fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

リック・スプリングフィールドは、サイン入りのビートルズ・レコード「ブッチャーカバー」を所有している

管理人さん

管理人さん

リック・スプリングフィールドは、サイン入りのビートルズ・レコード「ブッチャーカバー」を所有している

リック・スプリングフィールドは、サイン入りのビートルズ・レコード「ブッチャーカバー」





「それはニューヨークのジョンのアパートに飾られていた。」

2019年には、匿名の「アメリカ人コレクター」が、Julien's AuctionsのMusic Icons:The Beatlesイベントで、現存するビートルズのレコードの中で最も珍しいものの1つと思われるものを234,000ドルで購入したと報じられた。

問題のレコードは、Fab Fourの1966年の「Yesterday and Today」リリースの「ブッチャーカバー」バージョンで、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターが署名し、レノンがパーソナライズしたものだ。

リック・スプリングフィールドは、サイン入りのビートルズ・レコード「ブッチャーカバー」を所有している

そして今、私たちは匿名の買い手が誰なのかを突き止めたようだ-リック・スプリングフィールド(オーストラリア人/アメリカ人)-彼がYouTubeのAmoeba Recordsの「What's In My Bag?」シリーズで説明した。
[Beatlesの部分は7:05のマークから始まる]。



「私は実際にジョン・レノンのオリジナルのブッチャーカバーを持っています。彼がサインしたブッチャーカバーのプロトタイプです。それはプロトタイプだったので、それに裏はありませんでした。彼は裏に絵を描いて、デイブという男にサインして、私がそれを手に入れたんだ。私は無名のビートルズ・グッズのコレクターだよ。」

スプリングフィールドは次に、この特定の記録の歴史と、それが以前に誰のものであったかを詳しく説明した。

「ビートルズがサインしたのはこれだけ。ニューヨークのジョンのアパートに飾ってあったんだ。映画『ジョン・レノン&オノ・ヨーコ ABOVE US ONLY SKY』の中で、彼らがマンションのリビングルームにいるショットがあるんだけど、壁にジョンのジャケットが飾ってあるのが実際見えるんだよ。」

「デイヴは、ジョンがビートルズの後にレコーディングをしていたときにスタジオで会ったんだけど、デイヴはデッカ・テープのコピーを持っていた。当時は--インターネットが普及する前は--それを入手することはできなかった。ジョンは“なんてこった!デッカのオーディション音源だ!欲しい。何が欲しい?”と言うと、デイヴは“何をくれるの?”と答えた。

ジョンは“そうだな、『サージェント・ペッパー』の衣装か、ブッチャー・カヴァーの個人的なヴァージョンを持っているから、サインしてあげようか”って言ったので、デイヴは“それが欲しい”と言ったんだ。

それでジョンはスタッフに指示して自分のマンションからブッチャー・カヴァーを持ってこさせて、デイヴにサインして、その場で日付を記入した。

そして彼は話しながら、裏に犬を連れた子供の素晴らしい絵を描いたんだ。その後、デイヴはポールにサインしてもらい、リンゴにサインしてもらった。」

「そして、デイブは残念ながら離婚して、離婚でそれを失った…そして私はそれを手に入れた。」

Does Rick Springfield Own The Beatles Record Worth $234,000?



julien's auctions 2019 当時の掲載文

今日発表された非常に期待されているアイテムの1つは、ジョン・レノンが所有し署名したアルバム「Yesterday And Today」(1966年)である。これは、U.S. First State Butcherのアルバムのプロトタイプステレオの例であり、ビートルズの専門家によって世界で最も珍しいビートルズのレコードと考えられている。それはニューヨークのダコタの彼のアパートの壁に展示されていたが、彼がアシスタントにそれを降ろして、レコード工場に配達させ、そこで彼が青いインクで「To Dave from/John Lennon/Dec 7 th 71」と署名した。

