生活の大部分を形づくっている企業にとって、A.I. 活用できる有名なバックカタログをまだ持っていない人々によるイノベーションや実験に投資するのではなく、リサイクル商品を押し出し続ける方法として何よりも機能します。 私が間違っていることを願います。 おそらく「Now and then」は、単なる瞬間、一回限りのものであり、今後起こることの前触れというよりは、限界を示すものです。 しかし、私はこの後期のプロジェクトで、常に革新的なビートルズが再び時代の先を行っているのではないかと思っています。

The Beatles Are Still Charting the Future of Pop. It Looks Bleak.

        

Comments 0

There are no comments yet.