fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

「働くことに勝る」:、ポール・マッカートニー、作曲、ジョン・レノン、そして成功について、オーストラリアツアー前夜に思いを馳せる

管理人さん

管理人さん

「働くことに勝る」:、ポール・マッカートニー、作曲、ジョン・レノン、そして成功について、オーストラリアツアー前夜に思いを馳せる

「働くことに勝る」:、ポール・マッカートニー、作曲、ジョン・レノン、そして成功について、オーストラリアツアー前夜に思いを馳せる

1クリックのご協力をお願い致します。






元ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーが、アデレードでのサウンドチェック中にファンたちと親密な質疑応答セッションを行いました。これは彼のGot Backツアーの一環です。

ポール・マッカートニーが初めてアデレードを訪れたのは1964年6月のことで、その際には35万人もの叫び声を上げるファンが、ビートルズの初のオーストラリアツアーの一部として、空港から市庁舎までの通りに沿って並びました。

2023年10月17日 火曜日の午後、ポール・マッカートニーは、彼のGot Backツアーの開始を控え、アデレード・エンターテインメント・センターで約11,000人収容のアリーナで行う前に、規模こそ小さかったものの、熱心なファンが待ち構えていました。それが、彼が元ビートルズのメンバーであるときにはどの程度親密に感じられるか、ということです。

ここにいるファンの中には1964年に生まれたものもいました。"1964年、学校にいたことを覚えています"と言うのは、今74歳のデイヴィッド・グールドです。"突然、クラスには女の子がいなくなりました - みんなビートルズを見に行ってしまいました"。

73歳のクリッシー・ワイデンホファーはその中の1人ではありませんでした。「私は女子校に通っていて、門を錠で閉めました。私の両親はアンザック・ハイウェイまで歩いて、彼らが通りを通過するのを見ました。母は彼らの髪がとても光沢があって清潔だったと言いました - 私は許しませんでした」。

クリッシーは、彼女の孫娘マディソンと一緒に、マッカートニーのサイン入りホフナー・バイオリンベースのマッチングのタトゥーを身につけています。

81歳のサー・ポールは、フードと影響を受けた人々から始まり、彼が置いてきた友達まで、さまざまな質問に答えます。

「彼は天才だった」と彼はジョン・レノンについて思い入れ深く語り、そして自虐的に「私も手伝いました」と付け加えます。

家が火事になったら何を救うか尋ねられたとき、マッカートニーは1964年のツアーの記者会見で彼か彼の髪の長い仲間たちが発表したかもしれないようなおどけた言葉遊びを披露します。

「たぶんギターを持っていくでしょう」と言います。「ピアノは重すぎますから」。

作曲について尋ねられたとき、彼は単純でありながら示唆に富んだ答えをします。それは、なぜ彼が今もステージやスタジオで音楽を続けているのか、少し説明しています。

「それは私の趣味なんです」と彼は言います。「休日があれば、歌を書くかもしれません。なぜなら、それが大好きだから、それだけのことなんです。

「もし明日プロとしての演奏を終えたとしても、私はそれを続けるでしょう - 仕事よりも楽しいからです」。

その後、誰かが彼にホフナー・ベースを手渡し、彼と彼のバンドは「Can't Buy Me Love」を演奏します。

フロントロウで、クリッシーは立ち上がってそのすべてを楽しんでいます - 今回は門や親が彼女を止めることはありません。





‘It beats working’: Paul McCartney reflects on songwriting, John Lennon, and success on eve of Australian tour

ポール・マッカートニー、オーストラリアツアー中にアデレードエンターテインメントセンターでファン向けの質疑応答イベントに出席

オーストラリアツアー最中のポール・マッカートニーが、火曜日にアデレードエンターテインメントセンターのステージに登場し、ファン向けの質疑応答イベントを行いました。この伝説のロッカーは、観客からの質問に答えた後、自身のヒット曲の一部を演奏しました。このとき、ポールはジップアップのフーディを白いプレーンTシャツの上に着用し、黒いジーンズをカジュアルに身につけていました。

ポールがオーストラリアでコンサートを行うのは6年ぶりで、ツアーは10月18日にアデレードでスタートします。ちなみに、アデレードは1964年にビートルズが初めてオーストラリアを訪れた際、35万人ものファンが通りに並び、歓迎した場所でもあります。

その後、ポールは10月21日にメルボルン、10月24日にニューキャッスル、そして10月27日にシドニーへと移動し、ツアーは11月1日にブリスベンで締めくくり、その後11月4日にゴールドコーストへと進みます。

ポールは以前の訪問について素晴らしい思い出を抱いており、ステートメントで「前回のツアーは非常に楽しいものでした。各ショーはまるでパーティーのようで、今回も特別なものになることを確信しています。オーストラリア、我々はロックをお届けします!お会いできることを楽しみにしています。」と述べています。

ポールの前回の2017年のオーストラリアツアーは、エド・シーランなどの競合を抑え、ヘルプマン賞のベストインターナショナルコンテンポラリーコンサート部門で受賞し、それは叙事詩的な3時間のショーの連続でした。

今回のツアーには非常に現代的な要素も含まれており、元ビートルズのバンドメイトであるジョン・レノンとのバーチャルデュエットがAI技術を使用して実現する予定です。2022年のグラストンベリフェスティバルで、ポールはビートルズが1969年にロンドンで行った有名なルーフトップコンサートで録音された「I've Got A Feeling」を披露しました。

Paul McCartney attends a fan Q&A event at the Adelaide Entertainment Centre during Australian tour

「Coming Up」 「Can't Buy Me Love」を演奏!?





   
   

Comments 0

There are no comments yet.