fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

シドニーで行われたポール・マッカートニーのコンサートで表示された非常に一般的なサインについて、オーストラリアのファンは意見が分かれています。

管理人さん

管理人さん

シドニーで行われたサー・ポール・マッカートニーのコンサートで表示された非常に一般的なサインについて、オーストラリアのファンは意見が分かれています。

シドニーで行われたポール・マッカートニーのコンサートで表示された非常に一般的なサインについて、オーストラリアのファンは意見が分かれています。







シドニーでのサー・ポール・マッカートニーのコンサートで表示された「Acknowledgment of Country」サインが、ビートルズの歌手に対するファンの間で分かれる意見を引き起こしました。

このサインは金曜日と土曜日の夜にAllianz Stadiumでのマッカートニーのコンサートで2つの大型スクリーンに表示されました。

この「アクノレッジメント・オブ・カントリー」は、オーストラリアにおいて、アボリジナルおよびトレス海峡諸島の先住民族の土地と文化に対する尊重と認識を表明するための伝統的な習慣の一部です。この行為は公式な場やイベントで広く行われており、オーストラリア全体で一般的です。

一般的に、「アクノレッジメント・オブ・カントリー」は公共のイベントや式典、会議、学校、文化的な行事などで行われ、土地の伝統的な管理者であるアボリジナルやトレス海峡諸島の人々に対する敬意と尊重を表明するために用いられます。これは、オーストラリアの歴史と文化におけるアボリジナルとトレス海峡諸島の人々の重要な役割を認識し、共に生きる多文化社会の一部としての認識を示すものです。

スクリーンに表示されたサインには、「私たちは今日集まり演奏する土地の伝統的な管理者であるガディガル族と、この国に繋がるすべての家族グループを認識します。また、彼らの過去と現在の長老に敬意を表し、アボリジナルおよびトレス海峡諸島の人々にもその敬意を払います。」と書かれています。

つまり、「Acknowledgment of Country」は、オーストラリアにおいてアボリジナルおよびトレス海峡諸島の先住民族の土地と文化に対する尊重を示す公式な儀式またはスピーチの一形態です。この儀式は、特定の地域やコミュニティの土地を認識し、その土地の伝統的な管理者であるアボリジナルおよびトレス海峡諸島の人々に敬意を表するものです。

ガディガル族(Gadigal)はシドニー地域におけるアボリジナルの一つの部族であり、この儀式で彼らの名前が言及されたことは、シドニーでのイベントやコンサートにおいてガディガル族の土地と文化に敬意を表する重要な一環となります。このような儀式はオーストラリア全体で行われ、アボリジナルおよびトレス海峡諸島の文化を尊重し、認識するための重要な手段となっています。

このサインやスピーチは、土地の伝統的な管理者、過去と現在の長老に敬意を表明し、アボリジナルとトレス海峡諸島の人々に対する尊重を示す言葉やステートメントを含みます。これは文化的な尊重と協力を強調するもので、オーストラリア社会における多様性と包括性の重要な要素です。





コンサートに出席したKobie Thatcherは、土曜日の夜にこのサインに対する怒りを共有し、次のように書きました。
「今では『国の認識』さえなしでコンサートに行けないのか。」 彼女の投稿には様々な意見があり、多くの人が彼女の「人種差別的な」発言を非難しました。

あるユーザーは「お願いだから、それを乗り越えて、彼は誇りの旗も掲げた。おそらくそれについても不快な気持ちを抱いているのかもしれない!」とコメントしました。

別のユーザーは「あなたや他の人種差別主義者は、テキサスに移動できるかもしれませんね。」と付け加えました。

また、別のユーザーは「あなたはポール・マッカートニーのコンサートに行って、POCに対する尊重について不平を言っているのですか?ビートルズは米国での人種差別的なコンサートを拒否しました。彼のコンサートに持ち込むのは平和と愛であり、分裂と憎しみではありません。」と述べました。

この発言でのPOCとは、「People of Color(ポカ)」の略で、主にアメリカ合衆国などで使用されています。この用語は、白人以外の人種や民族グループを指すために使われます。つまり、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、ヒスパニック、ラティーノ、ネイティブ・アメリカン、中東出身の人々、およびその他の非白人の人種や民族グループを包括的に指す言葉として使用されます。

