fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニーのオーストラリアでのカムバックツアーは、愛情、レノンへのトリビュート、そしてビートルズのメドレーに包まれています。

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーのオーストラリアでのカムバックツアーは、愛情、レノンへのトリビュート、そしてビートルズのメドレーに包まれています。

ポール・マッカートニーのオーストラリアでのカムバックツアーは、愛情、レノンへのトリビュート、そしてビートルズのメドレーに包まれています。







アデレード・エンターテインメント・センターでの公演では、かつてのビートルズのメンバーが自身の楽曲を深く掘り下げ、3時間にわたりユーモア、花火、そして「甘い思い出」が詰まったショーを繰り広げました。

「子供の頃、お互いに愛し合ってるって言えなかったよね」とポール・マッカートニーは、オーストラリアツアーの最初のショーの中盤で振り返ります。「硬派な若い男たちでいようとしたんだ。実際、それは言葉になることはありませんでした。」

愛の歌に欠かせない楽曲で知られるミュージシャンにとって、これは感慨深い考えです。ビートルズは「Love Me Do」と「Can't Buy Me Love」といったポップな曲で世界を制覇しましたが、彼らは最盛期にはお互いの間にある深い、人生を変える絆をあまり言葉にしなかった。それを愛と呼ぶほかに何ができるでしょうか?

半世紀後、彼は30年ぶりにアデレードでの初のセットでその失われた時間を取り戻しました。マッカートニーは「Got Back」ツアーの一環として、オーストラリアの大きなアリーナで演奏する予定ですが、比較的小規模で完売した8,000人キャパシティのショーからスタートすることを選びました。彼の初めて演奏したオーストラリアの街は、一年以上前のグラストンベリ以来のライブ出演のために温かい場所です。

81歳でありながら、活発で足取り軽いマッカートニーと彼の長い間一緒に演奏してきたバンドは、初期のWingsの楽曲を演奏し、マッカートニーはベースを演奏しながら仲間たちがギターやホーンを鳴らします。彼の目には輝きがあり、古くからの友達、いくつかのギター、いくつかのドラム、そしてステージに魅せられた古株のミュージシャンがいます。

1976年のアルバム「Wings at the Speed of Sound」からの「Let 'Em In」の演奏中に、非常にシュールな出来事が起こり、ほとんど身体的な反応を引き起こします。マッカートニーは頭を後ろに投げ、叫びます。「Yeah, yeah, yeah」。その通り、そういうことです。それはポップカルチャーに根付いたサウンドで、リバプールのリビングルームで試され、ハンブルクの騒々しいナイトクラブで形作られ、ビートルマニアの絶叫の中で叫ばれたサウンドです。

その他の瞬間も迫力的です。マッカートニーの指が、愛される古典的なヘフナーのゴムのようなベースラインを巧みに弾いています。同じ指が「Blackbird」のメロディックなランを引き出し、多くの高校のギタリスト志望者が真似しようと試みて失敗するランです(「ここで「Blackbird」を習おうとした人は何人いますか?」と彼は言います。「そして、間違えた人がいますね」)。

もちろん、すべてが過去についてのことではありません。マッカートニーは「Let Me Roll It」、「Got to Get You Into My Life」、「Maybe I'm Amazed」といった新しい曲や深い楽曲を挟みつつ演奏します。彼と彼のバンドは、どの選択が観客に受け入れられるかを知っています。「古いビートルズの曲を演奏すると、場内は皆のスマートフォンのライトで輝き、まるで星座のようです。新しい曲を演奏すると...それはまるでブラックホールのようです。しかし、それでも演奏します!」

彼は前日のファンイベントで明らかにしたように、この「趣味」とも言える作曲のプロセスは、彼にとって決して古くならないでしょう。一部の新しい曲は少なくとも悪くありません。2018年のアルバム「Egypt Station」からの「Come On to Me」は、80代の人にふさわしいだけの情熱を持ち、ウインクとコーラスで素晴らしいオルガンが付いています。

彼は観客が掲げるサインを読みながら笑いを取ります。「私のお尻にサインをして?いいえ、いいえ、いいえ!」と言った後、「さあ、それを見てみましょう」と続けます。

ショーの中盤、スクリーンがステージを半分に切り取り、マッカートニーとバンドがいくつかのアコースティックな曲を演奏する前に、板でふさがれた古い家のイメージが表示されます。「昔のことに感謝しましょう」と彼は言います。それから、プロト・ビートルズが最初に録音したスキッフルトラックに取り組みます。

ここで、彼は古い友達への愛について考えます。1982年のアルバム「Tug of War」からの「Here Today」を演奏する時、「私はジョンが亡くなった後にこの曲を書きました - ジョンに感謝しましょう」と言い、歌います。「もう涙を抑えない、愛してる」。

その後、風化したウクレレが別のトリビュートを示唆します。彼は「これはジョージからもらったものです」と言い、George Harrisonが与えた曲「Something」の陽気なミュージックホールバージョンを演奏します。とても素敵です。

最初の3時間には、一連のゴールドクラシックスが続きます。「Live and Let Die」は、AC/DCのコンサートから期待されるような炎と花火をフィーチャーし、メドレーのメドレー(「You Never Give Me Your Money」が「Band On the Run」に変わります)は予想外の喜びです - 彼はこれまでにオーストラリアで前者を演奏したことはありません。

アンコールで、マッカートニーはGlastonburyで披露したPeter Jacksonによる「I've Got a Feeling」のリメイクを再演し、アビー・ロードの屋上で撮影されたレノンの映像とデュエットします。私はこのデジタル復活に軽蔑することを予想していました。それはクリエイティブな火花、つまりこれらすべてが築かれた非常に人間的な火花を壊しかねそうなAIテクノロジーによって可能にされています。しかし、それはかなり感動的です。「Johnと一緒に歌えるのは本当に素晴らしい」とポールは言います。「甘い思い出。」

その後、アビー・ロードのメドレーを歌い続け、Golden SlumbersからThe Endまでの曲で締めくくります。マッカートニーがその重みを背負うことは過去に対する愛、思い出、そして時折、耳をつんざくような「Yeah, Yeah, Yeah!」と共に軽やかに感じられるようです。

ポール・マッカートニーの「Got Back」ツアーは、2023年11月4日までオーストラリア全土で続きます。

Paul McCartney’s Australian comeback tour awash with love, Lennon tributes and Beatles medleys

   
   

Comments 0

There are no comments yet.