fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニーは、ビートルズのスタジオセッションにおけるヨーコ・オノの存在を「職場への干渉」と非難しました。

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーは、ビートルズのスタジオセッションにおけるヨーコ・オノの存在を「職場への干渉」と非難しました。

ポール・マッカートニーは、ビートルズのスタジオセッションにおけるヨーコ・オノの存在を「職場への干渉」と非難しました。

1クリックのご協力をお願い致します。






この音楽家は、ビートルズの歴史における「変化の時期」について振り返り、ジョン・レノンが妻である日本の音楽家ヨーコ・オノをスタジオに招いたと語りました。

マッカートニー(現在81歳)は、自身のポッドキャスト「McCartney: A Life in Lyrics」の新たにリリースされたエピソードで、このトピックについて語りました。このポッドキャストで、Pulitzer賞受賞詩人のポール・マルドゥーンとの対話が行われました。

マッカートニーは、ヨーコ・オノがバンドが「解散に向かっていた」時期にスタジオセッションに参加し始めたことを説明しました。その当時、1968年にリリースされたセルフタイトルのアルバム、一般的に「ホワイト・アルバム」として知られる作品の収録が行われていました。

彼は「ジョンとオノが一緒になったので、それはグループに影響を及ぼすことが決まっていた」
また、エピソードの後半で、彼は「ヨーコが文字通り収録セッションの真ん中にいたことは、対処しなければならなかったことだ」と述べました。

「アイディアは、もしジョンがこれをしたいと思うなら、それが起こるべきだということでした。それに理由はありません」とも語った。

ポール・マルドゥーンは、マッカートニーにバンド(マッカートニー、レノン、リンゴ・スター、ジョージ・ハリソンから成る)はそのセッション中に作業をしているべきだったことを指摘しました。

「Let It Be」の歌手は、「私たちを妨げるものは何でも、妨げとなる」と応じました。

彼は「私たちはこれを許可し、大騒ぎをしなかった」と続けて語りました。「しかし、同時に、私たちの誰もが特に好んでいたわけではないと思います。それは職場への干渉でした。私たちは働いていた方法がありました。私たち四人はジョージ・マーティンと一緒に仕事をしていました。それが基本的にそうだったのです。」

レコードプロデューサーでミュージシャンのジョージ・マーティンは、ビートルズのアルバムに重要な役割を果たしたことから、「第五のビートル」として広く言われています。彼は2016年3月8日に亡くなりました。

マッカートニーは、オノの存在について他のバンドメンバーがレノンに対して問題を提起しなかったのは、「対立的ではなかった」からだと述べました。

「そして、私たちは常にそれをそのようにしてきた。だから、あまり対立的ではなかった。私たちはそれを押し込め、ただやってきたと思います」と語りました。

マッカートニーは、スタジオで過ごす時間がビートルズとしての彼と仲間たちの仕事の一部であると語りました。

彼は「それはビートルズのアイディアであり、また、人生でやるべきこととしてのまっすぐな実用的なことでもあった」と述べました。「私たちはビートルズでした。それはつまり、ツアーをしないなら、録音をし、録音をするなら、作曲をするということでした。」

2021年に、マッカートニーはBBC Radio 4のインタビューシリーズ「This Cultural Life」のエピソードに出演しました。

この番組に出演中、マッカートニーはバンドの分裂の状況について語り、それは1970年に始まった法的紛争の数年後に1974年12月に正式に確定されたものであったと述べました。

彼は、分裂をイニシエートしたのはレノンであり、「私が分裂を始めたわけではない。それはジョニーだった」と述べました。

同様に、1970年のローリング・ストーンのインタビューでは、レノンは自身がバンドを「去る」とマッカートニーに伝えたと述べました。

マッカートニーは、レノンは常に社会から解放されたがっていたと感じていたと語りました。

彼は「その要点は、ジョンはヨーコと新しい人生を築こうとしていたことでした。ジョンは常に社会から解放されようとしていたのです。彼は彼の叔母ミミに育てられ、それはかなり抑圧的だったので、彼は常に解放を求めていた」と述べました。

今週、マッカートニーはジョン・レノンの83歳の誕生日を祝福しました。





Paul McCartney calls Yoko Ono’s presence in Beatles studio sessions ‘workplace interference’

   
   

Comments 0

There are no comments yet.