fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

リンゴ・スター、「Rewind Forward」、カントリー・ミュージックの作曲、AIがアシストしたビートルズ最後の曲などについて語る

管理人さん

管理人さん

リンゴ・スター、「Rewind Forward」、カントリー・ミュージックの作曲、AIがアシストしたビートルズ最後の曲などについて語る

リンゴ・スター、「Rewind Forward」、カントリー・ミュージックの作曲、AIがアシストしたビートルズ最後の曲などについて語る







ロックスターといえばリンゴ・スターだ。ビートルズのドラマーであり、受賞歴のあるソリストであり、写真家であり、ナレーターであり、俳優であり、活動家でもある。彼を多作と呼ぶことは、その功績を過小評価しかねない。しかし、それが正しいとも感じている。

10月13日にリリースされる "Rewind Forward "は、彼にとって3年ぶり4枚目のエクステンデッド・プレイ作品である。

「EPは60年代に初めて出て以来、大好きなフォーマットなんだ。そして、子供たちがEPを作っていると聞いて、"これはいい!"と思ったんだ」。

このタイトルは、ジョン・レノンが自分の悪口を言うときに使っていた古典的な "リンゴイズム "であり、"A Hard Day's Night "や "Tomorrow Never Knows "を思いついたのと同じ頭脳から引き出された珍しいフレーズである。

この言葉に深みを持たせるのは、もっと後のことだ。「しばらくじっとしていると、巻き戻されるんだ。巻き戻して、"あの頃の自分はもっといい人間だった "とか、"あの頃はこれがもっとうまくいっていた "ということがわかるんだ。決して過去に生きる必要はないけど、時々チェックするだけでいいんだ"

「もちろん、これはすべて作り話だ」と彼は冗談を言う。

Ringo Starr September 28 2023 Photos Chris Pizzello 1

この4曲入りのEPには、スターのエンジニアであり共作者でもあるブルース・シュガー、オール・スター・バンドのスティーヴ・ルカサー、TOTOのジョー・ウィリアムス、トム・ペティのハートブレイカーズのベンモント・テンチとマイク・キャンベル、その他多くのミュージシャンが参加した。

「フィーリング・ザ・サンライト」はビートルズのポール・マッカートニーによって書かれたもので、スターは「月に2回は顔を合わせている」と言い、ロンドンにいる時やマッカートニーがLAにいる時はいつも一緒にいるという。

「彼がトラックを送ってきたとき、実はドラムを叩いていたので、僕らはそれを外さなければならなかったんだ」と彼は笑って言う。

『Rewind Forward』やスターのソロ作品にテーマがあるとすれば、それは容赦のない楽観主義だ。

その精神が彼を前進させてきたのだ。彼は現在、9月17日のカリフォルニア州オンタリオを皮切りに、来月オクラホマ州サッカービルで終わる秋のツアーに乗り出している。多くのバンドがお別れツアーに乗り出す中、ベテラン演奏家としては偉業だ。

リンゴ・スター、「Rewind Forward」、カントリー・ミュージックの作曲

多くの人が "これが最後のギグだ!"と言っている。私はツアーのたびにそう言うんだけど、子供たちや妻は私にうんざりしている。『ああ、前回もそう言っていたね』とね」とジョークを飛ばす。それでもツアーを続けているのは、単純にそれが好きだからだ。

必要なものはすべて手に入るんだ。(今はEPに夢中なんだ」と彼は言う。ビートルズの故ジョージ・ハリスンの未亡人、オリビア・ハリスンの詩の朗読会に出席していた時、スターは、T-ボーン・バーネットに出くわした。二人は一緒に仕事をすることにした。スターはポップ・ナンバーをと考えていたが、バーネットは代わりにカントリー・ソングを送ってきた。「彼は実際にドアを開けてくれたんだ。それで、『僕たちもやってみようじゃないか。カントリーの曲をね」。

最近では、ビートルズの "Let It Be "のドリー・パートンのカヴァーでマッカートニーとコラボした。「それに参加できてよかったよ」と彼は言い、説得は必要なかったと付け加えた。

Ringo Starr September 28 2023 Photos Chris Pizzello

AIの使用については、いくつかの混乱--そして潜在的な恐怖--があった。"噂では、私たちがでっち上げただけだと言われていました "と、彼はレノンが近々リリースされる楽曲に参加したことについて語る。"どうせそんなことをするような"

「これは、4人のビートルズが参加する最後のトラックだ。ジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴだ。

