fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

Wings の元バンドメイトのデニー・レインが急病、Gofundmeで募金活動中

管理人さん

管理人さん

Wings の元バンドメイトのデニー・レインが急病、Gofundmeで募金活動中

Wings の元バンドメイトのデニー・レインが急病、Gofundmeで募金活動中







ムーディー・ブルースとポール・マッカートニーのウイングスの元メンバー、デニー・レインが重病らしい。

彼の妻、エリザベスは100,000ドルを集めるためにGo Fund Meページを立ち上げた。

Denny Laine medical & physical rehabilitation

エリザベスの説明:
この2ヶ月間、彼は肺の病気で入退院を繰り返していました。現在も複数の検査、X線検査、スキャンを継続中で、直近では肺が潰れたため、肺が治るまで一時的に必要な胸部チューブを挿入する手術を3回受けました。最近、血液中の細菌感染症にかかり、まだ闘病中ですが、コントロール下にあるようです」。

デニー・レインは60年代にムーディー・ブルースで活動を始め、"Go Now "という大ヒット曲を出した。1972年、彼はポールとリンダ・マッカートニーのウイングスに加入。特に "Band on the Run "では、70年代を通してグループに欠かせない存在だった。大ヒット曲 "Mull of Kintyre "を含む数曲をマッカートニーと共作した。

デニーがなぜ印税から十分なお金を得ていないのか、あるいはメディケアに加入していないのかは不明だ。しかし、どうやら彼はそうではないらしい。レコーディング・アカデミーからMusiCaresが介入してくれることを期待したい。でも、よっぽどのことがない限り、GoFundMeのページを立ち上げる人はいない。

エリザベスはこう付け加えた:
「医師は、医学的に回復すれば、数週間の身体的・作業的リハビリが必要だと説明しています。デニーは医療保険に入っていません。病院はこの問題に関して私たちと協力してくれていますが、複数の検査や専門医のいるリハビリセンターはそうではありません。デニーに必要な医療と回復のための時間を確保するため、経済的な援助をお願いしたいのです。この間、彼が治療に専念することが重要です。私たちの目標は、10月29日の誕生日に間に合うようにジプシー・デニーを家に連れて帰ることです。彼はまたギターを弾けるようになりたいと思っている。

Paging Paul McCartney, Moody Blues: Former Bandmate Denny Laine In Medical Emergency, Raising Money on Gofundme



とても心配なニュースです。
回復される事を願いばかりですが、本文の記事で「印税」の事について触れられていますが、その事情について、Twitter「きゅうりのユキちゃん®🥒(公式)」で、リンクをして頂きましたので、その内容を掲載致します。



それは、デニー・レインがポール・マッカートニーに自分の曲をただ安く売るということよりも、少し複雑な話だ。
1970年代後半、ポール・マッカートニーとウイングスは特にアメリカで圧倒的な音楽力を誇り、大きなコンサートホールやアリーナで演奏していた。デニー・レインはこれらのコンサートから大金を稼ぎ、自分の曲(ソロやポールとの共作)が注目度の高いアルバムに収録されることで利益を得ていた。

1977年、リンダ・マッカートニーが息子ジェームスを妊娠。娘ステラの出産の際、リンダは出産中に死にかけたため、ポールは同じことを繰り返さないよう、ウイングスの活動を一部休止し、ツアーは中止したが、後に『ロンドン・タウン』としてリリースされたアルバム『ウォーター・ウイングス』をレコーディングした。このセッションは、ギタリストのジミー・マッカロクとドラマーのジョー・イングリッシュが共に辞め、ヴァージン諸島で豪華ヨットをチャーターする一方で、薬物摂取が前面に出た混沌としたものだった。

ウイングスがアルバムを完成させるためにイギリスに戻ると、デニー・レインは前年の収入に応じた所得税を支払うことになった。デニーは、この状態が数年間も続いたため、自分が所有していたものを税務署に支払う余裕がなかったのだ。

1979年、デニーは新しいウイングスのラインアップと11月のイギリス・ツアー、1980年の日本、アメリカ・ツアーに駆り出された。1980年1月、ウイングスは、デニーが税金を清算するのに十分なほど有利な一連のコンサートのために日本に飛んだ。デニーにとって不運だったのは、ポールが7.7オンスのマリファナを国内に持ち込んだとして逮捕され、7年の懲役刑に直面したことだった。結局、日本政府は圧力に屈し、9日後に彼を釈放した。これにより、近々予定されていたツアーが終了しただけでなく、ウイングスの解散が決定し、デニーは特にポールの愚かさについて声を荒げた。

デニーの税金はまだ未払いだったため、彼はポールに金を貸してくれるよう頼むしかなかった。しかし、これは無利子の融資ではなく、デニーはポールの弁護士と取引することになり、彼らは融資を担保にするよう要求してきた。デニーの唯一の選択肢は、金を返さなければすべてを失うことを承知の上で、保証人として自分の曲を差し出すことだった。

デニーはポールに10万ドルで "Mull "の曲の権利を売った。大金だったが、おそらくその価値よりずっと低かっただろう。

当初、このことでポールとリンダとのコラボレーションが終わることはなかったが、代わりにジョン・レノンが亡くなり、かつてのビートルズは打ちのめされた。ジョージ・ハリスンの曲 "All Those Years Ago "を手がけ、ポールとリンダとモントセラトのエア・スタジオに参加したにもかかわらず、デニーはローンの延長を得ることができず、最も収益性の高い曲 "Mull of Kintyre "を含むすべての曲を失った。

さらに悪いことに、デニーはポールとリンダの汚点を載せたいだけのサン紙に記事を売った。実際、彼が言った最悪の言葉は、スコットランドの彼の農場中に犬の糞が散乱しているということだった。その記事の事で、リンダが亡くなるまで彼は一切連絡を取らなかった。リンダの死によってウィングスの再結成はあり得ないと、ポールは後に語っている。
しかし、リンダが亡くなると、デニーから連絡があり、和解したようだ。

尚、80年後半から81年前半にかけて、デニーは“Tug of War”セッションに貢献しています。実際、デニーはそのアルバムの6曲に参加しています。しかし、彼の経済的な問題、十分な給料をもらっていないこと、ツアーをしていないこと、そして将来何が起こるかわからないことへの不満が、ポールに対する怒りを引き起こしました。そしてデニーは81年4月にウィングスを辞めると発表しました。ポールは82年にバンドの終了を公式に発表しました。



ユキちゃん、いつもご覧になって頂きありがとうございます。リンクの内容、とても参考になりました。
「夢の旅人」だけかと思っていたのですが、まさか、"Mull of Kintyre "を含むすべての曲とは…驚きました。
前年の税金対策を考慮しなかった為に困った事になるのは、日本の方でもおられます。気を付けましょう…
そして、デニー・レインさんに幸運を…

   

Comments 0

There are no comments yet.