「POC」は、多様性と文化的包括性に関連する議論や社会的な文脈で一般的に使用されます。この用語は、人種差別や人種に基づく不平等に対抗するために、異なる人種や民族の人々が共通の立場を強調する際に使用されることがあります。また、この用語は、人種や民族に基づく差別に対して声をあげる活動家や団体によっても使用されています。

「POC」の使用には留意が必要であり、文脈によっては適切でない場合もあるため、適切な言葉遣いや尊重が重要です。異なる文化的背景を尊重し、差別のないコミュニケーションを促進するために使用されることが多い用語です。

さらに、別のユーザーは、コビー・サッチャーがVoice to Parliament投票の「No」キャンペーンを公然と支持していたことに対して非難しました。

「だからあなたは「分からない場合、Noを投票する」という人の一人だったのですね。そして今、あなたは自分がNoに投票した理由を分からないのですね。」と一人がコメントしました。

しかし、他の人たちはサッチャーを全面的に支持し、彼女の発言に同意しました。

「私はこの『ウェルカム・トゥ・カントリー』のことは、私たちが全員Noを投票した後に終わると思っていました!」とある人が言いました。

別の人は「うんざりでうるさい。嫌悪感も覚える。」と付け加えました。

「Voice to Parliament referendum」とは、オーストラリアにおいて、アボリジナルとトレス海峡諸島の人々に対する憲法的な認知と声を持たせるための提案に関連する国民投票のことです。この提案は、アボリジナルとトレス海峡諸島の人々に国内政策や立法に関与する機会を提供し、彼らの文化的な声を強調するものでした。

オーストラリアとアメリカの政治に関心を持っているサッチャーは、この国民投票において「No」の立場を支持したことで知られ、その後の発言や反応について話題になった可能性があります。

この国民投票の提案は、アボリジナルとトレス海峡諸島の人々がオーストラリア政府の政策決定において直接的な役割を果たす機会を提供するものであり、アボリジナルとトレス海峡諸島の人々による代議制度の設立を提案していました。この提案に対する支持や反対は、オーストラリア社会における複雑な問題であり、様々な意見が存在しています。

尚、コビー・サッチャーは、10月27日、ポールからサインをして貰っています。
コビー・サッチャーは、ポールからサインをして貰っています。

コビー・サッチャーは、ポールからサインをして貰っています。27日





このノスタルジアに満ちたショーでは、ビートルズの曲「Can't Buy Me Love」、「Got To Get You Into My Life」、「Love Me Do」などが含まれ、マッカートニーはファブ・フォーと演奏した日々で有名なHofnerベースを演奏しました。

10月28日(土) ニュー・サウス・ウェールズ州シドニー、アリアンツ・スタジアム1

マッカートニーは、彼のキャリア全体からの彼の最も有名な曲をファンに披露し、自身のバンドウィングスと共に書いたヒット曲も演奏しました。
ファンは、1973年のヒットシングル「Jet」や、ビートルズが1970年に分裂した後に設立したバンドウィングスで録音した曲を聞くことができました。また、曲「Something」と「Band on the Run」なども演奏されました。

10月28日(土) ニュー・サウス・ウェールズ州シドニー、アリアンツ・スタジアム2

このショーでは、合計39曲が演奏され、ほぼ3時間にわたって行われ、曲には「Get Back」、「Birthday」、「Carry That Weight」などが含まれました。

10月28日(土) ニュー・サウス・ウェールズ州シドニー、アリアンツ・スタジアム3

ビートルズのスーパースターは、前回オーストラリアで演奏したのは2017年のことでした。

昨年、この有名なシンガーソングライターは、彼のクラシックな曲をフィーチャーした50日間のGot Backツアーでアメリカと英国の観客を魅了し、彼の「グレイテスト・ヒッツ」コンサートが約1億ドルもの収益を上げたと報告されています。

Australian fans divided over this very common sign displayed at Sir Paul McCartney's concert in Sydney

    
限定カラーレコード予約受付中!在庫に限りがありますのでお早めに!
   
     

     

Comments 0

There are no comments yet.