fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

1994年6月22日(木)での「Now And Then」デモの作業について

管理人さん

管理人さん

1994年6月22日(木)での「Now And Then」デモの作業について

The Mill Studio, Sussex England:時間不明。録音:「Now And Then/I Don't Want To Lose You」(不明)。P:ジョージ・ハリスン、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジェフ・リン(?)。E:ジェフ・エメリック。(?)

1994年6月22日(木)での「Now And Then」デモの作業について







Beatles Monthly Magazine誌の1994年8月号は、3人のBeatlesが6月22日にイースト・サセックスのPaul's Mill Studioで録音したことを明らかにした。これは明らかに2月以来のスタジオでの彼らの最初の集まりであり、遅れはGeorgeのHandmade Filmsの販売のためのビジネス交渉に起因していた。

イースト・サセックスのPaul's Mill Studioで録音

このセッションの間、グループは「Now And Then」デモの作業を続けたようだ。

1995年12月の講演で、ジェフ・リンは、この曲(コーラスはあるが詩に欠けている)は技術的にはまだ正式なタイトルがないと主張したが、もし完成したら、おそらく「Now And Then」か「Miss You」のどちらかになるだろうと主張した。この曲は、レノンの完全なアーカイブにアクセスできると主張されていたにもかかわらず、ラジオシリーズ「The Lost Lennon Tapes」には含まれていなかった。

小野洋子は、リリースされていないレノンの曲を「非常に慎重に」選んで、レコーディングを選んだのが彼女であることを確認した。彼女は、ほとんど治療上の理由から、Now And Then(後にI Don't Want To Lose Youとして著作権で保護された)を選んだ。

小野洋子曰く、「なぜなら、これらの歌はBeatlesから来たものだからです。Beatlesはまた世界に向かって歌うでしょう。その意味はとてつもなく大きかったです。私は、この歌は人々をJohnを失った悲しみから解放する歌だと思いました。この歌を聞くことで、彼らは最終的に悲しみを解放し、実際にJohnは彼らに失われていないという理解に達することができるでしょう。Paul、George、Ringoも偉大な友人を失いました。もし彼らがこの歌を心から歌っていたら、同じように感じている世界中の多くの人々を助けたでしょう。」

ジェフ・リンは、ミュージシャンのマーク・マンによってオリジナルのNow And Then/I Don't Want To Lose Youテープのクリーニングを再び支援された。Mannは、彼らが一緒に作業したデモが4トラックで録音され(Johnの声は2倍になった)、タンバリンを使ったことを思い出す。Lynneはタンバリンを望まなかったので、フィルタがJohnのボーカルに実質的に影響を与えないように、その周りに周波数ノッチを付けた。

この作品が完成した直後、Now And Thenのデモが海賊版CDで配布された。この海賊版デモにはタンバリンが含まれておらず、ビートルズが制作したものとは別の録音であるか、タンバリンを取り除いた改造テープのコピーであることを示唆している(Mannがこの曲をGrow Old With Meと混同しているのでなければ、タンバリンのように聞こえる小さなクリックトラックがある)。

残念なことに、ビートルズがこの日試みた「Now And Then」のレコーディングはうまくいかず、セッションは早くに中止された。

ジェフ・リン曰く、「やってみましたが、完成していない言葉がたくさんありました。演奏は大丈夫でした。ただ、言葉が完成していなかっただけで、かなりの数の言葉が完成していませんでした。すでに完成していることをするという決定だったので、実際にテープに記録することができました。」

ジョージは明らかに、次の日、今度はヘンリー・オン・テムズの邸宅にある彼のフライアー・パーク・スタジオで、グループを続けることを提案した。

注:アビーロードスタジオが1994年7月11日/12日/13日にさらなる録音(おそらくオーケストラとの)のためにブロック予約されたという噂は根拠がなかったようである(特に、Free As A BirdもReal Loveも最終的にリリースされたときにオーケストラをフィーチャーしていなかったので)。3人の男が7月17日にそこで録音しようとしているという別の噂が広まった。

アンソロジーのアルバムに関するマーク・ルーイスンのライナーノートには、アビーロードで行われている新しい録音についての言及はなく、新しいトラックは両方ともPaulのスタジオで録音されたものであると述べられている。

この時期にグループが参加したアビーロードセッションは、来るべきLive At The BBCリリースのためのプレイバックまたはミキシングセッションであった可能性がある。



「Now And Then」を収録したThe Beatles 赤盤・青盤の正式発表、一体、いつになるのでしょうね…
その後、新しい情報がない状況で、10月9日になりました。
(準備が既に整っており)突如、発表される事もあり得るかもしれませんが、「時折」こうして振り返るのも、良いと思いますね。

最孫まで、ご覧になって頂き、ありがとうございます。
いい掲載だと思われた方は、「いいね」として、↓下記をClickして頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します。




          
  

マカド! Amazonせどり管理ツール

AFFINGER6(WordPressテーマ)

「アメーバキング2」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

Amazon プライム感謝祭(10/14[土]・15[日])

Comments 0

There are no comments yet.