fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

「High in the Clouds」、2026年に公開!?ポール・マッカートニー、未発表曲6曲、声の出演も…

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーとGaumontは、マッカートニーの子供向け冒険小説の長編映画化である「High in the Clouds」の制作に向けて、一流のクリエイティブクルーを組み立てました。

「High in the Clouds」、2026年に公開!?ポール・マッカートニー、未発表曲6曲、声の出演も…





マッカートニーによる6つのオリジナル曲を誇るこのファミリーアドベンチャー映画は、予算が2800万ユーロで、監督はToby Genkel(「The Amazing Maurice」)、音楽はMichael Giacchino(「Coco」、「Inside Out」)、脚本はJon Croker(「Paddington 2」)によるもので、制作デザイナーにはPatrick Hanenberger(「The Croods」、「The Lego Movie 2」)が起用されています。マッカートニーは主要なキャラクターの1つの声を担当します。さらに2人の主要な音楽スターが参加するための交渉が進行中です。

制作は2024年第1四半期に始まり、納品は2026年第1四半期を見込んでいます。Gaumontは、MPL Communicationsを通じてマッカートニーと共同制作しています。

この英語の長編映画は、頭の固いティーンエイジのリスであるウィラルの旅を追っており、彼は音楽が歌手のグレッチによって禁止された町で暮らしています。グレッチは町で唯一の歌手になりたいと願っています。グレッチを倒し、音楽を町に戻す決心をしたウィラルは、秘密の場所である「ハーモニア」と呼ばれる雲の高い場所に隠れる伝説のミュージシャンの地下バンドと力を合わせます。

「High in the Clouds」は、マッカートニーにとっての情熱のプロジェクトで、彼はこの子供向けの本を2005年に執筆しました。この映画プロジェクトは、米国のスタジオの関与なしにヨーロッパで独立して制作される最大で最も格式のあるアニメーション映画の1つと考えられています。

アレクシス・カサネの率いるGaumontのチームは、AFMで「High in the Clouds」をバイヤーにプレゼンテーションする予定で、このフランスの老舗スタジオは映画の共同制作と国際販売を担当し、フランスでの配給も行います。

Gaumontはストリーミング向けの大量のアニメコンテンツを制作していますが、劇場向けのアニメーション映画にはあまり進出していません。同社は以前、2017年にフランス国内外で大ヒットした「Ballerina」の共同制作と国際販売を担当しました。







ジェフ・ダンバー、フィリップ・アーダーグとの共著で、クリストフ・メルシエがフランス語に翻訳した『Là-haut dans les nuages』は、2005年にPlon社から出版された。このタイトルを映画化する計画はこれまで何度も浮上しては消えていったが、実現することはなかった。しかし、Varietyによれば、サー・マッカートニーは、この長編アニメのために未発表の曲をいくつか、全部で6曲提供すると約束している。彼はまた、メインキャラクターの一人に声を貸すとも言われている。

     

     

Comments 0

There are no comments yet.