fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニーのベース・ギターはバンから盗まれたとサウンド・エンジニアが明かす

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーのベース・ギターはバンから盗まれたとサウンド・エンジニアが明かす

ポール・マッカートニーのベース・ギターはバンから盗まれたとサウンド・エンジニアが明かす







ビートルズのスターは盗難を覚えていないかもしれないが、イアン・ホーンははっきりと覚えており、「生涯その罪悪感を背負ってきた」と語っている。

ポール・マッカートニーのベース・ギターがノッティング・ヒルのバンから盗まれていたことが明らかになり、50年以上にわたる謎の解明に近づいた。

500/1エレクトリック・ベースのメーカーであるへフナー社は、サー・ポールがこのベースとの再会を夢見ていたことを同社に伝えた後、今月初めに世界的な捜索を開始した。

ポールはこの楽器を1961年にハンブルグの店で30ポンドで購入し、ビートルズ時代を通して演奏していた。このベースが最後に目撃されたのは、1969年1月に行われた有名な屋上コンサートの直前、バンドのアップル・コープ本社であったと以前は考えられていた。

へフナーがテレグラフ紙を通じて情報提供を呼びかけたところ、最初の40時間で600通ものメールが届いた。

その中で際立っていたのが、ウイングスのサウンド・エンジニア、イアン・ホーンが書いたものだった。彼は、バンドの最後のライブ演奏から3年後、楽器の最後の所在を調査官に知らせることができた。

ホーン氏の報告によると、ベースは1972年10月10日午後10時過ぎ、ロンドン西部のノッティング・ヒルにあるラドブローク・グローブ地区から盗まれた。

彼の話では、1972年、ポール・マッカートニーはウイングスとの初めてのイギリスとヨーロッパ・ツアーの準備をしており、バンドはセカンド・アルバム『Red Rose Speedway』をレコーディングしていた。

「僕らはトラックを借りて、ギターやアンプなどの機材をロンドン中の様々なレコーディング・スタジオやリハーサル・スペースに運んでいた。

「ウィレスデン・グリーンのモーガン・スタジオ、ザ・モールのICA、フルハムのマンティコア・スタジオ、ノッティング・ヒルのアイランド・スタジオ、そしてセント・ジョンズ・ウッドのアビイ・ロードでリハーサルやレコーディングをするために、僕らはよくロンドンを横断していた。」

「ある夜、長い一日を終えて、トレヴァーが住んでいたノッティング・ヒルに着いた。
朝起きて、壊れた南京錠のついたバンが道路に転がっているのを見たとき、悪い知らせだと思った。
中を見てみると、ベースともう1本のギター、そして2台のヴォックスAC30アンプがなくなっていた。」

「ラドブローク・グローブとその周辺に住んでいる人たちの犯行だとすぐに思いました。近くに住んでいる1人か2人は、我々がポールのために働いていることを知っていたので、トラックの荷台にあった機材がマッカートニーのものである可能性を知っていたはずです。」

「一軒一軒回って、何か見なかったか、何か知らないかと聞いたんですが、誰も何も言わなかったんです」。

ホーン氏はその日の正午にノッティング・ヒル警察署に盗難届を出した。

その重みを背負うことになる
ポールは盗難のことを覚えていないかもしれないが、ホーン氏は昨日のことのように覚えている。

「ポールのオリジナルのへフナー・ベースが盗まれたことは知っていたし、それが彼にとってどんな意味を持っているかも知っていた。トレバーと私はそれを見つけるために全力を尽くしましたが、それはなくなっていました。結局、私たちはポールの家に行って、トラックの荷台から機材が盗まれたことを伝えなければならなかった。」

「彼は心配するなと言ってくれた。彼はいい人だよ、ポール。ベースがなくなってから6年間、彼の下で働いた。でも、ずっと罪悪感を背負ってきたんだ」。

ポール・マッカートニーのベース・ギターはバンから盗まれた

ホーン氏はその後、イアン・デューリーとマッドネスで30年以上仕事をした。

捜索チームには、へフナーの重役でベースの専門家であるニック・ワスと、調査員のスコットとナオミ・ジョーンズがいる。

ワス氏、曰く「イアン・ホーンのメッセージを見たとき、私たちは最初の大きな突破口を開いたと思いました。ベースがハイヤーのトラックから盗まれた時、私はウイングスと一緒に仕事をしていて、彼のサウンド・エンジニアでした。」

「イアンのような、当時その場にいて、今でもベースを取り戻すことに深い関心を寄せている人物から話を聞けたことは、捜査の非常に早い段階で私たちを祝福してくれました」。

アーカイブ調査を率いるナオミ・ジョーンズは、「イアンの証拠と、私たちが集めた他の情報を組み合わせて、私たちは現在、失われたバスと何らかの関係があると思われる、1972年にラドブローク・グローブ地区に住んでいた2つの家族に焦点を当てています。」

"我々は今、盗まれた後、そのベースに何が起こったのかに注目しています"。

失われたベースを探すきっかけは、ポール・マッカートニー自身でした。数年前にポールに会ったとき、彼はベースについて話し、それを見つけるのを手伝ってほしいと私に頼んだ。

「ここ数週間で、このプロジェクトに多くの情報が寄せられ、大きな反響を呼んでいる。

Sir Paul McCartney’s missing bass guitar was stolen from a van, sound engineer reveals

   
    

Comments 0

There are no comments yet.