fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニーと親密なひととき~10月17日・アデレード公演前日にて

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーと親密なひととき~10月17日・アデレード公演前日にて

ポール・マッカートニーと親密なひととき







ブリスベンの音楽ライター、ショーン・セネットは、ポール・マッカートニーを見にアデレードに飛び、ファン向けのイベントで彼との対話を主催しました。彼は、元ビートルの「ゴット・バック・ツアー」がクイーンズランドに到着するとき、私たちは人生の至福を味わうことになります。

ポール・マッカートニーがオーストラリアツアーを公式に開始する24時間前です。彼は15人のコンペティション優勝者に短いセットを演奏する準備をしています。

マッカートニーのクルー以外に、受賞者、そのゲスト、そしてわずかなメディアがアデレード・エンターテインメントセンターにいます。彼は、ビートルズのヒット曲、彼のソロキャリアのハイライト、そして深い曲から成る25分間の素晴らしい曲集を演奏します。

午後中、筆者はステージ上でマッカートニーと最初におしゃべりし、小観客からの質問を受け持ちました。リラックスした雰囲気で、ダークフーディを着用したマッカートニーと2分間だけ一緒にいれば、その人の温かさ、率直さ、そしてもちろん、彼のカタログに圧倒されます。以前に彼をインタビューしたことがあるが、マッカートニーの温かさはいつもすぐに分かります。

マッカートニーの「ゴット・バック・ツアー」はアデレードから始まり、ニューカッスルやゴールドコーストなどの東海岸のショー、さらにはメルボルン、シドニー、ブリスベンでの大規模なコンサートへと続きます。

ビートルズが1964年にアデレードで演奏したとき、その街はビートルズの早い段階の物語に大きな影響を与えました。グループがそこで演奏したとき、南オーストラリアの35万人が彼らを歓迎する市の式典のために街の通りに並びました。

「それは素晴らしかった、最高でした」とマッカートニーは振り返ります。「それは圧倒的でした。大観衆を見たことがあり、叫び声なども聞いたことがあったので、それほど驚かなかったのですが、そんなに多くの人々は狂気でした。私たちはただ立っていました。それは素晴らしかった、最高でした。特別な瞬間でした。」

マッカートニーのファン向けのイベントでのセットは、ビートルズのブレイクスルー時代に遡る「Can't Buy Me Love」から始まりました。1963年のへフナー・ベースを持ち、マッカートニーはバンドとともに「Drive My Car」、「Wings」の大ヒット「Let 'Em In」、彼のソロヒット「Coming Up」、そして2018年の「Come on To Me」などを含むリストを演奏しました。

翌日の夜、彼は約3時間のショーで39曲を演奏しました。

もちろん、1964年のコンサートは2023年のコンサートとは非常に異なります。ビートルズはハンブルクのスタークラブでの見習い時代に夜な夜な8時間演奏したかもしれませんが、彼らのツアーのピーク時には比較的短いショーでした。

「コンサートは本当に短かった」とマッカートニーは言います。「今のようなものではなかったんだ。サポートアクトがいた。私たちはわずか20分しか演奏しなかった。しかし、サボっていたわけではありません。それはかなり疲れることだった。実際、考えてみると、20分はジョンとジョージとほとんど分かち合っていたんです。だから、私は夜に10分しかやってなかった…一番です。」

現在の「ゴット・バック・ツアー」では、マッカートニーはジョン・レノンとの前ビートルズの「The Quarrymen」時代から始まり、ビートルズ、ウィングス、そして今もなお多産なソロキャリアのために書いたヒット曲を演奏します。

では、ポール・マッカートニーはどのようにセットリストを選びますか?

彼は説明します。「いつも自分に問います、『私がショーに行くつもりなら、何を聞きたいだろうか?』。選ぶセットリストは基本的に観客を喜ばせるために作られています。

「私はそれを恥ずかしいと思っていません。子供のころ、ショーに行って、がっかりすることもあった…まるで『ここに小遣いがある』みたいだったからです。」

今回のツアーでマッカートニーを見に行く予定なら、ティッシュを持参してください。心の琴線に触れる感情的な要素があります。ジョン・レノンとジョージ・ハリソンの亡くなった仲間へのマッカートニーのトリビュートだけでなく、マッカートニーの音楽は観客自身の人生と思い出の織りなす布地に深く組み込まれているからです。

ネタバレ注意。ショーで最も感動的な瞬間の1つは、ビートルズの「I've Got a Feeling」で亡くなったジョン・レノンが大画面に登場し、仮想のデュエットをする瞬間です。このアイデアは、マッカートニーの昨年のグラストンベリーショーで初披露され、映画監督ピーター・ジャクソンの先端技術を使った、最近の「ゲット・バック」ドキュメンタリーにも使用されました。

マッカートニーは言います。「これは今のショーで私のお気に入りの部分の1つです。それは私にとって魔法のようです。ある時点で私はジョンをバックアップしているだけです。私はギターを弾いて、彼は中盤で歌っています...『Everybody had a good year』。そして私は『I got a feeling』と一緒になります。だから、今、2人一緒にいます。

そして、実際に彼と本当に一緒にいる必要があります。それは、ライブで演奏するときのようです。他の人に意識を持っていて、彼の隣で正しく演奏することが求められます。だから、それは私にとって非常に感情的な瞬間です。なぜなら、それは魔法でした-私の友達、長い間亡くなっている人で、ここに戻ってきて、再び彼と一緒に働いている感じがします。それが機械的なトリックであっても、それは非常にリアルな感じがします。」

マッカートニーは一時停止し、ため息をつきます。「それは素晴らしかった。私はそれが大好きです。」

ポール・マッカートニーの2023年の「ゴット・バック・ツアー」は、10月24日(火)にニューカッスルのマクドナルド・ジョーンズ・スタジアム、10月27日(金)および28日(土)にシドニーのアリアンズ・スタジアム、11月1日(水)にブリスベンのサンコープ・スタジアム、11月4日(土)にゴールドコーストのヘリテージ・バンク・スタジアムで行われます。





Up close and personal with Paul McCartney

Comments 0

There are no comments yet.