fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニー、ビートルズ最新曲に対するファンの反応を率直に語る。

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニー、ビートルズ最新曲に対するファンの反応を率直に語る。

ポール・マッカートニー、ビートルズ最新曲に対するファンの反応を率直に語る。



ビートルズが新曲『Now and Then』に対するファンの反応について語った。

ポール・マッカートニーが、ザ・タイムズ紙との新しいチャットで、ビートルズの最後の曲である「Now and Then」に対するファンの反応について語り、またバンドの遺産、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの死についても語った。

チャットの中でポールは、亡くなったバンドメンバーの写真を見ることは「ほろ苦い」ことだと語っている。「彼らがここにいないという事実は苦い」。

マッカートニーはまた、レノンが70年代後半に自宅で録音したデモ音源に由来する "Now and Then "を完成させ、リリースすることに当初は躊躇していたことも認めている。

「考えてみれば不思議なことだ」とマッカートニーは言う。
「ジョンの部屋で、ピアノを叩きながらデモを作っている。そして今、私たちはそれを復元し、透き通った美しい音で聴くことができる。でも、そう思うたびに、私は『これは何か劣っているのではないか』、『何かやってはいけないことなのではないか』と思っていた。でも、そう思うたびに、『ジョンに聞くチャンスがあったとしよう』と思ったんだ。そして、ジョンはそれを気に入っただろう。もちろん、完全に知ることはできないけど、僕の推測が一番だと思う。そして今、それはビートルズのレコーディングなんだ。みんなに聴かせると、泣く人もいれば、"ビートルズのレコーディングだ!"と言う人もいた」。

「ビートルズは多くの人々に感動を与えた。ビートルズを思い出すとき、私は喜び、才能、ユーモア、そして愛を思い出す。そして、もし人々がそういったことで私たちを思い出してくれるなら、私はとても幸せだ」。

『ナウ・アンド・ゼン』について
この曲はジョン・レノンが作曲したが、ジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターが参加している。

グループの存命メンバーであるリンゴとポールの2人が共同で制作し、そのリリースはバンド史上最新の「新曲」として注目されている。美しい音楽的韻を踏むために、この曲のリリースはバンドのUKデビュー・シングル「Love Me Do」(1962年)と同時に行われる。

このリリースと同時に、オリヴァー・マーレイ監督によるドキュメンタリー映画『Now And Then - The Last Beatles Song』も公開される。この映画には、ポール、リンゴ、ジョージ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子ショーン、そして2021年にドキュメンタリー映画「The Beatles: Get Back」を監督・制作したピーター・ジャクソンの証言が収められている。

"Now And Then "は、ジョン・レノンがニューヨークの自宅でピアノを弾きながら作曲し、デモを録音した70年代後半に誕生した。ヨーコが1980年に他界したジョンの元バンド仲間にデモを渡したのは、それから20年後のことだった。残念なことに、アーティストたちは最善を尽くしたにもかかわらず、この曲をリリースするのに十分なクオリティに仕上げることができなかった。

マッカートニーとスターが、ピーター・ジャクソンと彼のチームの助けを借りて、このトラックに新しい楽器とヴォーカル・パートを加えて完成させるのに十分な強力な技術的ツールを利用できるようになったのは、数年前のことだった。

「そこにあったのは、透き通ったジョンの声だった」と、マッカートニーは「Now And Then」のオリジナル・デモから正確に取り出されたレノンの声を初めて聴いたときのことを語る。
「とてもエモーショナルなんだ。私たち全員が参加した、正真正銘のビートルズのレコーディングです。2023年に、まだビートルズの音楽に取り組んでいて、一般の人々がまだ聴いたことのない新曲をリリースしようとしているなんて、ちょっとエキサイティングなことだと思う。」

リンゴスターは次のように語っています。
"彼が部屋に戻ってくるというのは、私たちにとって最も身近なことで、とても感慨深かった "とスターは付け加えた。
「ジョンがそこにいるようだった。彼は遠く離れたところにいるんだ"

そして、ジョージ・ハリスンの未亡人オリヴィアは次のように話しています。
「1995年、スタジオで数日間この曲に取り組んだ後、ジョージはデモの技術的な問題が克服できないと感じ、この曲を十分に高い水準で仕上げることは不可能だと結論づけました。」
"もし彼が今日ここにいたら、息子のダーニと私は、彼が心からポールとリンゴと一緒に『Now And Then』のレコーディングを完成させただろうと知っています"

"父が離れていた長い年月の後、彼らが一緒に仕事をするのを聴くのは信じられないほど感動的でした "とショーン・オノ・レノンは言う。
「父さん、ポール、ジョージ、リンゴが一緒にできた最後の曲なんだ。まるでタイムカプセルのようで、すべてが起こるべくして起こったように思えたよ」。

Paul McCartney, sincero sobre la reacción de los fans a la última canción de los Beatles: “Algunos lloraron”

       

Comments 1

There are no comments yet.
マーキュリー

詞の内容と哀愁を帯びた曲調が、切なさやノスタルジックな気持ちにさせ、何度も繰り返し聞いてしまう。
世間の評価は、いろいろ喧しいが、自分は好きだ。
ポール、リンゴ、世に出してくれてありがとう。