fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

伝説的なビートルズのポール・マッカートニーがニューカッスルのファンを思い出の旅に連れて行きました

管理人さん

管理人さん

伝説的なビートルズのメンバーがニューカッスルのファンを思い出の旅に連れて行きました

伝説的なビートルズのメンバーがニューカッスルのファンを思い出の旅に連れて行きました



ノスタルジアがサー・ポール・マッカートニーの素晴らしい、感動的なニューカッスルでの"デビュー"の要素でした。

25,000人以上のファンが火曜日の夜にマクドナルド・ジョーンズ・スタジアムに詰めかけ、伝説のミュージシャンがハンターの観客をタイムトリップに連れて行きました。

そして、活気ある81歳のマッカートニーは、選ぶためのたくさんの楽曲を持っていました。

18回のグラミー賞受賞者であり、2回のロックン・ロールの殿堂入りを果たした彼は、3時間にわたり39曲を演奏し、10歳から90歳以上までの幅広い世代の観客に数え切れない思い出を提供しました。

ビートルズが最初に録音した曲から新曲まで、マッカートニーと彼の素晴らしいバンドは、多くの人々を手のひらの上に置き、最初に大好きな「Can't Buy Me Love」で始めました。

それは無限のヒット曲の連続をスタートさせただけでなく、「Got to Get You Into My Life」、「Love Me Do」、「Blackbird」、「Jet」、「Ob-La-Di, Ob-La-Da」、「Band on the Run」、「Get Back」、「Let It Be」、「Live and Let Die」、「Hey Jude」、「Birthday」、「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」などのヒット曲が続き、観客はもっと求めました。

素晴らしいセットリストに比べて、バックドロップはビートルズの初期からウィングスの再来までのオリジナルで珍しい映像をハイライトしたものでした。

火花と花火が雰囲気を盛り上げました。

ただし、マッカートニーが故ジョン・レノンとジョージ・ハリソンへのトリビュートを捧げると、感情の琴線に触れました。彼は亡くなった友達との時を振り返る逸話を語りました。

そして、アンコールの際に、有名なハリウッド監督ピーター・ジャクソンが手掛けた「I've Got a Feeling」というバーチャルデュエットをレノンと共演し、これで締めくくりました。

要するに、音楽史上最大の名前の1人によるマスタークラスでした。

実際、彼はオーストラリアで最も成功したトラックを演奏する必要すらありませんでした - "Coming Up"、"Mull of Kintyre"、"Say Say Say"、"Ebony and Ivory"。

しかし、2023年にオリジナルのビートルズのメンバーがグループの曲を演奏するのを見ることは、特に「Hey Jude」を20,000人の人々が歌った時に、確かに亡くなるまでに経験したい瞬間でした。

最終的に、サー・エルトン・ジョンが今年初めに強調したように、才能とショーマンシップはエンターテインメント業界で大きな役割を果たします。

サー・ポール、賞賛の意を送ります。

サー・ポール・マッカートニーのニューカッスル・セットリスト

Can't Buy Me Love (The Beatles)
Junior's Farm (Wings)
Letting Go (Wings)
She's a Woman (The Beatles)
Got to Get You Into My Life (The Beatles)
Come On to Me
Let Me Roll It (Wings)
Getting Better (The Beatles)
Let 'Em In (Wings)
My Valentine
Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings)
Maybe I'm Amazed
I've Just Seen a Face (The Beatles)
In Spite of All the Danger (The Quarrymen)
Love Me Do (The Beatles)
Dance Tonight
Blackbird (The Beatles)
Here Today
New
Lady Madonna (The Beatles)
Fuh You
Jet (Wings)
Being for the Benefit of Mr. Kite! (The Beatles)
Something (The Beatles)
Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles)
You Never Give Me Your Money (The Beatles)
She Came in Through the Bathroom Window (The Beatles)
Band on the Run (Wings)
Get Back (The Beatles)
Let It Be (The Beatles)
Live and Let Die (Wings)
Hey Jude (The Beatles)
アンコール
I've Got a Feeling (The Beatles - ジョン・レノンとのバーチャルデュエット)
Birthday (The Beatles)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (The Beatles)
Helter Skelter (The Beatles)
Golden Slumbers (The Beatles)
Carry That Weight (The Beatles)
The End (The Beatles)

Legendary Beatle takes Newcastle fans on a trip down memory lane

     

Comments 0

There are no comments yet.