所有者は、Beatlesファンで海賊版コレクターのDave Morrellだった。「The Butcher」は、Lennonが欲しがっていたMorrellのイエロー・マター・カスタードの海賊版テープとの交換で贈られたものだ。Lennonは、表紙の後ろの空白部分に、夕日の前で犬とシャベルを持った男を描いたオリジナルの作品を詰め込んだ。表紙には、Morrellが後で入手したリンゴ・スターとポール・マッカートニーのサインも含まれている。これは、3つのBeatlesのサインがある唯一のFirst State Butcherのアルバムと考えられており、160,000ドルから180,000ドルと推定されている。

ビートルズの専門家であるゲーリー・ハイン氏は、「希少性と価値の両面で、これに匹敵するビートルズのアルバムは世界にない」とし、「この重要な世界クラスのポップカルチャー作品は、ビートルズのコレクター、アート、ポップカルチャー、レコードのコレクターのコレクションに大きく貢献するだろう」と述べた。

夕日の前で犬とシャベルを持った男を描いたオリジナルの作品



落札後の記事

ビートルズ「ブッチャー」アルバム・カバー、リバプールのファブ・フォーの記念品販売で記録的な高値で落札

ジョン・レノンの直筆サイン入り "Butcher "ジャケット、1966年のアルバム『Yesterday and Today』の原型が、リバプールで開催されたオークションで、プレミアム込みで180,000ポンド(約234,400ドル)という記録的な高値で落札された。

物議を醸したこのデザインは、コレクター垂涎の人気アイテムとなった。アメリカとカナダで最初にリリースされたアルバム『Butcher』は、白いスモックに身を包んだファブ・フォーが、首切りされた赤ん坊の人形と生肉のかけらで覆われているジャケット写真から、このようにブランド化された。

ジュリアンによれば、これは「3人のビートルズ(ポール・マッカートニーとリンゴ・スターも)のサインが入った唯一のファースト・ステートの "ブッチャー "アルバムと思われる」もので、見積もりは160,000〜180,000ドルだった。

オリジナル・アルバムは論争後に回収され、写真はビートルズが古風な蒸気船トランクの周りに立っている別のカバーに差し替えられた。モノラルではなくステレオ・バージョンのように、差し替えられたジャケットが貼られていないコピー(『ファースト・ステート』)は、コレクターの間で高い需要がある。

このオークションは、ビートルズ専門の世界最大の常設展で開催され、ファブ・フォーの故郷で行われた、カリフォルニアの会社による初めてのオークションだった。

レノンのアパートに展示
このアルバムの価値を高めているのは、レノンが所有していたという事実だ。モレルが所有していた『イエロー・マター・カスタード』のオープンリール録音を手に入れるための交換条件として、ビートルズ・ファンのデイヴ・モレルにサインされ、譲渡されるまでは、ニューヨークのジョンのダコタのアパートの壁に飾られていたのだ。このアルバムのジャケット裏には、シャベルを持つ男とその隣にいる犬のレノンによるオリジナル・アートワークが描かれている。

この買い手は匿名を希望しているが、米国のコレクターで、このレコードは数年後に価値が上がると考え、投資として購入した。

ジュリアンズ・オークションのCEO/社長であるダレン・ジュリアンはこう語る: 「これはビートルズ・ブッチャーのカバーとしては世界記録です。これはレコード盤に支払われた価格の中で3番目に高く、市場はまだ発展途上なので、今後5年以内にこの同じレコードが50万ドルプラスになると予想しています。"

2015年、ジュリアンはリンゴ・スターのナンバー1アルバム『ホワイト』を790,000ドルで販売し、同年1月にはエルヴィス・プレスリーが初めてレコーディングした曲『マイ・ハピネス』のアセテート盤が300,000ドルの値をつけた。

Beatles 'Butcher' album cover sold for a record in Liverpool Fab Four memorabilia sale

       
   

Comments 0

There are no comments yet.