いつリリースされるのかと聞かれると、彼は "もうリリースされているはずだ "と言う。

もしあなたがビートルズに飢えているのなら、彼らの膨大なディスコグラフィーに飛び込むこともできる。あるいは、『Get Back』の全8時間、歴史上最も偉大なバンドであるビートルズへのアクセスや、最も親密な瞬間、例えばスターが「Octopus's Garden」を書き始め、ハリソンが手伝いに入るシーンを見ることができる。

ピーター・セラーズのヨットに乗ってサルデーニャ島にいたスターは、船長からタコには庭があると聞かされた。彼はギターを持っていて--「3つのコードを弾く、それくらいだ」と彼は言う--作曲を始めた。

彼に言わせれば、このドキュメンタリーを見れば、次に何が起こったのか、そしてビートルズであることの魔法を見ることができる。

「人生で最高の時だった。ビートルズでいることは最高だった。僕は3人兄弟で、一人っ子なんだ。」



Ringo Starr on 'Rewind Forward,' writing country music, the AI-assisted final Beatles track and more


追伸

比較的最近のAP通信とのインタビューで、Ringoは、まだタイトルが特定されていないが、誰もが「Now and Then」だと推測している、とらえどころのないBeatlesの最終トラックについて質問された。彼とPaul は月に2回ほどお互いに時間を過ごしている、とRingoは明らかにしている。

いつリリースされるのかと尋ねられると、彼は「本当にすでに公開されているはずだったので」と言っている。そのため、リリースを遅らせる何かが起こったようだ。Steve Hoffmanのフォーラム「Music Corner」では、(The Beatlesの)Appleの人々が実際にリリースに関する進行中の議論に注目している。

Ringo氏によると、この曲は「Free As A Bird」と同じテープに収録されており、昨年Paul氏から2人で完成させるべきかと尋ねられたという。Ringo氏は同意し、ピーター・ジャクソン氏のソフトウェアMALが、録音からJohn Lennon氏の音声を取り出したときに使用された技術であることを説明した。

ジョージ・ハリスンはすでに使用されていたリズムギタートラックを録音していたが、ポールは現在、この曲のためにギターソロを録音している。リンゴは、彼らがこの曲に取り組んだ90年代の時間しか記録していなかったので、彼のドラムを再録音した。

以前、Ringoは、Paulとジャイルズ・マーティンがオーケストレーションを追加するためにLos Angelesにいたことも明らかにしました。最後のBeatlesの曲の制作はかなり前から行われていたことがわかりました。ここでは、2022年5月1日にLos AngelesのCapitol Studiosで、Paul McCartneyとジャイルズ・マーティンが曲にストリングを追加する作業を行っています。

“Now and Then” string session at Capitol Studios, May 1, 2022 putting the final touches to the last Beatles track.

この前の日曜日、象徴的なキャピトル・スタジオでポール・マッカートニーのためにセッションを行うことができたことは、非常に名誉なことでした。私を招いてくれたベン・フォスターとジャイルズ・マーティン、そして本当に素晴らしいミュージシャンのアンサンブルをしてくれたジーナ・Zimmittiに感謝します。

2022年5月1日にLos AngelesのCapitol Studiosで、Paul McCartneyとジャイルズ・マーティンが曲にストリングを追加する作業

ポール(ミュージシャン/プロデューサー、編曲)と指揮者のジェローム・ルロイ(左から、一番上/メガネと黒いシャツの男)、その横にベン・フォスター(編曲)、その次がジャイルズ・マーティン(プロデューサー、編曲)、エンジニアはスティーヴ・ジェネウィック(左から2番目の男、 グレー/水色のシャツ)、ジーナ・ジミッティ(ポールの上、茶髪、黒いドレス)&ホイットニー・マーティン(ミュージシャン・フィクサー/音楽請負人としてクレジット)、13人の弦楽器奏者(チェロ、ヴィオラ、ヴァイオリン、コントラバス)、そして、どなたか分からない人が1人。

    
   
    

さらに、追伸
「Now and then」はジョン・レノンの未完成の曲で、1979 年にソロ・ピアノとボーカルのデモとして録音されました。
この曲は、ポールとリンゴによる新たなオーバーダブと、放棄された1995年のセッションからのジョージ・ハリスンのギタートラックを加えて、2023年10月9日(10月9日はジョン・レノンの誕生日)にリリース発表?そして、クリスマスの少し前にリリースされる予定との噂があります。

Comments 0

There are no comments yet.