fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ビートルズのローディーで、全ての秘密を知っていたマル・エヴァンズの舞台裏

管理人さん

管理人さん

ビートルズのローディーで、全ての秘密を知っていた男の舞台裏
※広告が表示されますが、Google広告ですので、ご興味のある方、または、励ましのClickをして下さいね。

ビートルズのローディーで、全ての秘密を知っていたマル・エヴァンズの舞台裏

ローディーであり、パーソナルアシスタントとして、マル・エヴァンズはビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーと共に最も内側のサークルの一部でした。

「ビートルズの伝説を生きる:マル・エヴァンズの秘話」―ファブ・フォーのローディーであり、最も内側のサークルのパーソナルアシスタントであったマル・エヴァンズの新しい伝記は、1976年の彼の不慮の死の前に出版される予定であった彼自身の原稿「ビートルズの伝説を生きる:あるいは行くべき200マイル」から改題されました。

そして、その背後にある話は、この本で解き明かされる多くの魔法のミステリーの一つに過ぎません。

「この物語は1963年1月から来ています」と、「ビートルズの伝説を生きる」の著者ケネス・ウォマックはポストに語りました。「『Please Please Me』が彼らの最初の全英No.1シングルになる寸前でした。これは勝負の時です。ロンドンに行って、すべての大きなショーに出演しなければなりません。分かりますよね、今がチャンスか絶好の機会かって感じです。」

そして、仲間のビートルズのローディーであるニール・アスピナルが風邪を引いたとき、エヴァンズは実際にリバプールからロンドンへの道路を雪の中、英国史上のビッグフリーズの真っ只中で運転することになりました。

「イングランドは本質的に氷で切断されていたので、マルは彼らを下に連れて行った―そしてリバプールからロンドンまで200マイルもあります」とウォマックは語ります。「帰り道でフロントガラスが割れ、基本的に爆発しました。マルは雪と冷たい空気がバンに流れ込んでいるので、その破片をすべてノックアウトしました。」

「ジョン・レノンはマフラーで身を包み、顔にバッグをかぶせ、目の穴を開けました。そして、ビートルズはバックに入り、凍え死にしないように彼らはビートルズ・サンドイッチを作りました。」

マル・エヴァンズは常にビートルズが必要とするものに対応するため、昼夜問わず、スタジオやバックステージで働いていました。
そして、「大きな大きなボトルの酒」を共有しながら、彼らはエヴァンズに旅の進行状況を尋ねました。そして、運転手となるべき彼は「あと200マイルだよ、仲間たち」と答え、これはビートルズの年月が厳しくなるときに彼らのマントラとなりました。その経験が実際に彼らとマルを結びつけたのです。」

エヴァンズは、「ビートルズの最初の歴史家」と呼ばれることが多いです」とウォマックは語ります。「彼は何か重要なことが起こっていると気づいた...なぜなら、誰もが1963-64年にロックンロールが重要になるとは思っていなかったからです。彼らは、せいぜい数年で終わるだろうと思っていました。そして、それから本当の仕事を見つけに行かなければならないと考えていました。」

しかし、エヴァンズは音楽の歴史において未来の世代が記録したくなるであろう節目の瞬間が起こっていることを感じていました。

マル・エヴァンズの6フィート3の巨身という高い存在感は、ビートルズのクラシックな写真では「フォトボマー」として頻繁に登場しました。
「彼は日記をつけ始め、すべてを保存し始めました」とウォマックは語ります。「歌詞のシートを保管し、レシートも保管しました。ある時にはバンが故障し、そこで何が起こったのかの領収書も保管しました。ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインは捨てるつもりの文書を置き去りにすることがあり、マルは『いいえ、いいえ、これは重要かもしれません』と言うでしょう。」

バンドの伝説的なプロデューサーであるジョージ・マーティンが長らく「第5のビートル」と考えられてきましたが、エヴァンズは重要性で彼に続いていました。

「マルは彼らが午前4時まで起きていられる理由です。彼は別の食事を作ったり、何かが壊れた場合に楽器を取りに行ったりできたからです」とウォマックは語ります。「彼は真夜中に誰を起こしてでも彼らのすべてのニーズを満たすことができました。そして、それが彼らが『Sgt. Pepper』や『The White Album』などの素晴らしい曲を1つもう1つ作業できるようにしました。

「だって、そういう人が必要ですよね? 誰もがひとりでやっているわけではありません。すべての偉大なアーティストには、彼らをサポートする人がいます。」

マル・エヴァンズはビートルマニアの最中、ポール・マッカートニーとファブ・フォーの残り全員を見守りました。
そして、彼は時折、ビートルズのもみあげ頭の頭の毛を守るために自分自身を危険にさらすことがありました。

「本では本当に怖い瞬間の裏話を聞くことができます」とウォマックは言います。「ツアーは見かけほど自由で楽ではなかったんです。マルは時折、一人で群衆を抑え込んでいたり...ビートルズとブライアンを車で人混みを抜けさせるために手を尽くしていました。」

そして、ビートルズに近い位置にいた彼は、彼らよりも背が高い6フィート3インチの存在感で、多くの写真で圧倒的な存在感を示しました。

「彼は素晴らしいフォトボマーでした」とウォマックは笑顔で言います。

「彼はみんなよりもはるかに大きかったので、フォトボマーであることは難しいことではありませんでした。彼らは非常に小さなエンタレスだったので...何か重要なことが起こった場合、それを見るであろう人物が彼でした。」

ビートルズが1970年に解散した後も、エヴァンズはジョン・レノン、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スターと共に仕事を続けましたが、ポール・マッカートニーとの関係は元バンドメイトを訴えていた間に緊張が走りました。それでも、4人全員がエヴァンズが彼らの素晴らしい冒険について本を書くことを認めました。

 

しかし、その本が出版される前に、エヴァンズの精神的な健康の問題が彼を1976年にロサンゼルスの自宅で警察との対立を引き起こし、彼は射殺されました。

今――「最後の」ビートルズの曲「Now and Then」に続いて、「Red」と「Blue」のコレクションの拡張再発売もあります――ウォマックは、彼らがデビューしてから60年後にいくつかのレアなビートルズの伝説を明らかにしました。

「収益の低下は、ますます新しい物語が出てくることが少なくなることを示唆しています」と彼は言います。「それはただの事実でしょう。しかし、私たちは本当に誇りに思っています。人々がついにマルの人生の真実の物語、その良い面も悪い面も、知ることができるようになるだろうと。」

The inside story of the Beatles roadie who knew where all the bodies were buried

          

Comments 0

There are no comments yet.